転職期間は短期間と長期間のどちらがが良いか比較してみた

どうもマツローです。

今回は転職活動に費やす期間は「短期間」で一気に決めてしまった方が良いのか、それとも「長期間」でじっくりと活動していった方がよいのかについて考えていこうと思います。

この記事を読んで得られること
・転職期間が長期間と短期間におけるそれぞれのメリットとデメリットとは?

・転職にはしやすい時期としにくい時期が存在する

・より確実に転職を成功させるには自分でコントロールできる範囲から高めていくことが重要

スポンサーリンク

転職期間はどのくらい必要なのか

社会人経験のある中途転職希望者が転職活動にかける期間は平均すると「3か月~半年」と言われています。社会人が転職活動を開始する場合の準備として以下の作業が必要となります。

  • 転職サイトまたは転職エージェントに登録する
  • 転職サイト等に現在までの職歴等の個人情報を登録していく
  • 履歴書及び職務経歴書の作成する
  • 希望する求人の検索
  • 書類選考に応募する
  • (書類選考通過後)一次面接
  • 最終面接

転職活動が順調にいったとしても最低限上記のフローをこなす必要があり、さらに面接になってくると相手企業の日程の都合や、自身が働いている場合は自身の業務の都合等ですんなりとは面接日程も決まらずに、ずるずると転職活動期間が長くなりがちです。ですので転職活動が上手くいったとしても最短でも2~3か月はかかるのが普通で、逆にすんなりと決まらなかった場合は半年以上かかるケースも珍しくないかと思います。

すぐにでも転職先を決めたい場合

人によってはすぐにでも会社を辞めて転職したいとお考えの方もいらっしゃると思います。この場合は切迫していますので「転職サイト」と「転職エージェント」の両方を駆使して転職活動するようにしましょう。「転職サイト」は主に自身の情報(職務経歴等)を登録しておき、求人を出している企業からのスカウトメールをもらって選考を進めていく形が主体となりますので、どちらかというと転職活動は“受け身”となります。逆に「転職エージェント」の方は自分から「求人を出している企業」に向けて面接希望の申し込みをしていく形となりますので、「転職サイト」よりは“自発的”に転職活動することになります。

では具体的にすぐに転職先を決める場合のメリット/デメリットをそれぞれ挙げていきます。

すぐに転職先を決める場合のメリット

メリット

  • 今務めている会社を早急に退職することができる
  • 転職活動期間自体を短くすることができるため精神的な負担が少ない

すぐに転職先を決める場合のデメリット

デメリット

  • 複数企業に同時に申し込んだときは日程調整がハードになる
  • 選べれる求人の絶対数が少ないため、優良企業と出会う確率も低くなる

メリットとしてはやはり現在勤めている会社をすぐにでも辞めることが出来る点でしょうか。現在いる会社に不満があったり、職場環境で精神的に苦しんでいるような状況であればすぐにでも転職することで精神的な安定を得ることができるかもしれません。

逆にデメリットとしては、複数の企業に応募していて運よくどちらも面接に進んだ場合に、面接日程の都合をつけるのが難しくなるという点があります。その他にも短期間の転職活動になるとどうしても応募できる求人数自体が限られてくるため、後から優良企業の求人が出てきた場合は応募する機会を逸してしまいます。

では次に長期間で転職活動する場合についてもみていきましょう。

じっくりと転職先を決めたい場合

じっくりと時間をかけて転職活動する場合は、「転職サイト」を使用しての活動がメインになってきます。「転職エージェント」の場合は利用期間が3か月までと決まっていたりするため、長期間かけてじっくりと転職活動したい人には向いていません。

では長期間かけて転職活動する場合のメリット/デメリットをそれぞれ挙げていきます。

じっくり転職先を決める場合のメリット

メリット

  • 時間をかけて活動するため、普段の仕事や生活にそこまで影響が出ない
  • 活動期間が長い分、多くの求人を探すことができ、優良企業に出会う確率が高くなる

じっくり転職先を決める場合のデメリット

デメリット

  • 転職活動期間が長くなるため精神的に苦しい時期が長くなる
  • 転職活動が上手く行かない場合はだんだん不安になってくる

メリットとしては、長期間かけてゆっくり活動した方が面接が決まっても日程調整しやすい点、また長いスパンで活動することで多くの求人を探すことが出来、優良企業に出会う確率が高くなります。

デメリットは短期間で決める場合とは逆で、転職活動期間が長くなるため精神的に苦しい時期が続くことが挙げられます。転職活動している時期というのは将来について非常にモヤモヤしていたり、この先自分がどのような道に進んでいくのか不透明なため精神的に不安定になりがちです。この期間が長くなればそれだけ精神的な負担は大きくなるため、ここが一番のデメリットといえるでしょう。

最後に

今回は転職活動にかける期間は「短期間」ですぐに決めてしまうのが良いのか、それとも「長期間」かけてじっくりと決めるようにするのが良いのかについて考察してきました。どちらのケースにも「メリットとデメリット」が存在しているため、自分の置かれている状況を踏まえて、どれくらいの期間をかけて転職活動すればよいのか決める必要があると思います。

また、“時代の流れ”というのも非常に大きく影響しており、「好景気」の状況であれば優良企業の求人が見つかる可能性も比較的高くなりますが、逆に「不景気」のときは時間をかけてもなかなか優良企業に出会える確率は低くなります。幸いここ数年の国内の景気は好景気で、求人倍率も高い状態が続いているため10年前に比べると転職しやすい時代と言えるのかもしれません。

個人的に最高のパターンは、転職活動してすぐに「お気に入りの優良企業」の求人に出会いそのまま選考を受けて内定をもらうパターンです。ただ先ほども述べた通り「時代の影響」や「活動を開始する時期」によっても左右されるため“運”による要素も少なからず関係してきます。自分の力でコントロール出来ない部分はどうしようもないため、まずは「自己スキルの向上」や「有益な資格取得」等分でコントロールできる部分”を高めていって転職を成功させる確率を上げていくことが一番大切なことではないかと思います。

※筆者が派遣社員から大手企業に転職した経験をもとにオススメ転職サイト・エージェントについてまとめました

大手企業から内定をGETするためのオススメ転職サイトまとめ
この転職サイトのおかげで元警察官・元派遣社員だった私でも、売り上げ1兆円以上の大企業の正社員に転職成功することが出来ました。

【派遣から大手へ転職成功】「オススメ転職サイト・転職エージェント」を徹底レビュー!

2019年11月16日

※他にこんな記事もあります

【体験談】派遣から大手の正社員に転職するために実践したこと

2019年2月2日

【完全保存版】元派遣社員が大手企業に転職成功した転職活動のノウハウ教えます

2019年1月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です