転職を繰り返した結果は2パターンある!次を最後の転職にするための解決策

マツロー
また転職したくなってきた…何度も転職するとヤバイかな…?

こんな悩みを解決します。

転職すること自体は決して悪いことではありません。

しかし、嫌なことがあればすぐに転職してしまう人は、転職市場における自分自身の価値を自ら下げている可能性があります。

この記事では、転職を何度も繰り返した結果、起こり得る2つのパターンを解説します。

次の転職を最後にするための解決策もご紹介しますので、転職が多くて不安に感じている人は最後まで読んでください。

※この記事を読むことで分かること

  • 転職を繰り返す人に訪れる2つのパターンとは?
  • 逃げの転職を繰り返した場合の5つのデメリット
  • 逃げの転職を繰り返さないための3つの解決策
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「警察官」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

転職を繰り返した結果はおもに2パターンに分かれる

将来の分岐点

まず、転職を繰り返すことで起こる2つのパターンについて知っておきましょう。

あなたがどういう理由で転職を繰り返しているのかによって、未来は変わります。

パターン1:逃げてばかりの転職は圧倒的に不利になる

多くの人が転職する理由として考えられるのが、職場や仕事に対する悩みです。

たしかに、ブラック企業などの最悪な労働環境で働き続けることは、非常に辛く心身ともに病気になってしまう危険性があります。

そのため、どうしても会社内で解決できない悩みで、自分のストレスが限界値に達してしまう場合には転職することが一番でしょう。

しかし、転職は最後の手段として考えておかなければなりません。

転職すれば、もちろん今の悩みからは解放されて楽になることでしょう。

けれども新しい職場では、また新たな悩みが出てくるものです。

マツロー
このように「逃げてばかりの転職」は、転職活動の際に圧倒的に不利になり、デメリットしか残りません。

パターン2:計画的にキャリアアップするための転職なら有効

もしも転職を繰り返す理由が、自分のキャリアアップのためならば転職に不利になることはありません。

むしろキャリアを有効に利用することで、転職を成功させる可能性が高くなります。

例えば、

  • 現在の職場で専門スキルを磨きつつ、転職先ではそのスキルをより磨く
  • 自分のスキルをより必要としてくれる会社に引き抜かれる

などがあります。

マツロー
こういった目的で転職を繰り返せば、年収を大きくアップさせることも可能です!

逃げてばかりの転職を繰り返した結果のデメリット5つ

デメリット

ここからは、逃げてばかりの転職をしてしまうと起こり得るデメリットを5つご紹介しましょう。

  1. 「忍耐力がない」と判断される
  2. 社会や周囲からの信用を失う
  3. 生活に困る
  4. 専門性やスキルが身に付かない
  5. すぐに転職する癖がついてしまう

忍耐力がないと判断され採用されない

「嫌なことがあったらすぐに転職してしまう人」は、転職活動時に相手企業から

  • この人は忍耐力がないんだな
  • うちの会社もすぐに辞めるかもしれない

と判断されて採用される可能性が低くなります。

企業側もできるだけ採用活動のコストは抑えたいため、1度雇用したら長く働いてくれる人材を求めています。

これは多くの企業に共通していえることで、すぐに辞める可能性がある人材は採用されにくくなるでしょう。

社会や周囲からの信用を失う

逃げの転職を繰り返すと、社会や周囲からの信用を失います

特に転職で業界や職種をコロコロ変えている人は注意が必要です。

転職理由に一貫性がないと、「優柔不断でいい加減な人」という印象を持たれかねません。

転職理由を明確に説明できないような転職はなるべく避けた方が賢明ですね。

生活に困る

転職を繰り返していると、ニートの期間ができてしまう可能性も高いです。

転職を繰り返して採用されにくくなると、退職してしまったのに次が決まらない状態になります。

働いていない期間があれば、当然その分の給料はもらえず、貯金がなければ苦しい生活になるでしょう。

生活に困れば、余計に転職できないことに焦りを感じ、どこでもいいから求人に応募しまくる結果となってしまいます。

専門性やスキルが身につかない

短いスパンで転職を繰り返しすと、1つ1つの仕事を極められずに専門性やスキルが身につきません

転職面接の時にも「前職で何を身につけたのか」が明確に答えられず、中途半端な回答になってしまいます。

多くの求職者を面接している面接官であれば、あなたがどんなスキルを身につけてきたのかをすぐに見抜かれるでしょう。

すぐに転職する癖がついてしまう

転職を繰り返すと「嫌なことがあればまた転職すればいいや」とすぐに転職する癖がついてしまいます。

常に逃げ腰で、何に対してもチャレンジ精神がない状態です。

こうした転職癖がついてしまうと、生活も安定せず、プライベートまで上手くいかないことが増えるでしょう。

「逃げの転職」を繰り返さないための3つの解決策

ポイント

無駄な転職を繰り返さないためには、どんなことをすればいいのでしょうか。

ここでは、次の転職を最後にするための解決策を3つご紹介します。

自己分析・企業分析を入念におこなう

「転職を繰り返す=自分に合った企業に入社できていない」ことが考えられます。

自分に合った企業を見つけるには「自己分析」「企業分析」が重要です。

自己分析とは、その名のとおり「自分自身の分析」のことをいいます。

例えば、

  • 自分はどんな性格なのか
  • 何が嫌いで何が好きなのか
  • 長所と短所は何か

などを深く突き詰めてみましょう。

また企業分析とは、その会社の企業理念や社風、制度、競合他社とはどう違うのかなどを分析することです。

こうした自己分析や企業分析を入念におこなうことで、求人を見極める目が養えるようになります。

マツロー
頭のなかで考えるだけではまとまらない人は、紙やノートに書き出してみましょう!

自分自身の市場価値を知っておく

転職する前に、「転職市場での自分の市場価値はどれくらいなのか」を知っておくことも大切です。

自分自身の市場価値を低く見すぎても、高く見すぎても自分に合った求人は見つかりません

そして、逃げの転職を多く繰り返してしまった人は「自分の市場価値は低い」と考えてください。

「まだ自分を必要としてくれる会社はあるはずだ」などと思い込み、希望条件を高く設定していると求人は見つかりません。

前述のとおり、企業から見れば「何かあればすぐに辞めてしまう人材」としか見られていないからです。

まずは希望条件をリセットして、本当に譲れない条件のみに絞ってみてください。

すぐに転職するのではなく、一旦立ち止まって第三者の意見を聞く

すぐに転職したくなる気持ちを抑えて、第三者の意見を聞いてみましょう

第三者とは、身近でいうと家族や友人です。

「こんなことが会社であって耐えられないんだけど、転職しても大丈夫かな?」など相談してみると、適切なアドバイスをもらえるかもしれません。

また家族や友人に相談できない人は、転職のプロである転職エージェントに相談しましょう

転職するか否か迷っている段階でも、転職エージェントは相談に乗ってくれます。

まずは無料登録をして、担当エージェントとヒアリングをしてみてください。

理想の求人を見つけるためには転職エージェントに相談しよう!

相談

「自己分析の仕方」や「転職の仕方が不安」な人は転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談すれば以下のようなサービスを無料で受けれます。

  • 職務経歴書や履歴書の添削指導
  • 自分のスキルや性格にあった求人を紹介してもらえる
  • 転職エージェントには多くの求人があるので自分の理想の求人を見つけやすい
  • 選考も適宜フォローしてもらえる
マツロー
これだけのサービスが無料で利用できます!

登録して使わないのはもったいないですね!

私もこれまで4度の転職で毎回利用していますが、10社以上から内定をGETし、年収も最大で550万円以上アップすることができました。

⇒転職4回のマツローがオススメする転職エージェント徹底レビュー

まとめ

明るい未来

この記事では、転職を繰り返した結果、起こり得る2つのパターンをご紹介しました。

自分のキャリアアップを図るための転職ならば何の問題もありません。

しかし嫌なことがあって我慢できないからといった「逃げの転職」を何度も繰り返していると、自分自身の市場価値は下がり、転職するのに圧倒的不利になります。

次の転職を最後にしたいという人は、転職エージェントに相談して自分に合った求人を紹介してもらいましょう。

※オススメの関連記事

低学歴でも転職には関係ない!転職を成功させる3つのポイント

2020年6月20日

【失敗しない転職の方法】ハローワークはブラック企業の求人しかない?

2020年6月18日

転職の最終面接に落ちたからとショックを受ける必要なし!最終面接に落ちる理由と対策まとめ

2020年5月31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です