環境を変えたい方必見!仕事が退屈に感じる原因と3つの対処法を徹底解説

仕事をしていて、ふとした瞬間に「仕事が退屈だ」と感じたことがある方は多いのではないでしょうか?

働いていて仕事に慣れてくることは大事なことですが、「今やっている仕事が退屈すぎて苦痛だ」と感じる場合には注意が必要です。

何故なら、仕事が退屈と感じる状態が続くと、その人の人生にとって悪影響を及ぼすリスクがあるからです。

この記事では、仕事が退屈と感じてしまう原因と、どんな悪影響があるのか、オススメの対処法について紹介します。

毎日仕事が退屈だと感じている人はぜひ最後まで読んでください。

※この記事を読むことで分かること

  • 仕事が退屈と感じてしまう主な原因
  • 退屈な仕事はその後の人生に悪影響しかない!
  • 仕事が退屈だと感じる人への3つの対処法
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

仕事が退屈に感じてしまう原因とは?

仕事が退屈

仕事が退屈でつまらないと感じる理由は人それぞれですが、主に以下の原因が考えられます。

日々の仕事内容が単純でつまらない

仕事が退屈と思ってしまう1番の原因は、そもそもの仕事内容が単純すぎるということです。

毎日決められた時間に決められた仕事をするだけなので、仕事を退屈に感じてしまうケースですね。

例えば、毎日決まった仕事をひとすら繰り返すような仕事は、次のステップに進む要素がないため、何も考えずとも無事に仕事を終わらせることができてしまいます。

一見うらやましいとも言える状況ですが、頭を使わずに毎日毎日同じ作業の繰り返しとなってしまうことで、仕事が退屈だと感じてしまいます。

そもそも担当している仕事が少なすぎる

会社ではそれぞれ仕事を割り振られ役割が与えられますが、担当している仕事が少なすぎるというのも、仕事が退屈と思ってしまう原因となります。

「自分はもっとできるのに」、「あまり信頼されていないのでは」等の不満を持つようになると、仕事に対するモチベーションも下がりますよね。

結果的に仕事に対して向上心が低下してしまい、仕事が退屈と思ってしまう大きな原因となります。

退屈な仕事を続けると悪影響しかない

疲れた人
仕事が人生に占める割合は3割と言われる日本では、退屈な仕事を続けると人生にも大きな悪影響を与えます。

今後の人生を豊かに過ごすためにも、仕事が充実しないことによって、人生にどんな悪影響を与えるのかを正しく理解しておくことはとても大切です。

得るものがないので人としての成長が止まってしまう

毎日の仕事が退屈と感じる状態が続いたら、人としての成長が止まってしまいます

仕事で成長したりスキルを身に着けるには、本気で仕事にぶつかって乗り越えていくことが重要です。

例えば、仕事に本気で取り組んでいる人は目が生き生きとしていませんか?

逆に仕事が退屈と感じている人は、死んだ魚の目をしているケースが大半です。

仕事から得るものがなく、なんとなく出勤して何となく過ごしてしまうことで人としての成長が止まり、向上心がなくなってしまうという事態に陥ってしまいます。

スキルが身に付かないのでリストラされたら絶望的

退屈な仕事は楽できるかもしれませんが、スキルが身に付かないため、仮にリストラされた場合に再就職が非常に難しくなります。

今の時代どんな会社でも倒産したり、いきなりリストラされるリスクはあります。

そんなときスキルが無いと再就職は極めて困難な状況になると言えるでしょう。

人生の選択肢を増やすという意味でも、退屈な仕事をずっと続けるのは人生にとって悪影響と言えるでしょう。

やりがいがないためプライベートにも悪影響が出てしまう

仕事が退屈と言う状況は、プライベートにも悪い影響が出ます。

仕事がうまくいっていないというマイナスの感情によって、落ち込んだりどんよりとした感情が常に頭のなかを駆け巡ってしまうのです。

心が満足していない状態が続くことで、体調を崩してしまったり、家族に冷たくしてしまったりと、今までうまくいっていたことにまで悪影響が出てしまう恐れがあります。

仕事が退屈に感じる人への対処法

アドバイス
仕事が退屈な原因を特定できたら、すぐに対策を練りましょう。

自分自身ですぐに改善できることなのか、それとも環境を変えなければいけないのか、どうしたら仕事に満足できるのかを考える必要があります。

最終的に転職も視野に入れながら、できる限り身近にできることから順番に対処をしていくことが大切です。

仕事に遊び心を取り入れてみる

仕事に熱中はできないけど、好きなゲームや好きなスポーツには熱狂できるという方は多いのではないでしょうか。

その応用として仕事にも遊び心を取り入れる要素がないか試してみるという対処です。

例えば、

  • お昼までに書類を完成できたらお弁当にデザートをプラスできる
  • 同僚と営業成績を競い勝ったほうがお酒を奢ってもらう権利をゲットできる

など些細なことで構いません。

ただなんとなく仕事をこなすよりは、自分自身で目標とご褒美を作るというのがポイントとなります。

ただし、自分ルールに楽しくなりすぎて、周りを巻き込んで迷惑をかけないように注意しましょう。

180度違う環境へ異動を試みる

勤務年数が多い人ほどオススメできる対処が「異動」です。

会社は好きだけど毎日同じ業務内容で自分自身のキャリアアップも望めないという方は特に、思い切って業務内容が異なる部署へ移ってみるというのも1つの手段です。

今までは何となく関わっていた他部署へ異動することによって、仕事内容や職場の人間関係が変わるため、新しい発見や刺激が見つかり、つまらなかった仕事に変化を加えることができます。

環境を変えることによって一時的な負担の増加や人間関係の再構築など大変なことも多いですが、少なくとも仕事が退屈という現状は改善出来て、新たなスキルが身に付く環境に進めるはずです。

思い切って転職してみる

仕事が退屈という状況を打破する最終手段が「転職」です。

自分でどうにもならず、異動をしても状況が変わらなかったら思い切って転職するというのも有効な選択肢となります。

今までの会社と違う環境に身を置くことによって、今まで知らなかった世界を知れたり、新しい会社で1からスタートをさせるという気分のリフレッシュにもなります。

もちろん転職が失敗するリスクもあるため、転職先は慎重に決めていく必要があります。

いきなり転職するのが不安な人は転職エージェントに相談してみる

マツロー
転職と言っても、いきなりやるのはリスクがあるのでは…

そうお考えの方もいると思いますが、そんなときは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントに相談すると、転職希望者の経歴やスキル、希望条件などにマッチした求人を多数紹介してもらうことができます。

実際に私もこれまで4回転職して毎回転職エージェントを利用していますが、自分のスキルや希望にあった優良企業の求人を多数紹介してもらい、無事ホワイト企業に転職成功することが出来ました。

転職エージェントはすべて無料で利用できますし、仮に内定をもらっても条件が希望に沿わなかった場合は、無理に転職せずに断ることも普通に可能です。

今どんな求人があるのか一度話を聞くだけでも、視野が広がるのでお勧めですね。

⇒【内定10社以上獲得】オススメ転職エージェント、転職サイト徹底レビュー

まとめ

やる気のある人
仕事が退屈に感じる原因と対処法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

単純な業務内容、少なすぎる業務、会社に対するモチベーションの低下などが原因となり、「仕事が退屈、つまらない」という感情になってしまうケースがほとんどです。

そんな状況が続くと人としての成長が止まるだけでなくプライベートにまで悪影響が出ます。

現状打破のための対策として、仕事に工夫を加えたり、異動や転職という手段もあります。

仕事が退屈というのはあまり周りに共感を得にくい苦しい悩みではありますが、少しでも前に進めるように、1度自身の環境を見つめなおしてみることをおすすめします。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

転職は世間体を気にすべき?転職4回の私が転職に向けたポイントを徹底解説!

2020年5月6日

会社を上司よりも先に帰りにくいと感じている人へ【考えを変える3つの解決策】

2020年5月5日
学歴フィルター

【大手企業転職体験談】転職に学歴フィルターは存在するか解説【元派遣社員】

2020年1月22日
信念

【大手に転職成功】きつい転職活動を乗り切る最大のコツは“成功させる信念”

2019年11月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です