転職4回経験者が語る、転職活動は在職中に行う方がいい理由について

どうもマツローです。

今回はこれまで転職を4回経験し、「公務員」「派遣社員」「一部上場商社」「有名大手企業」へとキャリアアップに成功した筆者が、転職活動は在職中に行った方が良い理由について述べていきます。

この記事を読んで得られること
・転職活動は在職中にやる方がいいのか、退職してからやる方がいいのかについて

・転職活動は在職中にやった方が圧倒的に有利

・在職中に転職活動した方があせらずマイペースに活動できるため、より良い求人に巡り合う確率が高くなる

・在職中に転職活動した方が精神的な負担が少なくて済む

スポンサーリンク

転職活動は在職中に行った方が圧倒的に良い理由!

転職先が決まる間も給料が保障されている

まず一番のメリットはやはり、就職活動中であっても働いているため給料がもらえて生活面の心配をしなくてよい点があげられますね。

転職先が決まる前に会社を辞めてしまったら、どうしてもその間は給料がもらえなくなるため、生活の基盤が非常に不安定になってしまいます

仮に会社を辞めた後に転職先がなかなか決まらなかった場合など、非常に苦しい生活を送るためになりますのでなるべくならこの事態は避けるようにしたいですね。

焦らずにじっくり転職先を探した方がよい求人に巡り合う確率がUPする

これは私の実体験でもあるのですが、私は公務員を辞めたときは、次の転職先を決めない状態で辞めてしまいました。

辞めた後から転職活動していたのですが、給料が入ってこない状況ということもあり、なんとか採用してくれる企業を探す傾向が強くなります。

このように無職状態が続くと“早く転職先を決めたい”という焦りから、どうしても探せる求人の絶対数が少なくなり、限られた候補の中から転職先を探すことになってしまいます。

これだとなかなかホワイトな優良企業に巡り合う確率は低くなってしまいますよね…

逆にこれが在職中に転職活動しながらだと焦らずにゆっくり自分のペースで転職活動できるため、その分探せる求人数も多くなり、ホワイトな企業と巡り合う確率も大幅に上がりますよね

会社を辞めてからの転職活動は将来への不安から精神的にもかなりきつくなる

在職中での転職活動であれば、仮に転職が上手く行かなくなっても、「次にいい企業の求人に出会うまで我慢すればよい」と自分の心に少なからず余裕が持てます。

逆に会社を辞めた後の転職活動だと、
「なんとか良さそうな求人を何社か見つけたぞ」
「せっかく求人見つけたのに書類選考でことごとく落ちてしまった…」
「転職先を常に探しているけどなかなか求人が見つからない」
「もう何か月も給料が出ておらず貯金も底を尽きそうだ…」
「もうお金がない。これからの生活どうしよう…」

という“負のスパイラルに陥ってしまう可能性”も大いにあります。

慌てて転職先を決めてしまったら、またすぐに辞めてしまう可能性も高くなる

これまで説明したように会社を辞めた後から転職活動を行った場合は、収入面の心配精神的な不安から、何とか採用してくれる会社にすがる思いで妥協して転職してしまう傾向になりがちです。

妥協して転職してしまうと、いざ転職した会社が労働環境や人間関係面でブラック企業である確率も高くなり、結局仕事が続かずにまたすぐに辞めてしまう確率も非常に高くなります

私の1回目の転職が正にこのパターンで、すがる思いで内定がもらえた企業(派遣会社の派遣社員)に吟味もせずに転職しましたが、転職した会社は給与面等の環境がブラックで転職した後に非常に後悔した経験を持っています。

筆者のその後の転職歴について

私は(転職先を決める前に会社を辞めてしまった)1回目の転職で非常に苦い思い出を持ったため、2回目の転職からは在職中に転職活動を行うように変えました。

2回目の転職活動からはじっくりと吟味しながら自分の能力や経験にマッチしそうなホワイト企業を中心に探し、2回目の転職では一部上場企業の正社員へと転職を成功させることができ、3回目の転職ではさらに高みを目指し有名大手メーカーの正社員にも転職を成功すること出来ました。

会社を辞めてしまった後から転職活動をするのか、在職中に転職活動をするのかでは、その後の転職先にこれほどの違い(前者のやり方では妥協した派遣社員、後者のやり方では一部上場企業有名大手企業への転職)が出たんですね。

私は自分の身をもって、在職中に転職活動した方がホワイトな企業に転職成功できるという仮説を立証することに成功したのです。

この結果が特に顕著に出ているのが年収面で、派遣社員時代の年収と現在の年収では、現在の年収額はおおよそ3倍近くに上がっています

最後に

今回は転職活動を行う際に、「会社を辞めた後に転職活動をするべきか」「在職中で仕事をしながら転職活動をするべきか」について、私の実体験を交えて述べてきました。

転職を考えているという事は、現在の職場に何かしらの不満を抱えている人もいるかと思いますが、勢いで辞めた後に転職活動するのは何かとデメリットの方が大きくなります

辞めたい職場で仕事を続けるのは非常に苦痛ですが、妥協して転職先を決めてしまっては、その後も苦労する可能性が高くなりますので、なんとかグッと我慢して働きながら新しい転職先を探すことを強くお勧めします。

※筆者が派遣社員から大手企業に転職した経験をもとにオススメ転職サイト・エージェントについてまとめました

大手企業から内定をGETするためのオススメ転職サイトまとめ
この転職サイトのおかげで元警察官・元派遣社員だった私でも、売り上げ1兆円以上の大企業の正社員に転職成功することが出来ました。

【派遣から大手へ転職成功】「オススメ転職サイト・転職エージェント」を徹底レビュー!

2019年11月16日

※他にこんな記事もあります。

【体験談】派遣から大手の正社員に転職するために実践したこと

2019年2月2日

【完全保存版】元派遣社員が大手企業に転職成功した転職活動のノウハウ教えます

2019年1月20日

【体験談】元派遣社員が大手企業への転職を成功させた職務経歴書のポイントを教えます

2018年10月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です