【体験談】転職面接で志望動機は聞かれない?内定10社以上獲得して分かったこと

マツロー
転職面接で志望動機を聞かれなかったけど、不合格なのかな…

志望動機を聞かれることはすごく重要なことなの?

転職活動を通じてこうした悩みを持っている方はいませんか?

そこで今回は、これまで4度の転職で10社以上から内定を獲得した筆者が以下について解説します。

※この記事を読むことで得られるメリット

  • 転職面接では志望動機は聞かれないこともある
  • 志望動機は正直そこまで重要ではない理由
  • 志望動機をさりげなく面接官に伝える方法
  • 「志望動機を聞かれない=不合格」ではない
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

面接で志望動機が聞かれない?その理由について

面接
転職面接では志望動機を聞かれないことも珍しくありません

何故かというと、企業が中途採用者に求めているのは志望動機(やる気)よりもスキル(どのような形で会社に貢献してくれるか)だからです

例えば以下2名中途採用候補者がいたとします。

  • A君:その会社に憧れていて、企業研究も詳しくしており、面接では見るからにやる気がみなぎっているが経験は浅い
  • B君:面接ではやる気は人並みだったが、持っている能力はピカイチで企業が求めるスキルにマッチしている

この2人のうち1名だけ採用枠があった場合、間違いなくB君を採用しますよね。

ちょっと極端な例ですが、このように転職活動において企業が中途採用者に第一に求めることは「会社に利益をもたらしてくれるスキル」なので志望動機を聞かれなくても過剰に不安になる必要はありません

面接で志望動機を聞かれなかったときの対処法

対応策

では面接で志望動機を聞かれなかったときの対応策はどうするのか?

そういう場合は、

自己PRの中に志望動機も含めて面接官に伝えるようにしましょう
マツロー
就職や転職活動の面接では必ず自己PRを聞かれますよね?

自己PRを答える時に志望動機(やる気)を含めることで、さりげなく面接官に好感度UPすることが出来ます

具体的には自己PRを話すときに必ず自分の長所を伝えると思いますが、
「その長所が面接先の企業で活かすことが出来るためどうしても御社で仕事がしたい」という方向に話をまとめればOKです。

【まさかの年収〇〇〇万円?】ミイダスの市場価値(想定年収)診断をやってみた

2019年10月27日

「面接で志望動機を聞かれない=面接不合格」なのか?

失格

「面接で志望動機を聞かれなかった=面接不合格」では決してありません。

なぜなら先ほども述べたように転職において志望動機はそれほど重要ではないからです。

私はこれまで4度の転職で10社以上の企業から内定をもらいましたが、私は志望動機に関しては聞かれても結構簡易な答え方しかしていませんし、面接官からもそこまで深堀りされたことはありません。

筆者が面接時に答える志望動機はいたって簡単なもの

転職面接において志望動機を聞かれた時の私の答え方はいたって単純で、基本的には「自分の特徴+面接先企業の業務内容」を組み合わせただけです。

「自分の特徴」はこれまでのスキルや経験で基本固定です。それを軸にプラスアルファで企業の業務内容を付け足すだけの志望動機にしています。

例えば自分がある〇〇のスキルを持っていたとして、

マツロー
自分の〇〇のスキルが△△(面接企業の業務内容)で活かせるのではと思い志望しました!

たったこれだけなので、志望動機を考えるのに深く悩む必要はないですね。

転職面接において志望動機の重要度は低い

これだけ聞くといい加減な転職希望者に見えてしまうかもしれませんが、私はこの方法でこれまで多くの内定を獲得してきましたので、志望動機は薄くても十分内定を獲得するチャンスはあると思っています。

まとめ

面接合格の鍵

今回は転職面接における志望動機の重要度について解説してきました。

面接で会社によっては志望動機を聞かれないことも結構あります。

志望動機を聞かれなかったからと言って、不安になるのではなく以下のことを考慮しておいた方が賢明でしょう。

  • 転職面接においては志望動機よりも求職者の「スキルや経験」の方が圧倒的に重要である
  • 企業によってはスキルや経験を多く聞きたいため、志望動機を聞かない会社も存在する
  • 志望動機を聞かれなかったときは、自己PRの中にさりげなく志望動機を含めて面接官の好感度UPを狙う
  • 「志望動機聞かれない=不合格」ではないので、焦らずに自分の能力を相手にしっかりアピールすることが重要

これから転職活動を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしていただければ幸いです。

※転職サイトやエージェントはどこを使ったらいいのかよく分からないという人は、私がこれまで大手企業など10社以上から内定を獲得した経験をもとにオススメ転職サイト・エージェントについていますのでこちらをご覧ください。
オススメ転職サイト・転職エージェント徹底レビュー

※他にこんな記事もあります。

【体験談】派遣、中小企業から大企業に転職したら人生変わった話【ポイント解説】

2019年2月10日

【体験談】元派遣社員が大手企業への転職を成功させた職務経歴書のポイントを教えます

2018年10月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です