残業で稼がないと生活できない!収入を増やすための3つの方法

マツロー
・今まで残業代で生活費に充てていたけど、残業が無くなって生活費が足りない…

・休業で残業ゼロになり、残業代が一切出ない…

この記事ではこんな悩みの解決法を紹介します。

最近は、働き方改革もあって、多くの会社が残業を減らす方向に動いています。

そのため残業で生活費を稼いでいた人は、残業がなくなり“生活できない”という危機に直面していますよね。

では今まで残業で生活費を稼いでいた人はどうすればよいのか?

今回は残業代で生活していた人の実態や、収入を上げる3つの方法を紹介します。

※この記事を読むことで分かること

  • “残業なし”では生活できなくなる原因とは
  • 生活するために収入を上げる3つの方法
  • まずは支出を抑えて、自由に使えるお金を増やすことが先決
  • 時間に余裕があるなら副業、スキルを活かすなら転職もあり
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

残業なしでは生活できない人の実態

苦悩

残業なしでは生活できない人の実態として「基本給が低い」「残業代で生活していたときの支出のまま」ということがあげられます。

まずは実態を把握して、どうすれば収入を上げられるのか考えましょう。

基本給が低い

残業代がなければ生活できない人は、そもそも会社の基本給が低いです。

基本給が低い原因は、

  • 会社の業績が悪い
  • 業績が良くても社員に還元していない
  • 会社が社員の基本給を上げたがらない
  • 上司に仕事を評価されていない

ことがあげられます。

会社の業績や会社が社員に還元していないなどの原因については、一社員が変えられるものではありません。

しかし自分に対する上司の評価は変えられます。

まずは上司が自分の仕事をどのように評価しているのかを知るため面談の場を設けてみましょう。

そして評価されていないなら、仕事を改善する、積極的に質問するなどアピールする必要があります。

もし上司から評価されているなら、基本給が上がらないか交渉してみましょう。

⇒正社員なのに給料が上がらない原因は?知らないと損する収入UPの方法

残業代で生活していたときの支出のまま

残業なしで生活できない人は、残業がなくなったにも関わらず、生活水準を変えていないことがあげられます。

残業がなくなり収入が減った一方、支出がそのままでは徐々に生活は苦しくなります

生活水準を下げることは難しいです。

今まで普通に買っていたものを我慢する、外食を減らす、遊びに行く機会を減らすなど簡単ではありません。

しかし支出を下げることは、収入を増やすことに比べれば簡単です。

生活するために収入を上げる方法3つ

収入アップ

多くの人は残業を自分の采配で増やすことはできません。

そのため残業代以外で、収入を増やす方法を探さなければ、生活は苦しいままです。

すぐにできる収入を上げる方法は

  1. 支出を見直す
  2. 副業をする
  3. 転職をする

です。

各方法について詳しく見ていきましょう。

①支出を見直す

収入を増やす方法の一つとして「支出を見直す」ことがあげられます。

厳密に言えば、収入は増えません。

しかし支出を見直し減らせれば、生活費に使えるお金は増えます

収入を増やすためのどの方法よりも支出を減らす方が簡単と言えるでしょう。

今すぐにできるため、まずは支出を見直してみましょう。

支出を見直したら、無駄や減らせる支出を選び、徐々に減らしていきましょう。

このとき家計簿をつけると、何が“無駄な支出”なのかわかりやすくなります。

支出を減らすことは、ひたすら節約してお金を使わないようにすることではありません。

節約に頑張り過ぎるとストレスが溜まり、そのストレスを解消するためにお金を使ってしまうからです。

節約のし過ぎでストレスを抱え込まないためにも、家計簿をつけて減らせる支出を見つけましょう。

②副業をする

収入を増やす方法の一つが「副業をする」です。

副業を解禁する会社は増えつつあり、現在は政府も積極的に副業を推進しています。

またクラウドソーシングの発展もあり、副業を始めることのハードルは低くなりつつあります。

副業のメリットは、空いた時間で稼げることや自分のペースで進められることです(プログラミングは案件によって外注先に常駐することがあります)。

残業がなければ、定時のあとに使えるプライベートの時間は増えます。

平日の夜や休日を活用して、まとまった収入を稼ぐ人も多く、なかにはフリーランスになる人もいるほどです。

「どんな副業を始めればいいの?」という人は、物販ビジネスから始めてみましょう。

専門的な知識やスキル、そして初期投資も必要ありません。

また空いた時間を使って、自分のペースで自由に進められます。

給料では生活できないという人は、副業で収入を増やすことを検討しましょう。

③転職をする

最後に紹介する収入を増やす方法が「転職をする」です。

終身雇用や一つの会社で定年まで勤め上げることは、もう当たり前とは言えません。

その証拠に転職者数は年々増加しています。

転職サイトや転職エージェントのサービスを見ればわかりますが、多くの求人広告は給料の欄を詳しく書いています。

自分が入社したら、どれくらいの給料を受け取れるのかを入社前に把握できるのです。

⇒内定10社以上GET!オススメ転職エージェント・サイトを徹底レビュー

マツロー
いきなり転職するのは少しハードルが高いな…

転職に対して不安を強く感じる人もいるでしょう。

「残業が多すぎたり、サービス残業があったりしないか」「求人広告に書いてあることが事実じゃないかもしれない」と疑問に思うことがあるかもしれません。

そのようなときは口コミサイトを利用しましょう。

口コミサイトを見れば、「その会社で働いていた、もしくは働いている人」の生の声を知ることが出来ます。

口コミサイトでは給料やワークライフバランスなど項目が分かれており、会社の実情を知れるので、転職を成功させるには必須アイテムと言えます。

まとめ

ポジティブ

政府や大手企業の流れ、それにITの技術の発展も考慮すると、これからも残業時間は減らされていく傾向になるでしょう。

そのため、これまで残業で生活を保っていた人は、今までの生活や今の仕事でよいのかを見直さなければなりません。

基本給を上げる交渉や副業で収入を増やすことは可能ですが、今すぐ収入が増えるわけではありません。

そのため、まずは今すぐ支出を見直して、無駄な支出を徹底的になくすことが大切です。

今の会社に不満があるなら転職も視野に入れる

また今の仕事や会社にいなければならない理由がなければ、転職を視野に入れましょう。

副業は成果を出すまでに時間がかかりますが、転職に成功すれば一瞬で数百万単位の年収をUPさせることも十分可能です。

実際に私も4度の転職で年収は300万⇒850万円と、最大で500万円以上UPさせることに成功しました。

自分のスキルをより磨きたい人は、積極的に転職を検討しましょう。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

“出世しない人生”を選ぶ人が増加中?3つのメリットと2つのデメリットを紹介!

2020年5月17日

【ホワイト企業の見分け方】働きやすい環境でより長く楽しく働こう

2020年5月14日

仕事を辞めることは”逃げ”じゃない!会社を辞めた方がいい4つのタイミングとは

2020年5月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です