社蓄はプライベートにも特徴がある!社蓄の特徴と脱却方法

マツロー
・勤続年数は長いけど給料が上がらない…

・残業が多く、職場の人間関係も良くない…

・自分は社畜なの?

毎日劣悪な環境で働き続けて、いわゆる「社畜」と呼ばれる状況になっているケースも少なくありません。

社畜の怖いところは

  • 職場環境が悪いにも関わらず、その状況に気づけない状態になっている
  • スキルアップやキャリアアップの機会を逃している

などが挙げられます。

そこで今回は、社蓄になりやすい人の特徴や、社蓄に該当するケースについて紹介します。

該当する方は、自分の状況や職場環境を見直し、職場や働き方を変えることも検討しましょう。

※本記事の内容

  • 社畜の特徴とは?
  • 社畜はプライベートにも特徴がみられる
  • 社畜を卒業するには、自分の経歴や希望に合う会社に転職する
  • 転職が不安な人は、転職エージェントに相談することが大切
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

社蓄の特徴

社畜

まず社蓄とはどのような状態なのか、社蓄になる人の特徴も合わせて紹介します。

自分が当てはまっていないかを確認しましょう。

忙しいことが美学

社畜は、「辛い状況で働くことが美学だ」と考えることが特徴です。

  • 仕事が忙しいからこそやりがいを感じられる
  • 忙しいということは会社から必要とされている
  • 忙しいからお金を稼げている

など、忙しいことを正当化する傾向があります。

しかし、忙しさに現実が伴っておらず、キャリアアップはせず収入アップも見込めない状況であるケースが多いです。

社蓄は、「仕事もプライベートも充実させている人がいること」や、「仕事に追われない方が楽しい人生を送れる」ということも理解しています。

しかし理解しながらも、自分の忙しさを美学だと言い聞かせ、正当化しているのです。

これは、自分を洗脳している状態だといっても過言ではありません。

退職しない

社畜になると、退職しないことも特徴です。

社蓄になると仕事に対する考え方が変化します。

具体的には、

  • 会社のために働くことがやりがいである
  • 今の会社に人生を捧げるのだ

という意識が強くなります。

同時に、「自分が退職することで会社にも同僚にも迷惑がかかる」と考えるようになってきます。

また職場を辞めることで、

  • 次の就職先が決まらないかもしれない
  • 次の職場はさらに悪い環境かもしれない

という不安を抱き、不安から目を背けるために「どこの会社も同じだ」と考え、社蓄のまま働き続けます。

不安を抱きながらも不安な気持ちから目を背け、諦めて働き続けることで立派な社畜になっていき、その状態が続くと退職したいという気持ちすらなくなります

もちろん社畜でも会社に対して不満はありますが、不満の矛先を「会社」にぶつけるのではなく、周囲に話すことでストレスを発散するケースが多くなってきます。

異常な状況に気付けない

1つの職場でしか働いたことがない場合、職場環境が異常なことにも気付かないケースが多いです。

そのため、自分の職場が異常なのかどうかを判断することから始めましょう。

「異常」といえる会社の条件として、主に以下の4つの特徴が挙げられます。

  • 社長や親族が「絶対」とされる会社
  • 上司や先輩の人間性が社会人として問題がある
  • 自分の担当でない業務を押し付けられる
  • サービス残業が当たり前になっている

特に上司や経営者の人間性については注意が必要であり、状況を打破しようと声を上げても聞き入れられない可能性があります。

社蓄のプライベートの特徴

会社の悩み

社蓄の特徴は、会社や仕事に対する考え方や姿勢だけではなく、プライベートにも特徴があります。

「自分は社蓄ではない」と考えている人でも、実は社蓄であったり予備軍だったりというケースは少なくありません。

そのため以下に該当する人は、社畜予備軍になっている可能性があるので注意が必要です。

  • 休日や勤務時間外でも仕事のことを考えている(仕事している)
  • 接待に参加する頻度が高い
  • 上司と同じ趣味を持つようにした
  • 次の日の仕事に備え体力を温存する
  • 休日も仕事をしていないと精神的に落ち着かない

特に、急用ではない仕事を自宅に持ち帰っている場合、自覚はなくても社蓄になっている可能性が高いといえるでしょう。

マツロー
私もかつてブッラク企業で働いていた時は、家に仕事を持ち帰って仕事をしないと精神的に落ち着かない状態になっていました…

その他、休日も同僚や上司と一緒に過ごしているということも社蓄の特徴の1つです。

貴重な休日を接待や会社のサークルなどに使ってしまい、家族や友人などと過ごす時間がなくなります。

プライベートで見られる社畜の特徴は、社会人になればある程度起こりうることです。

しかし「会社や仕事関係の人とだけ関わっている」、「プライベートな時間も持ち帰った仕事をしている」という場合は、一般的な社会人とは異なるため注意が必要です。

社蓄を脱するには転職する方法が有効

岐路

「家族のため、生活のために仕事をしている」という人も多いでしょう。

その場合、労働環境の良い別の会社へ転職して社蓄を卒業するという方法が有効です。

ホワイトな企業に転職すれば、いかに自分がこれまでブラック企業で苦しめられてきたかが分かります。

これまでの経験や身に付けたスキルを活かすことによって、仕事もプライベートも充実させられる可能性があるのです。

転職を成功させるには転職エージェントを活用する

交渉

ホワイト企業への転職を成功させるには転職エージェントの活用が必須です。

なぜなら、自分一人での転職活動は「見つかる求人」と「探せる企業の情報」に限界があるからです

一方、転職エージェントを利用すれば以下のようなサービスが無料で受けられます。

  • 自分のスキルや経歴、希望条件にマッチした優良求人を紹介してもらえる
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 自分ではしにくい年収交渉が代理でやってもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる
  • 転職で不安な点は何でも相談に乗ってもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、うまく活用しないのはとてももったいないですね。

実際に私も4度の転職で利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

転職エージェントに相談して一刻も早く転職してしまいましょう。

まとめ

解放感

社蓄として働き続けると「仕事以外の時間を犠牲にしたり、正当に評価されずキャリアアップできずに給料も上がらなかったり」と、人生の時間を無駄にするリスクがあります。

もしあなたが以下のポイントに当てはまる場合は注意が必要です。

  • 職場環境が悪いことに気づいている
  • 自分は社蓄かもしれないと考えている
  • 社蓄の特徴に当てはまっている

仮にあてはまる場合には、「自分の性格、希望する働き方」にマッチする職場への転職を検討しましょう。

※他にこんな記事もあります。

30代で手取り20万は低すぎる?30代の平均年収や収入を増やす3つの方法

2020年5月30日

「仕事を辞めたいけど生活できない…」人へオススメの3つの対処法

2020年5月24日

正社員なのに基本給が上がらない原因は?収入を増やして現状を打破しよう

2020年5月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です