【体験談】派遣切り、正社員からのプレッシャーに怯えた派遣社員時代

派遣切りの恐怖
前回に引き続き、ブラック企業体験記ということで、今回は派遣社員編を書いていきます。

私は警察官を辞めたあと派遣社員として働きましたが、元々は派遣社員を目指していた訳ではありません。

なぜ派遣社員かというと、警察官退職後は民間企業で活かせる“スキルや職歴”が全く無かったため、未経験者でも採用してもらえる派遣会社に何とか就職したという感じでした。

今回はそんな派遣社員時代に経験したブラック企業体験談について紹介していきます。

派遣社員時代のブラック企業ポイント
・純粋に給料が低く、ボーナスなど出ないことを覚悟しておく必要がある

・大手企業の正社員との関係に神経をすり減らす

・不景気になると容赦ない“派遣切り”に遭うリスクがある

  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

警察退職後仕事がなく、すがるように派遣社員へ

不安

導入部でも説明しましたが、警察退職後は「手に職をつける」ため技術系の転職先(メーカー)を探していましたが、書類選考にすら通過せずことごとく転職活動に失敗していました。

転職活動が上手く行かなかった原因は、自分に民間企業で活かせる“スキルや経歴”が全くなかったからです。

正社員はあきらめて「未経験者歓迎」をPRしていた派遣会社に就職することに決めましたが、入社するにあたり以下の目標を立てました。

  • 大手企業に派遣されて働くので、大手企業での仕事のスキルを身に着ける
  • 大手企業で働いたという経歴を得る

この狙いは後々自分の武器になるのですが、まずは派遣社員時代の“ブラック企業体験談”について述べていきます。

派遣社員はとにかく給料が低い

低賃金

一番分かりやすいところでいうと、単純に給料がものすごく低く、具体的には以下のような感じです。

  • 月々の給料は手取りで15万あるかないか。
  • 不景気なのでもちろんボーナスは“ゼロ”

当時一人暮らしだったのであまり生活に余裕はなく、ボーナスの時期は非常に虚しい気持ちになりました。

たまに寸志をもらえる時もありましたが、12月のボーナスゼロは帰省するのも危うくなるので非常に苦い思い出となっています。

大手企業の正社員との関係に神経をすり減らす

人間関係の疲れ

次は「大手企業の社員との関係に神経をすり減らす」です。

私が派遣されていた企業は超有名な大企業でしたので、そこで働いている正社員の人はエリートでいわゆる“勝ち組”の部類に属する人たちです。

名だたる大企業の正社員とただの派遣社員である私とでは住む世界が違い、以下のような問題が出てきます。

  • 圧倒的な年収格差なので、プライベートの話(趣味&旅行など)についていけない。
  • 正社員の自慢話を嫌でも聞かされる。
  • 一部の正社員が派遣社員を小ばかにしたりネタにしてくる。
  • 自分の惨めさに徐々にメンタルが病んでいく

このような環境にいるので、正社員の人との関係に神経をすり減らし悶々とした日々を過ごしていました。

不景気になると容赦ない派遣切りが待っている

派遣切りの恐怖

次は不景気になると“容赦ない派遣切り”が待っているという点です。

私が派遣社員として働き始めてしばらくして“リーマンショック”が発生しました。

リーマンショック後、世界経済は歴史的な不況に見舞われ、当然日本経済もその煽りをもろに受けました。

その結果多くの企業で仕事受注量が激減し、当時以下のようなことが起こりました。

  • 不景気になることで真っ先に派遣社員から雇用を切られる
  • 自分の能力と関係ないところで、雇用を失う派遣社員が続出
  • 何とかクビにならなくても長期間の自宅待機で収入激減

私の派遣先は幸いまだ仕事が残っている方だったため、“派遣切り”は免れましたが、同じ会社で何人もの人が職を失うのを目の当たりにしました。

リーマンショックを通じて、「不況が起きると真っ先に職を失うリスクがある」ということを知り、派遣社員という働き方に限界を感じるようになったのも事実です。

派遣社員を経験してよかった点

派遣社員のメリット

これまでブラックな面だけを書いてきましたが、最後に派遣社員として働いてよかった点も挙げておきます。

派遣社員として働いてよかった点
大手企業内で働くことで、実績とスキルを身に着けることが出来た!

身に着けた実績とスキルを活かし、キャリアアップの転職に成功した!

大手企業は専門分野で高い技術力を持っているため、そこで技術職として働けるということは「その高いスキルを自分のものに出来る環境にいる」ということです。

もちろん大手企業に派遣されて働くことは大変ですが、しっかりと自分から学ぶ姿勢を貫ければ、どんどんとスキルを吸収することができます。

特に職歴やスキルがあまりない人にとっては、キャリアアップさせるための有効な手段の一つと言えるでしょう。

最後に

成功!

実際に私も警察官を退職した後は何のスキルも職歴もない状態でしたが、派遣社員として大手企業内で働くことで「転職の際に有利になる職歴とスキル」を身に着け、その次の転職で「大手企業で働いていたという実績」を多くの転職先から評価され、キャリアアップの転職に成功することが出来ました

今回は私のブラック企業体験談(派遣社員編)について紹介しましたが、このような世界があるということも知っていただき、派遣社員という働き方を検討されている方は参考にしていただければ幸いです。

※筆者が派遣社員から大手企業に転職した経験をもとにオススメ転職サイト・エージェントについてまとめました

大手企業から内定をGETするためのオススメ転職サイトまとめ
この転職サイトのおかげで元警察官・元派遣社員だった私でも、売り上げ1兆円以上の大企業の正社員に転職成功することが出来ました。

【派遣から大手へ転職成功】「オススメ転職サイト・転職エージェント」を徹底レビュー!

2019年11月16日

※他にこんな記事もあります。

【警察のパワハラ体験談】パワハラ、長時間のサービス残業に苦しんだ警察官時代

2019年11月10日
信念

【大手に転職成功】きつい転職活動を乗り切る最大のコツは“成功させる信念”

2019年11月9日

【転職4回経験者】仕事が辛い時の解決方法について解説

2019年2月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です