お金

【体験談】手取りでボーナス100万円もらうには額面でいくら必要?税金は?

マツロー

・ボーナス手取りで100万円もらうには、額面でいくらもらう必要があるの?

・どんな会社だとボーナスを手取で100万円もらえるの?

こんな疑問を解消します。

私は30代半ばにしてボーナス手取り100万円を達成したので、そのことについて解説していきます。

この記事で分かること

  • ボーナスを手取りで100万円もらうためには総額だといくら必要なのか
  • どんな企業に就職したら手取りでボーナス100万円もらえるのか
  • おおよそ何歳でボーナス100万円もらえるのか
  • どれくらい出世したらボーナス100万円もらえるのか
  • 民間企業、公務員のボーナス平均支給額はどのくらい

マツローの経歴

  • 転職4回で「警察官」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブラック企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、 転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験
  • 警察退職後は一切スキルなしだったにも関わらず、30代半ばで年収850万円以上を達成

まずは参考に、国家公務員と民間企業のボーナス平均支給額がどの程度なのかを紹介していきます。

2020年夏季ボーナスの平均支給額

ボーナスの平均支給額

まず公務員と民間企業のボーナス平均支給額は以下となっています。

  • 国家公務員のボーナス平均支給額
    :68万7,600円
  • 民間企業のボーナス平均支給額
    :55万4,000円(ニッセイアンケート)

国家公務員のボーナスは前年比+1.3%増、民間企業の方コロナウイルスの影響で前年比マイナスになっています。

ボーナスを手取りで100万円以上もらいたい!

ボーナスを手取りで100万円以上もらいたい!

世間一般の人がどれくらいボーナスをもらっているのかは気になりますが、

  1. 一回のボーナスで100万円以上もらってみたい
  2. さらに欲張って一回のボーナスで手取りで100万円以上もらってみたい

と思ったことはないでしょうか?

私は転職を重ねることで優良企業に転職することで、その結果上記①と②を達成することが出来ました。

【体験談】派遣、中小企業から大企業に転職したら人生変わった話【ポイント解説】

[voice icon="https://hiraryman.com/wp-content/uploads/2019/11/80C7086D-8927-4AB6-8569-A0D37979D58C-2 ...

続きを見る

次からは具体的に

  • ボーナス額面100万以上もらったときの手取額
  • 手取りボーナスが100万以上だったときの総支給額

について説明します。

ボーナスが100万円超えたときの手取り額について

ボーナスが100万円超えたときの手取り額について

まずは「ボーナス総額が100万円を超えた時の手取り額」について解説します。

こちらについては大手企業に転職成功して2年目(30代前半)に達成することができました。

気になる内訳は以下の通りとなっています。

ボーナス額面が100万円以上のときの手取り額

総支給:  約107万円
所得税:  約15万円
健康保険料:約4万円
厚生年金料:約9万円
雇用保険料:約0.3万円
手取り額: 約78万7,000円

ボーナスを100万円以上もらった場合の手取り額はおおよそ79万円前後となりました。

大体総支給から25%くらいが税金で引かれる計算となっていますね。

マツロー
額面では100万円超えているのに、実際に手元に入ってくるお金は25%ほど低くなっているので結構落ち込みます。

ボーナスの手取りが100万円以上あったときの総支給額について

ボーナスの手取りが100万円以上あったときの総支給額

次は「ボーナスの手取り額が100万円以上だったときのボーナス額面」について解説します。

こちらについては30半ばで達成することができました。内訳は以下の通りです。

ボーナス手取りが100万円以上だったときのボーナス額面

総支給:  約138万円
所得税:  約15万円
健康保険料:約5万円
厚生年金料:約13万円
雇用保険料:約0.5万円
手取り額: 約104万5,000円

税金で引かれる金額はこちらも同様で約25%程度が引かれています

なおボーナスから引かれる「所得税」の金額については、ボーナスが出る前の月の給与額を基準に決められるため、ボーナスから引かれる所得税を抑えたければボーナスの前月はあまり残業をせずに給与を低くした方が良いという声もあったりします。

実際には所得税は一年間の年収の総額で決まるため、仮にボーナス支給月の前月の給与が多くボーナスの時にたくさん所得税が引かれたとしても、引かれすぎた分は年末調整の時に戻ってくるようになっていますので心配する必要はありません。

ボーナスを手取りで100万以上もらえる会社はどんな会社?

ボーナスを手取りで100万以上もらえる会社はどんな会社?

では次に一回のボーナスで100万円以上もらえるような会社はどのような会社になるのでしょうか。

もらえるボーナスの額は年齢によっても随分変わってくるため一概には言えませんが、私が実際に経験している30代半ば目線で述べていきたいと思います。

公務員の場合

まず公務員ですが、私は以前地方公務員でしたが30代半ばでボーナス手取り100万以上もらうのはかなりハードモードです。

なぜかというと以下のような理由があるからです。

注意

  • 国家公務員のボーナス平均額は約68万円(平均年齢35歳)であること
  • 30代半ばの先輩でボーナス手取り100万円以上もらっている人が身近にいなかったこと
  • 40後半の上司でボーナス手取りが100万円超えるという話を聞いたことがあること

これらは私が実際に公務員で働いていた時に聞いている話なのでかなり妥当と言えるでしょう。

公務員では30代半ばでボーナスを手取100万円以上もらうのはかなり厳しく、手取りではなく額面で100万円もらうのもけっこう難しいことが分かりました。

大手企業の場合

では次に大手企業ですが、こちらに関しては(実際に私も経験しているため)、大手企業であれば30代半ばでボーナスを手取で100万円以上もらうことは可能です。

また大手企業といっても色々ありますが、私の場合は大手機械メーカーに転職することで30過ぎで「一回のボーナスで100万円以上もらうこと」が出来ました。

私が転職に成功した大手機械メーカーは従業員が数万人で、毎年の売り上げも1兆円以上ある規模の会社です。

悩める人
出世してるからたくさんもらえたんじゃないの?

と思われる方もいるかもしれませんが、私の場合

  • 30代前半でボーナス額面100万円⇒役職なしの一般社員
  • 30代半ばでボーナス手取り100万円⇒役職ありだが非管理職

と決して特別出世していた訳ではありません。大手企業であれば普通の社員でもこのくらいもらえる可能性があるのです。

世の中には更に売り上げ額や従業員数の規模の大きい会社もたくさんあるため、そのような会社はさらに高いボーナスをもらっていることを推測することが出来ますね。

大手企業のボーナス事情

  • 30代前半で、ボーナス額面100万円もらうことは可能!
  • 30代半ばでは、ボーナス手取り100万円もらうことも可能!
  • 特別出世していない一般社員でも100万円もらうことは可能(経験済)

ボーナスを手取で100万円もらう方法

ボーナスを手取で100万円もらう方法

ボーナスを手取で100万円もらうための一番現実的な方法は、大手企業で働くことです。

サラリーマンの方なら、一度でもいいからボーナスを100万円以上もらうことを目標にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

大手企業に就職すれば、大きなリスクを負わずに30代にもなれば誰でも普通にもらうことが出来るのです。

悩める人
でも自分は大手企業に勤めていないから、諦めるしかないのかな…

このような方でも諦めるのはまだ早いです!計画的に転職活動すれば大手企業に入ることも難しくはありません。

マツロー
実際に私は元派遣社員ですが、計画的に転職活動したことで、30代で大手企業に入ることができました!

大手企業に転職成功するには転職エージェントを有効活用する

転職エージェントを有効活用

大手企業へ転職成功させるには、転職エージェントの有効活用は必須です。

何故かというと、転職エージェントに相談することで、以下のようなサービスを無料で受けることが出来ます。

ポイント

  • 自分の経歴や希望に合った優良求人を紹介してもらえる
  • 転職エージェント限定の大手企業の非公開求人が多数ある
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 年収交渉を代理で行ってもらえる
  • 転職が不安な人は、経歴書の書き方や面接対策をしてもらえる
マツロー
これらのサービスが無料で利用できるわけですから、利用しないのは非常にもったいないですね!

オススメの転職エージェント

悩める人
でも転職エージェントってどこを利用したらいいの?

そんな人のために、私がこれまで4度の転職で利用した、オススメの転職エージェントをランキングで紹介します。

私はこれらの転職エージェントを活用することで以下を実現しました。

転職エージェントを活用することで実現したこと

  • 元派遣社員でも、大手メーカーに転職できた
  • 転職したことで、年収は最大550万円アップした
  • 残業時間は大幅に減り、自由な時間が増えた

転職エージェントの詳しいランキングは下の記事をご覧ください。

⇒【年収550万円アップ!】オススメの転職エージェントランキング

自分の適正な市場価値を知る

転職を成功させるには転職市場において“自分の市場価値”がどのくらいかを客観的に把握しておく必要があります。

なぜなら、自分の市場価値を見誤って、高望みしすぎたら内定を獲得することは困難ですし、逆にもっといい会社に転職できたのに妥協で条件の悪い会社に転職してしまうリスクがあるからです。

自分の適正年収(市場価値)がどのくらいか把握したい方はこちらの「ミイダス」から適正年収を測ることが出来ます。

簡単な質問に答えるだけで、あなたとキャリアだと大体どのくらいの年収になるのかを知ることが出来ます。

注目!
【まさかの年収〇〇〇万円?】ミイダスの市場価値(想定年収)診断をやってみた

どうもマツローです。 みなさんは転職サイト“ミイダス”の市場価値診断をご存知でしょうか。 ミイダスの市場価値診断は、自分の学歴や職務経歴等を順番に入力していくことで現在の自分の市場価値(類似ユーザーの ...

続きを見る

年収アップを目指すならプログラマーもおすすめ

年収を上げて将来的に年収1000万円を目指したい人は「プログラマー」もオススメです。

近年IoTやビックデータという言葉をよく聞きますが、IT化社会にともないプログラマーの需要もどんどん増えています。

プログラマーの中にはフリーランスエンジニアとして年収1000万円以上稼ぐ人もいます。

以下のサイトで詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

GoTo年収1000万

『GoTo年収1000万』では、プログラマーとして年収1000万円を目指すキャリアステップを紹介中。

そのほか、年収600万円以上の人のインタビューも毎週更新中です。

手取でボーナス100万円もらうには:まとめ

手取でボーナス100万円もらうには:まとめ

今回は「ボーナスを手取で100万円もらうには、額面でどのくらい必要か」について解説しました。

ポイントをおさらいしておきます。

ココがポイント

  • ボーナスを手取で100万円もらうには、額面で約140万円必要
  • 大手企業だと30代で、ボーナス手取り100万円もらうことは可能
  • 公務員だと30代で、ボーナス手取り100万円もらうことは厳しい
  • ボーナス手取り100万円もらう確実な方法は、大手企業に就職すること
  • 計画的に転職すれば、元派遣社員でも大手企業に就職することができる
  • 自分の市場価値を、正確に把握しておく
  • 転職を成功させるには、転職エージェントを有効活用する

サラリーマンであれば、一度はボーナスを手取で100万円以上もらってみたいというかたも多いかと思います。

「自分には縁がない話だ」とすぐに諦めるのではなく、計画的にキャリアアップすれば、誰にでもチャンスはあります!

マツロー
実際に元派遣社員の私でも、転職成功して30代半ばで達成することができました!

人生を変えたい方はぜひ積極的にチャレンジされていてはいかがでしょうか。

おすすめ転職エージェント

この記事を読んで興味を持った方はぜひこちらの記事も読んでいただきたいと思います。

関連
【2019年最新】年収1000万円の割合は?上位何%?年収ごとの割合と偏差値をまとめてみた

マツロー ・年収1000万円の人が世の中にどれくらいの割合でいるのか? ・自分の年収が世間一般から見てどの程度なのか? こんな疑問を解決します。 先日平成30年の民間給与実態統計調査結果が発表され、 ...

続きを見る

オススメ
【体験談】派遣から大手の正社員に転職するために実践したこと

[voice icon="https://hiraryman.com/wp-content/uploads/2019/11/80C7086D-8927-4AB6-8569-A0D37979D58C-2 ...

続きを見る

-お金

© 2021 転職ドライブ Powered by AFFINGER5