転職

転職でとりあえず応募するメリットとデメリットは?転職4回の私がコツを解説します

 

 

マツロー
・転職ではとりあえず応募したほうがいいの?

・とりあえず応募するメリットとデメリットは?

 

こんな悩みを解決します。

 

転職活動していると、とりあえず応募したほうがいいのかと考えることがありますよね。

 

特に初めての転職だったり、転職活動に慣れていない人はどういった基準で応募すればいいのか分からない人も多いと思います

 

私もこれまでに4回転職を経験していますが、初めの頃はとりあえず応募した方がいいのか悩んだことがあります。

 

この記事では

 

  • 転職でとりあえず応募するメリットとデメリット
  • 転職ではとりあえず応募しておくべきか
  • 【体験談】理想の求人を見つける方法

 

について解説します。

 

とりあえず応募しようか悩んでいる人はぜひ参考にしてください!

 

 

☑マツローの経歴

 

 

転職でとりあえず応募する3つのメリット

 

転職でとりあえず応募する3つのメリット

 

まずは転職でとりあえず応募する3つのメリットについて解説します。

 

内定の可能性が高まる

 

1つめのメリットは内定の可能性が高まることです。

 

応募する数が多ければ当然内定を獲得する可能性も上がりますよね

 

とりあえず応募してみていい企業から内定が取れたら幸運ですし、仮に興味のない企業からの内定であれば辞退することもできます。

 

特にとりあえずどこでもいいから保険として内定を取りたいという人であれば大きなメリットとなります。

 

面接してみてその会社の魅力に気づくこともある

 

2つめのメリットは面接してみてその会社の魅力に気づくことがあることです。

 

求人票をみただけではそこまで興味がなかった会社でも、実際に面接で社員の人と話すことで

 

  • 今まで知らなかった企業の魅力を知ることができた
  • 仕事内容が自分が想像していたよりも面白い内容だった
  • 会社の雰囲気が面接前のイメージよりも全然よかった

 

などポジティブサプライズが起こることも十分あり得ます。

 

特に「社内の雰囲気や一緒に仕事をする社員がどんな人なのか」などは会ってみないと分からないことが多いですよね。

 

マツロー
実際に私もかつて応募した会社で、当初はそこまで興味がなかったけど、面接してみたら仕事内容や社員の方の雰囲気や待遇もいい会社から内定をいただき実際に転職した経験があります。

 

よって面接することでそれまで知らなかった会社の魅力を知れることもメリットとなります。

 

面接に慣れることができる

 

3つめのメリットは面接に慣れることができることです。

 

とりあえず応募して面接に進むことができれば、転職面接という貴重な経験をすることができます

 

マツロー
仮に内定につながらなかった場合でも、面接の雰囲気やどんな質問をされるのかなどを経験しておけば、次の面接に活かすことができますよね。

 

貴重な面接の経験値を得られるという点でも、とりあえず応募することに大きな意味があります。

 

転職でとりあえず応募する3つのデメリット

 

転職でとりあえず応募する3つのデメリット

 

ここでは逆にとりあえず応募することのデメリットを解説します。

 

メリットがある反面、どんなデメリットがあるのかもしっかり把握しておきましょう。

 

たくさん応募し過ぎると日程調整が大変

 

1つめのデメリットはたくさん応募し過ぎると日程調整が大変になることです。

 

仕事をしながら転職している人にとって、転職面接の日程調整はとても大変なことです。

 

マツロー
面接のために短期間に何日も有休を取るのは現実的ではないですよね…

 

とりあえず応募したはいいが、幸いにも多くの求人が面接に進んでしまった場合は日程調整がとても難しくなります

 

仮にたくさん選考が進んでしまった場合に、日程調整が大変になるのはデメリットといえます。

 

興味が無い会社であれば時間が無駄になる

 

2つめのデメリットはそもそも興味の無い会社であれば時間の無駄になることです。

 

マツロー
とりあえず応募してみて面接に進んだけども、あまり興味のない会社であれば面接を受けることで時間と交通費の無駄になってしまいますよね。

 

ほとんど興味のない会社に応募しても時間とお金の無駄になる可能性がある点はデメリットといえます。

 

企業研究などに時間を使う

 

3つめのデメリットは企業研究などに時間を使うことです。

 

とりあえず応募して書類選考を通過したら面接を受けることになりますが、面接を受けるにあたり少なからず企業研究の準備に時間を使います。

 

本命企業であれば苦になりませんが、あまり優先度の高くない企業の場合は企業研究に費やす時間がもったいなく感じることもあります。

 

特に普段働いていて忙しい人にとっては企業研究する時間が大きな負担になり兼ねません。

 

企業研究に時間を使う点もデメリットといえます。

 

転職の平均応募数の目安は8.4社

 

転職の平均応募数の目安は8.4社

 

これまでとりあえず応募することのメリットとデメリットを解説しましたが、内定を獲得するまでの平均的な応募数は8.4社となっています。

 

まだ平均応募数に満たない場合はとりあえず興味のある会社に応募するのも有効ですが、すでに10社以上応募している場合はそれ以上応募しても日程調整などの管理が大変になるので、応募中企業の合否がはっきりするまでは応募を抑えた方が効率よく転職できるでしょう

 

とりあえず応募も大切だが希望求人の条件は明確にしておく

 

とりあえず応募も大切だが希望求人の条件は明確にしておく

 

転職するにあたり、求人にとりあえず応募することは意外なメリットもあり有効な手段です

 

マツロー
しかしどんな会社でもいいからとりあえず応募するのは効率が悪くあまり意味がないためオススメしません。

 

転職を効率よく進めるためにも、最低以下の条件は絞る様にしておきましょう。

 

ココがポイント

  • 自分が働きたい業種や職種を絞っておく
  • 明らかなブラック企業は避ける

 

転職に成功したのかは、転職することであなたのキャリアをレベルアップすることが出来るかで判断すべきです。

 

マツロー
自分の興味のない業種や職種であったり、明らかなブラック企業に転職してしまうと、転職してもあなたのキャリアをレベルアップさせることは難しいですよね。

 

転職に失敗しないためにも上記のような条件は明確にしておくようにしましょう。

 

なおあらかじめブラック企業かどうかを見極めるには会社評判サイトが有効です

 

マツロー
会社評判サイトには従業員が匿名で会社の内部情報を口コミとして投稿してあるので、気になる会社がブラック企業かどうか事前に確認しておきましょう。

 

>>【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

 

理想の求人を見つける方法

 

理想の求人を見つける方法

 

ここでは理想の求人を見つける方法について解説します。

 

転職サイトに登録する

 

転職サイトとは、サイトにあなたの履歴書や職務経歴を登録しておくことで企業からスカウトがきたり、自分で求人を探すことができるサービスです

 

登録する際に担当者とやり取りすることはなく、基本的に自分のペースでマイペースに活動することができます。

 

マツロー
特に大手の転職サイトであればホワイト企業や有名企業などの求人も多数取り扱っているので、どんな求人があるのか気軽に調べることができますね。

 

すぐに転職するつもりはないけど、自分にどんな求人があるのか知りたい人はまずは登録しておいて損はありません。

 

>>リクナビNEXT公式サイトへ

 

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントとは登録することで専門のアドバイザーより以下のようなサービスを受けることができます。

 

ココがポイント

  • 転職サイトにはない非公開求人を紹介してもらえる
  • 職務経歴書の添削や面接の練習
  • 求人に応募するときにあなたの推薦状を送付してもらえる
  • 面接の日程調整や年収交渉を代理でしてもらえる

 

悩める人
・とりあえず応募したいけどどの求人がよいかよく分からない

・転職に慣れていないので進め方がよく分からない

 

自分一人で転職活動するのは分からないこともあり難しいですよね。

 

そんな人はリクルートエージェントに相談してみましょう

 

なぜならリクルートエージェントは業界No.1の転職エージェントで求人数や求人の質、担当者のサポートなどが他社よりも充実しているからです。

 

下の図は私の転職回数と年収の推移ですが、

 

転職回数と年収の推移

 

リクルートエージェントをメインで使用することで以下を実現しました。

 

ココがポイント

  • 2回目以降の転職では年収が右肩上がり
  • 年収は最大で550万円以上アップ
  • ブラック企業からホワイト企業へ転職成功

 

まだ転職する気がなくても気軽に相談できるので、まずはリクルートエージェントに登録して話を聞いてもらいましょう

 

>>リクルートエージェント公式サイトへ

 

転職するときはとりあえず応募しておくべきか:まとめ

 

転職するときはとりあえず応募しておくべきか:まとめ

 

この記事では転職するときにとりあえず応募しておくべきなのかについて解説しました。

 

最後にポイントをおさらいします。

 

ココがポイント

  • とりあえず応募するメリット1:内定の可能性が高まる
  • とりあえず応募するメリット2:面接してみてその会社の魅力に気づくこともある
  • とりあえず応募するメリット3:面接に慣れることができる
  • とりあえず応募するデメリット1:日程調整が大変になる
  • とりあえず応募するデメリット2:興味がない会社なら時間の無駄になる
  • とりあえず応募するデメリット3:企業研究などに時間を使う
  • 転職の平均的な応募数は8.4社
  • とりあえず応募するのも大切だが、希望求人の条件だけは明確にしておく
  • 転職サイトや転職エージェントを利用して求人を下がる
  • まずはリクルートエージェントに相談してみる

 

とりあえず応募してみることは、面接の経験値が上がったり、思わぬ優良企業が見つかったりと大きなメリットがあります。

 

一方で希望条件を決めずになんでも応募してしまうと時間とお金を無駄にすることにつながります。

 

最低限自分が将来どんな仕事でキャリアアップしていくのか条件を明確にして、気になる求人があればどんどん応募しましょう。

 

そうすることで理想の求人に巡り合うことができるはずです。

 

※私が転職で年収を500万円以上アップすることに成功したのはリクルートエージェントを利用したからです。

求人の質・量とも他社よりかなり充実しているのでまずはリクルートエージェントに相談してみましょう。

\ 5分で登録完了 /

※リクルートエージェント公式サイトへ

※業界No.1転職エージェント

 

 

仕事で悩んでいる人にとっておきのアドバイス

 

  • 今の会社に不満がある…
  • このまま今の会社で働いていいの?

 

職場の人間関係や環境に不満を持っている人は多いですよね。

 

私もかつてブラック企業で働いていたときは、過酷な環境で心身を病んでいました…

 

現状に不満がある人はまずはリクルートエージェントに相談してみましょう

 

実際に転職するかは別にして、担当者と面談することで

 

  • 今本当に転職すべきなのか
  • あなたにオススメの求人はどんな求人があるのか

 

などキャリアプランを明確にすることができます。

 

実際に私はリクルートエージェントにキャリア相談した結果、転職に成功し年収を500万円以上アップすることができましたよ!

 

少しでも会社に違和感を感じている人はまずは気軽に相談してみましょう。

 

>>リクルートエージェントに無料相談してみる

 

 

-転職

© 2021 転職ドライブ Powered by AFFINGER5