転職活動をしているのに次が決まらない!3つの原因とたった1つの解決策

マツロー
転職活動を始めて数ヶ月経つけど、なかなか転職先が決まらない…

こんな悩みを解決します。

転職活動をしていて次の職場がなかなか決まらないと、精神的に辛い毎日を送ることになりますよね。

一般的に転職活動期間は「3ヶ月〜半年」程度が多いといわれています。

今回は、転職で次が決まらずに悩んでいる人の3つの原因と、たった1つの解決策を解説します。

これを読めば、自分に足りていないものは何かを見極められるため、ぜひ最後まで読んでください。

※この記事を読むことで分かること

  • 一般的な転職期間は3ヶ月~半年が多い
  • 転職先がなかなか決まらない人の3つの原因
  • スムーズに転職先を決めるには、転職エージェントを上手く活用する!
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「警察官」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

転職活動の一般的な期間は「3ヶ月〜半年」が多い

転職の悩み

冒頭でも述べたとおり、転職活動をしていて「すぐに転職先が決まらない」と、経済的な理由や漠然とした不安から精神が追い込まれてしまう人が多いです。

マツロー
なかなか転職先が決まらないけど、みんなはどれくらいで転職できているの?

以下はエンジャパンが実施した「35歳以上の554人に対して、実際にかかった転職活動期間」のアンケート結果です。

  • 1ヶ月半程度…19%
  • 3ヶ月程度…30%
  • 半年程度…28%
  • 1年程度…14%
  • 2年程度…3%
  • 2年以上…5%

この結果から、一般的な転職活動の期間は「3ヶ月〜半年」程度となっており、多くの人が長い期間をかけて転職をしています。

あなたが「次が決まらないのは自分だけだ」と不安に思うことも当然ですが、他の人も同じだということを知っておきましょう。

在職中に転職活動を始める場合には、それなりの期間が必要

会社を退職後に転職活動を始めた場合、転職活動に多くの時間を使えます。

しかし現職で働きながら転職活動する場合は、「平日の遅い時間や休日」を使うことになります。

時間に制限があるなかで「履歴書を書いたり、面接を受けに行ったり」しなければならないため、働きながら転職活動すれば多くの時間が必要です

その人の状況によって転職活動の期間は異なるため、人と比べないように注意しましょう。

転職活動をしているけど次が決まらない人の3つの原因

ストレス

転職活動を一生懸命しているのに次が決まらない人に考えられる、3つの原因をそれぞれ解説します。

転職準備が不足している

まず考えられるのは、転職準備が不足していることです。

例えば・・・

  • 自己分析、企業分析が足りていない
  • 自分の市場価値を理解していない
  • 転職理由をポジティブに話せない…など

こうした準備が不足していると、面接でしどろもどろになったり、的を射た回答ができなかったりして不採用となる可能性が高いでしょう。

応募する求人が自分に合っていない、または応募数が不足している

応募している求人が自分に合っていないことも考えられます。

自分がやりたい仕事でなければ熱意は伝わらず、面接官に「この人と一緒に働いてみたい」と感じてもらえません。

また、圧倒的に応募数が少ない場合も、採用される確率は当然ながら低くなります。

1社応募してダメだったからといって、あなたが社会から否定されているわけではありません

10社以上応募してやっと内定をもらえる人も多いのです。

マツロー
必要以上に応募しまくることはありませんが、ある程度の数を応募することを意識しておきましょう!

書類選考・試験・面接の対策ができていない

転職活動では、書類選考や試験・面接などの対策が必要です。

例えば、志望動機や自己PRが上手く書けておらず、面接官に入社したい思いを伝えられていないことが挙げられます。

また面接の練習が不足していれば、本番で上手く答えられないでしょう。

転職活動の対策は、インターネット上に多くの情報が出回っています。

それらの情報を駆使して個人で頑張るのも良いですが、

マツロー
少しでも不安がある人は転職のプロである「転職エージェント」を活用しましょう!

転職活動で次が決まらない人は【転職エージェント】を活用する

不安の解消

前述のとおり、転職活動に悩みがある人は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントを活用するメリット

マツロー
なぜ転職エージェントを活用するといいの?

こんな疑問をお持ちの方に、転職エージェントを活用するメリットをご紹介します。

転職エージェントを利用すると専門の担当者(キャリアアドバイザー)が、

  • 自分に合った求人を紹介してくれる
  • 転職に関するすべての相談に乗ってくれる
  • 書類や面接の対策をおこなってくれる
  • 面接日の調整をおこなってくれる
  • 給与アップの交渉をおこなってくれる場合もある

こうした「転職の心強い味方」が無料で利用できるため、次が決まらなくて悩んでいるのなら登録してみるのも1つの手段です。

転職エージェントは2〜3社登録しよう

転職エージェントに登録するときは、1社だけではなく2〜3社など複数登録することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントによって所有している求人が異なることも多いからです。

たくさんの求人に出会えれば、自分に合った求人に出会える可能性もグッと高まります。

またキャリアアドバイザー(以下:CA)も人間ですから、残念ながら自分と相性の良い人と悪い人がいます。

気の合うCAに出会えれば、あなたの悩みに親身に寄り添い、明るい未来のためにアドバイスをしてくれるでしょう。

しかし相性の悪いCAにあたってしまえば、自分のペースを乱されてしまうことになります。

マツロー
担当者(CA)との相性もあるため、リスク管理のために複数のエージェントに登録した方が転職がうまくいく可能性が高まりますね!

⇒転職4回で内定10社以上GETのマツローが選ぶオススメ転職エージェントはこちら

ただし頼りっきりはNG!自分で考えて行動することが大切

チャレンジ

先ほど転職エージェントのメリットを解説しましたが、転職エージェントに頼りっきりで自分で考えなくなってしまうのはNGです。

CAは転職活動についてアドバイスをしてくれますが、あくまでも転職するのはあなたです。

CAに言われるがまま行動しているだけでは、相性の悪い担当者だった場合、あなたにとって「良い転職」にはなりません。

CAのなかには、自分たちの利益だけを考えてアドバイスをしてくる人もいます。

それに踊らされて自分に合わない企業へ入社してしまえば、また悩み転職することになるかもしれないのです。

マツロー
しっかりと自分で求人を見極めて、転職エージェントを上手く活用することを意識しよう!

まとめ

転職の仕方

今回は、転職活動を一生懸命しているのに次が決まらなくて悩んでいる人へ、その原因と解決策をご紹介しました。

現在転職エージェントを活用しているのに次が決まらないという人は、複数社登録してみましょう。

また転職エージェントによっても得意な分野が異なります。

それぞれの転職エージェントの特徴をよく調べ、自分に合ったエージェント選びも大切です。

転職エージェントは登録も解約も無料のため、自分に合ったエージェントをいくつか見つけて登録してみましょう。

⇒転職4回で内定10社以上GETのマツローが選ぶオススメ転職エージェントはこちら

※オススメの関連記事

低学歴でも転職には関係ない!転職を成功させる3つのポイント

2020年6月20日

【失敗しない転職の方法】ハローワークはブラック企業の求人しかない?

2020年6月18日

転職の最終面接に落ちたからとショックを受ける必要なし!最終面接に落ちる理由と対策まとめ

2020年5月31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です