昼休みにひとりになりたい理由とは?職場での振る舞い方を紹介

マツロー
職場で昼休みのときくらいは、ひとりになりたい…

このような悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

仕事中は同僚と接していたり、多くの同僚と机を並べて仕事をしていたりと、会社に居る時間はひとりになれないケースが一般的です。

そこで、昼休みにひとりになりたいと考える人の特徴昼休みにひとりになりたい場合の対処法を紹介します。

周囲の人と円満な関係を築きながら、昼休みにひとりになれる方法をチェックして実践しましょう。

※この記事を読むことで分かること

  • 昼休みに一人になりたいと考える理由
  • 昼休みに一人になりたいときの対処法
  • 一人になりたいと考えるのは会社に問題がある?
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

昼休みにひとりになりたいと考える主な理由

一人で外出

まずは昼休みにひとりになりたいと考える理由を紹介します。

理由を明確にすることで、適切な対処方法を判断できるでしょう。

  1. 仕事や家事で疲れている
  2. 人間関係が原因
  3. 気を使ってしまう

仕事や家事で疲れている

昼休みにひとりになりたい理由の多くは、仕事や家事が原因で疲れが溜まっていることが挙げられます。

毎日仕事や家事に追われていると、自覚をしていなくても疲れが蓄積していることが多いです。

特に、自分が努力をしていても周囲の人が認めてくれない場合、心身ともに疲れが溜まります。

「ストレスから逃げたい」という理由で、昼休みにひとりになりたいと考えることもあります。

人間関係が原因

仕事や家庭、友人関係など、人間関係に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

嫌いな先輩や上司、同僚が居る、仲の良い同僚とケンカをした場合には、昼休みにひとりになりたいと考える事があります。

気を使ってしまう

会社の上司と一緒に昼休みを過ごす場合、気を使うため疲れるという理由でひとりになりたいと考える人が多いです。

例え家族や恋人であっても、自分以外の人間には気を使うものであり、特に職場の上司となれば一層気を使うでしょう。

ひとりで過ごせば人に気を使う必要はないため、昼休みにひとりになりたいと感じる原因になります。

昼休みにひとりになりたい時の対応方法

上司と食事

昼休みにひとりになりたいと思っていても、人間関係を壊したくないという理由で断れない人も多いでしょう。

昼休みにひとりになりたいと感じる人が、ひとりで過ごすための方法を紹介します。

昼休みにひとりになりたい理由を伝える

昼休みにひとりになりたいのであれば、ひとりになりたい理由を周囲に伝えましょう

食事をしたらすぐに本を読みたい、疲れたから1人で過ごしたい、考えたいことがあるなど、笑顔で伝えることが大切です。

笑顔で、理由をしっかり伝えることで誤解されたり周囲に気を使わせたりすることは避けられます。

何も伝えずに席から離れたり、距離をとったりすると「何かあったのではないか」「どこに行ったの?」など、周囲が気を使い、人間関係がぎくしゃくする可能性があります。

そのため、昼休みにひとりになりたいを伝える必要があります。

同僚と一緒に過ごす日も作ろう

毎日必ずひとりになるのではなく、週に数回は同僚と一緒に昼休みを過ごしましょう

雑談をして、仕事以外の時間を共有することでリフレッシュにもつながります。

仕事をするなかでは気付けなかった、同僚の長所に気付けるかもしれません。

趣味が合うことを知り、より仲良くなれる可能性もあります。

昼休みに仕事をする

昼休みにひとりになりたいと思うことはあっても、常にひとりで過ごしたいわけではない、コミュニケーションスキルが低いわけではないという場合、仕事を頑張ることがポイントです。

仕事に打ち込んでいれば、人としての信用を失うことはありません

会社員として信用されていれば、昼休みにひとりで過ごすことも含めて「この人の仕事の仕方である、職場での過ごし方である」として認識されます。

そのため、昼休みにひとりになりたいときにはひとりで過ごせるうえに、同僚と過ごしたいときにも自然と輪に入れるでしょう。

昼休みにひとりになりたいのは会社に原因がある?

オフィス
  • 昼休みにひとりになりたいと思っても言い出せない
  • 相談できる人が周りに居ない
  • 必ず決まったメンバーで過ごさなければならない

このような場合は、会社の体制に問題があるのかもしれません

現在勤務している会社で環境に問題があり、解決する方法もなく大きなストレスになっている場合は、異なる会社へ転職をする方法が有効です。

相談できる相手が居ない等、会社の体制に問題がある場合は昼休みの過ごし方以外でも悩みを持つ可能性が非常に高いため、大きな問題が起こる前に転職を検討しましょう。

理想の職場に転職するには転職エージェントを有効活用しよう

交渉

過度のストレスから脱却するためにも、転職の際は転職エージェントを活用しましょう

なぜなら自分一人で転職しようとしても、「希望に合う求人」や「企業の内部の情報」を見つけるのに限界があります

一方、転職エージェントを利用すれば以下のようなサービスが無料で受けられます。

  • 自分のスキルや経歴、希望条件にマッチした優良求人を紹介してもらえる
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 企業との年収交渉を代理でやってもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる
  • 転職で不安な点は何でも相談に乗ってもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、活用しないのは非常にもったいないですね。

私も4度の転職で転職エージェントを利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私がこれまで4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用して理想の職場に転職しましょう

転職する時には円満退職をしよう

挑戦

なお転職する際には、引き継ぎをしっかり行い適切なタイミングで退職することが大切です。

引き継ぎをしなかったり、繁忙期に突然退職したりすると、他の社員に迷惑がかかり「自分勝手な人だった」と評価されます。

「退職するのだから何を言われても良い」と考える人も多いですが、転職してからも取引先等を経由して前職の人と繋がる可能性もありえます。

転職してからも気まずい思いをしなくていいよう、引継ぎなどはしっかりと責任もって行うようにしましょう。

今回は会社の昼休みにひとりになりたい人へ対処法を紹介しました。

どうしても一人にさせてもらえずに過度なストレスを抱えている場合は、もっと環境の良い職場への転職も検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です