低学歴でも転職には関係ない!転職を成功させる3つのポイント

マツロー
自分は低学歴だからきっと転職できないんだ…

こんな悩みを解消します。

日本はまだまだ学歴社会と呼ばれており、特に新卒では応募の時点で学歴フィルターをかけられて、学歴によっては応募すらできないことがよくあります。

しかし学歴は現職に関係ありません。この記事では低学歴でも転職を成功させる3つのポイントを解説します。

このポイントを押さえておくことで、確実に自分にとって良い転職ができるためぜひ参考にしてください。

※この記事を読むことで分かること

  • 転職する際に学歴フィルターは存在する?
  • 少しずつキャリアアップしていくことが大切
  • 低学歴でも転職を成功させる3つのポイント
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

低学歴の人が転職するときにかかる「学歴フィルター」は存在する?

書類選考

「就活ならわかるけど、転職するときには学歴は関係ないでしょ!」と思っている人も多いですが、実際に中途採用の求人でも「応募資格:大卒以上」などと書かれていることは珍しくはありません。

これがまさに「学歴フィルター」です。

冒頭でも述べたとおり、社会人として数年間の経験を積んでいるにもかかわらず、大学を出ていないためにその企業には応募すらできません

しかし新卒入社で学歴フィルターをかけていた優良企業が、中途採用では学歴フィルターを緩くすることも多いのです。

転職の際には「高卒以上」などに応募資格が変わっており、低学歴でも優良企業に転職できることもあります。

学歴フィルター

【大手企業転職体験談】転職に学歴フィルターは存在するか解説【元派遣社員】

2020年1月22日

低学歴でも少しずつキャリアアップを望める

キャリアアップ

「どうせ低学歴だから、働いてもたかが知れている給料だよね」などと気を落としている人もいるかもしれません。

もちろん、いきなり「年収1000万円」になることは難しいでしょう。

しかしこれは低学歴の人だけではなく、どんな人にとっても難しいことです

そこで少しずつキャリアアップを実行していくことをおすすめします。

  • 年収の場合:年収300万円→400万円→550万円…
  • 大手企業の正社員を目指す場合:
    新卒入社→数ヶ月で退職→大手メーカーの子会社などでアルバイト→契約社員→正社員

上記のようにコツコツとキャリアアップを進めていくことで、誰でも高年収や大手企業の正社員を目指せます

学歴が低いからといって転職を諦める必要はこれっぽっちもありません。

低学歴でも転職を成功させる3つのポイント

アドバイス

次に学歴が低くても転職を成功させる3つのポイントを解説します。

自分の目標を明確に決める

まずは自分がどうなりたいのかという目標を明確に決めておきましょう

例えば「年収は1000万円を目指す」や「大手企業に正社員として転職する」などです。

自分の目標がはっきりしていれば、おのずとやるべきことが見えてきます。

高収入を目指している人は、必要なスキルや資格を身に着ければ転職時にアピールできますよね。

また大手企業に正社員として転職したい場合には、契約社員などで入社をしてから正社員を目指すことをおすすめします。

急がば回れということわざがあるように、遠回りすることが近道になることもあるのです。

自分の目標がぼんやりしていると、壁にぶつかったときに途中で諦めてしまうこともあるため注意してくださいね。

学歴だけで判断しているような企業を選ばない

低学歴でも転職を成功させたいなら、特定の企業にこだわらずに社会人経験やスキルで判断してくれる企業を選びましょう。

新卒を雇用するときに学歴フィルターをかけることは分からなくもないですが、中途採用で学歴フィルターをかけてしまうと、隠れている優秀な人材を逃してしまうことにその企業は気付いていないのかもしれません。

そして「学歴が低い=仕事ができない」と決め付けている可能性もあります。

しかし絶対にそうだとは限りません。

例えば協調性や主体性を身につけていて頭の回転が速い人材でも、家庭の問題で大学に進学できなかったという人もいます。

こうしたことに気付いていない、学歴だけで人間性を決めている企業は選ばないようにすることが、低学歴でも転職を成功させる秘訣といえるでしょう。

転職エージェントを活用する

低学歴を気にしていて転職に不安を抱えている場合には、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは自分の強みや弱みを見極めてくれて、自分にあった求人を紹介してくれるサービスです。

自分の希望条件をあらかじめ伝えておくことで、担当エージェントから「これらの中で気になる求人はありますか?」などと求人を提示されます。

転職に関してのプロ視点のアドバイスをもらえるため、転職の1つの手段として利用しておくのも良いでしょう。

低学歴ではあるけどもキャリアアップをしたいことを相談して、挑戦的な求人も用意してもらってくださいね。

【体験談】転職エージェントを活用するメリット

交渉

転職エージェントを活用すればあなたに多くのメリットをもたらしてくれます

まず、あなた一人で転職活動しても、「理想の求人」や「企業の詳細情報」を見つけるのには限界がります

一方で、転職エージェントを活用すれば以下のサービスを無料で受けることができます

  • 自分のスキルや経歴、希望条件にマッチした優良求人を紹介してもらえる
  • 自分の学歴でも応募可能な優良求人も多数紹介してもらえる
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 自分ではしにくい年収交渉が代理でやってもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる
  • 転職で不安な点は何でも相談に乗ってもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、転職活動において強力な武器となりますよね。

私も4度の転職で転職エージェントを利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

低学歴で転職活動が不安だという方は、転職エージェントに相談して、転職活動を優位に進めましょう!

【結論】低学歴でも転職には関係ない!

自由

これまでに低学歴でも転職を成功させるポイントを紹介しましたが、結論は「低学歴でも転職には関係ない」ということを覚えておいてください。

「学歴不問」「高卒以上」など低学歴の人でも応募できる中途の求人はたくさんあります。

そして、大手企業でなくても優良な企業も多いです。「転職成功=大企業」というわけではありませんよね。

自分自身が楽しく働けてストレスが少ない職場に転職できれば、あなたにとって「転職が成功した」といえるのではないでしょうか。

学歴が低いことで転職を諦めず、転職エージェントの力を借りて素敵な転職をしてくださいね。

まとめ

前向きに取り組む

この記事では、低学歴でも転職ができるのか悩んでいる人へ、転職する際のポイントをご紹介しました。

低学歴で転職に自信がない人は、転職のプロに相談すると良いでしょう。転職エージェントは学歴は関係なくあなたの味方です

そして低学歴でもこれまでの社会人経験やスキル、資格などがあれば、絶対に転職はできます。

ぜひ端から諦めずに将来のために頑張って行動してください。

※他にこんな記事もあります。

転職すると逃げ癖がつくと勘違いしていませんか?転職前に試す3つのこと

2020年6月13日

転職の最終面接に落ちたからとショックを受ける必要なし!最終面接に落ちる理由と対策まとめ

2020年5月31日

30代でのリストラはあり得る!転職活動で知っておきたいこと3つ

2020年5月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です