【35歳の転職は厳しい?】30後半で年収を上げることに成功した転職体験談

35歳からの転職
マツロー
突然ですが転職業界における“35歳転職限界説”という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は転職業界で広く使われている言葉で、「転職を希望する人の年齢が35歳を過ぎると著しく転職成功率が低くなる」という転職業界では昔から広く知れ渡っている言葉です。

一般的に中途採用については以下のような定説があります。

  • 企業は「ある程度の社会人経験があり、新しい会社でキャリア形成が構築しやすい30代前半までの人」を募集している
  • 35歳を過ぎていると新しい会社でのキャリア構築が難しいため企業は避けがちである
  • 35歳以降の中途採用は、元々いる社員との賃金バランスが取りにくいため敬遠されがちである

今回は「本当に35歳を過ぎると転職するのは厳しいのか?」という問題について、「30代半ばの転職で年収アップに成功」した私の転職経験を交えて説明していこうと思います。

この記事を読んで得られること
・巷に流れる“35歳転職限界説”は本当なのか?

・実際に35歳で転職活動してみて感じた「35歳限界説」の“ウソとホント”について

30代半ばでも転職で年収をアップさせるからくりについて

  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

35歳からの転職は厳しい?私は35歳からの転職で年収UPしました!

成功体験

私は大学卒業後に「公務員」「派遣社員」「一部上場企業」「大手メーカー」「大手メーカーのグループ企業」に転職した経験がありますが、派遣社員以降の転職では、転職するたびに基本給や年収はすべて上がっています

そして「大手メーカーのグループ企業」に転職したのがちょうど35歳になる年齢のタイミングでした。

“35歳の転職”を実際に身をもって経験してみましたが、そのとき感じたことについてこれから述べていきます。

書類選考の通過率は正直以前より鈍くなった

落ち込む人

これまで私は4回転職していますが、正直な話をすると35歳での転職では“書類選考の通過率”が以前に比べると悪くなったように感じました。

実際に転職活動で感じたことを述べます。

  • 30歳くらいまでの転職では、違う業種や職種でも「募集求人内容と自分の経歴に少しでもマッチする部分がある」と意外と書類選考を通過出来ていた
  • 35歳での転職は、「募集している求人」と「自分の持っている経歴・スキル」が少しかすった程度ではなかなかな書類選考に通過するのは難しくなった

書類選考で不採用になった理由は「社内の人員構成にマッチしない」とか「キャリアに一貫性がないから」というのが主な理由でした。

30歳ちょっと過ぎたくらいまでなら、募集求人と志望者の経歴に少々のズレがあっても、まだ志望者の“今後の伸びしろ”に期待して採用される可能性はあるようですが、35歳を過ぎてくると“今後の伸びしろ”というのは求められておらず、いかに即戦力として会社に貢献出来るのかという目線が重要視されていると肌で感じましたね。

35歳以上転職のリアル1
30歳過ぎまでなら“今後の伸びしろ”を期待して採用される可能性があるが、35歳を過ぎると伸びしろよりも志望者が“即戦力として会社に貢献できるのか”がより重要になってくる

自分の経歴とマッチする求人であれば大きな評価を受けることも可能である

希望の光

「35歳での転職活動」で書類選考の通過率は鈍くなってきましたが“自分の経歴が活かせる求人”に関しては、これまでの実績を高く評価してもらえることも出来ました。

実際に私が書類選考を通過した企業は以下で、

  • 1社目が「一部上場の部品メーカー」
  • 2社目が「大手製造メーカーのグループ企業」
  • 3社目が「大手自動車メーカーのグループ企業」

なお選考結果は次の通りです。

  • 1社目:内定、年収やや下がる
  • 2社目:内定、年収UP(基本給は20%UP)
  • 3社目:1,2社目の内定の伴い辞退

1,2社目ともこれまでの私の実績を高く評価していただき、特に2社目は基本給20%UPという好条件を提示してもらい、結果的に2社目に転職しました。

私のように、35歳からの転職では「これまでの経歴とミスマッチな求人」は書類選考の段階で落とされましたが、「自分の経歴が活かせる求人」はこれまでの実績やスキルを評価してもらい、好条件で内定をもらうことが出来ました。

ちなみに正直な話をすると私は狭い分野の知識しか持っておらず、広い知識や経験を持っている優秀なオールラウンダーではありません

では「なぜ転職で上手く行ったのか?」というと、自分の持っている狭い分野の知識が大手企業にとっては魅力的に見えたからです。

転職志望者の「狭い分野の深い知識」が、大手企業からはとても魅力的に映る理由

価値のある人材

私は技術職なので技術職の目線になりますが、大手企業の仕事の進め方は「基本設計」を決めた後に「詳細設計」を決めていき仕事を進めます。

「基本設計」については大手企業の中で決めますが、「詳細設計」に関しては外部メーカーや下請企業と契約して、外注業者に詳細設計をしてもらうことで仕事を進めていきます。

どういうことかというと、

  • 大企業で働いていると「広い分野で浅い知識」が身に付きやすい
  • 専門の外部メーカーや下請け企業では「狭い分野で深い知識」が身に付きやすい
  • 特定の狭い分野に絞った場合は大手企業の社員よりも、下請企業や外部メーカーの社員の方が圧倒的に知識・経験面で優れている

という事が言えます。

つまり私自身は以前働いていた職場で「狭い分野の深い知識」を蓄積させていたため、大手企業からするとその専門的な実績が大きな魅力となり内定をいただくことに繋がったということですね。

35歳以上転職のリアル2
35歳過ぎると、未経験の業界やあまり自分の実績が活かせない求人だと書類選考を通過するのが難しくなってくる。

ただしこれまで築いた「狭い分野の深い知識」が大手企業から見ると魅力的に見えるため、年収アップの転職を成功させることも十分可能である

実際に35歳以上での転職者数は年々増加している

転職希望者

ここで各年代ごとの転職者数の推移を見てみたいと思います。このデータは厚生労働省の「雇用動向調査」によって作成されたグラフになっています。


引用元:厚生労働省「雇用を取り巻く環境と諸課題について」

グラフをみてお分かりの通り、2000年以降の各年代の転職者の推移は以下の特徴が出ています。

グラフから見えること

  • 34歳以下が転職者数が一番多いが、2000年と比べてもそこまで人数は変化していない
  • 35歳~44歳の転職者数は右肩上がりで上昇しており、2000年と比べると50%以上も増加している
  • 45歳以降の転職者数も右肩上がりで増加している

35歳以上の転職者は2000年以降右肩上がりで増加していて、35歳~44歳の転職者数に関しては50%以上増加しています。

全転職者数に対する「35歳以上の転職者」の割合も、2000年が40%だったのに対して2016年は55%にまで上昇しています。
つまり現在の転職者は半分以上が35歳以上という計算になります。

このデータが示す通り、もはや転職業界における「35歳限界説」といのは遠い昔の神話になってしまったのではないでしょうか。

優良企業への転職は転職サイトまたは転職エージェントがオススメ

ポイント

近年の日本経済の好景気の影響もあって、ここ数年の転職市況は非常に好調といえるでしょう。大手企業や優良企業の求人を探すのは大手の転職サイトまたは転職エージェントがオススメです。

今回は実際に私がこれまでの4度の転職の際に何度も使用した転職サイトの有効な利用方法について紹介します。

転職サイトの賢い利用方法について紹介

転職サイトとは自分の職務経歴などを登録しておくことで、企業から求人のスカウトメールが来たり自分で気になる求人を探すことができるサービスです。

転職サイトの長所は以下があります。

  • 無料で利用出来て、利用期限に終わりがない
  • 登録した後に業者から電話がかかってくるようなこともない
  • 興味の無い求人が来た場合はそのまま無視してやり過ごすことも可能

私がオススメする転職サイトの使い方は「とりあえず登録しておいて、理想の求人が出てくるのを水面下で待つ」という方法です。

これまで4度転職をして分かりましたが、転職活動で成功するためのポイントは「長期スパンで転職活動を行うこと」です。

例えば理想的な企業の求人があったとして、短期間の転職活動だと活動期間中にその理想の求人と巡り合う可能性はごくわずかですが、長期間で転職していた場合は理想の求人と巡り合う可能性は高まりますし、場合によっては「他のより魅力的な求人」と巡り合う可能性も出てきます。

ですので転職市況が好調な現在のうちにとりあえず登録だけしておいて、自分の理想とする企業の求人が出てくるのを待つという方法が最も転職に成功しやすいやり方と言えるでしょう。

最後に

目標達成!

今回は転職業界における「35歳限界説」について考察してきました。

転職活動をするというのは非常に勇気のいることですが、より大きな成功を得るためには少しの勇気と行動力が必要です。

私も元々公務員を辞めたときは人生詰んだと思いましたが、勇気を持って転職活動したことで公務員時代よりもはるかに良い会社に転職を成功させることが出来ました。

マツロー
今となってはあのときほんの少しの勇気を持って行動しておいて本当によかったと昔の自分を褒めてあげたいです。

現在の社会では「35歳限界説」も薄れてきていますので、皆様もしっかりと水面下で転職活動をされて、目の前にチャンスが転がってきたときには逃さず掴んでいただきたいと思います。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

大手のメリット

【体験談】「大手のメリット7選」を大手企業に転職した元派遣が解説!

2019年11月3日
派遣社員の悩み

【派遣社員の実態とデメリット6選】大手に転職した元派遣が体験談を解説!

2019年11月3日

【体験談】福利厚生の厚い会社は?大手と中小企業の違いを解説!

2019年2月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です