潰れる会社の社長・社員の特徴は?前兆が見えたら早めに転職活動をしよう

マツロー
うちの会社最近かなり業績悪いけど、もしかして潰れないよね?

今回はこんな疑問を解決します。

倒産しそうな会社には「社長」と「社員」のそれぞれに特徴があります。

さらに、倒産する会社の前兆についても解説しますので、自分が働いている会社は怪しいと感じている人はぜひチェックしてみてください。

※この記事を読むことで分かること

  • 倒産する会社の特徴とは?
  • 倒産する会社の特徴は「社長」と「社員」で分かる
  • 倒産する会社の前兆を知っておこう
  • 倒産の前兆に気づいたら、早めに対策を取ることが重要
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

潰れる会社の特徴は「社長」と「社員」で分かる

倒産して落ち込む会社員

いくら黒字経営していたり、銀行から厚い信頼を受けていたとしても、社長や社員の様子から「この会社、潰れるな」と判断できることがあります。

ここではまず、潰れる会社の特徴を「社長」と「社員」に分けてみていきましょう。

潰れる会社の社長

潰れる会社のトップである社長の特徴は、おもに次の通りです。

  • ワンマン経営
  • 数字に弱い
  • 現場を知らない
  • 経営理念などがない
  • リーダーシップが欠けている

社長とは、その会社のすべてであり、社長の一言で会社の方向性が決まる大切なポストです。

そんな重要な役割を担う社長が、独断ばかりでビジネスを推し進めていると、突然周囲や取引先からの信頼を失い倒産するリスクがあります。

悲しいことに、こうした社長は自分が「会社を潰す可能性がある」とは気づいていません。

そのため、そんな会社で働いている社員は、自分で会社の経営が危ないのか否かを見極めて行動していく必要があります。

⇒ワンマン社長に悩んだ体験談と対処法

潰れる会社の社員

次に、潰れる会社で働いている社員の特徴です。

  • 挨拶ができない
  • 対応が悪い
  • 常に会社の悪口を言いふらしている人が多い
  • 転職活動を進めている人が多い
  • 服装や言葉遣いが乱れている

会社を倒産させてしまう社長のもとで働いている社員は、全体的に士気が下がっている傾向にあります。

上記のような特徴を持った同僚が多い職場で働いている場合には、今すぐに転職することを考えましょう。

もしも自分がこの特徴に当てはまっている場合も同様に、早めに転職活動に踏み切ってください。

士気が下がった状態で働いていると周囲のやる気まで奪ってしまうからです。

会社に対して何か不満がある人は、転職して新しい労働環境でリスタートしましょう。

潰れる会社の前兆は?しっかりと見極めて早めの対策をしよう

不安

潰れそうな会社には、前述の社長と社員以外にも、会社としての前兆があります。

このサインを見逃さず、いよいよヤバイ状況になったら行動できるように準備しておくと良いでしょう。

幹部社員たちが退職し始める

幹部社員が徐々に退職し始める状態は、会社が倒産する寸前だといえます。

なぜなら、幹部社員は会社の経営がよく見える立ち位置にいるからです。

会社が経営不振に陥り、そのまま共倒れするのを待っている幹部社員は少ないでしょう。

みんな、会社が倒産する前に転職して自分の身を守ろうとします。

また、幹部社員と同じくらい会社の状況を把握できる部署は経理部です。そのため、経理担当者などが退職し始めることも同じことといえます。

給与の未払いが発生してくる

経営がうまくいかなくなれば、社員の給与だって支払えなくなります。これまではなんとか支払っていた会社も、給与の振り込みに遅れが出始めたらかなり危険です。

なお、仮に経営が危なくなくても、給与の未払いや支払いの遅れがある会社は確実にブラック企業だといえます。

どちらにしても、あなたにとって最適な職場とは言えませんので、すぐに転職しましょう。

社長の外出が増える

これまでは商談や取引などで外出していた社長が、それ以外にも頻繁に外出するようになった場合も会社が潰れる前兆だといえます。

倒産前の会社の社長は、銀行の資金繰りに忙しかったり、倒産前に弁護士に相談したりする件で外出が増えるのが特徴です。

社員が外出の用件を聞いても、上手くはぐらかされることもあるので注意しましょう。

「この会社は潰れるかも」と思ったら今すぐ転職活動を始めよう

アドバイス

会社が倒産しそうと気づいたら、自分の生活を守るためにも急いで転職活動を始めましょう。

潰れそうな会社で働いていても、一社員であるあなたがどうにかできる問題ではありません。

「これまで働いてきた会社だから諦めたくない」と考えることもあるかもしれませんが、スッパリと諦めることが大切です。

転職を成功させるには転職エージェントや転職サイトを活用することが重要

交渉
転職を成功させるには、転職エージェントや転職サイトを上手く活用することが重要です。

例えば、転職エージェントに相談すると以下のサービスが無料で受けられます

  • 自分の経歴や希望に合った優良求人を紹介してもらえる
  • 職務経歴書の書き方や面接の指導
  • 転職先企業との年収交渉を代理でしてもらえる
  • 選考経過のフォロー
  • 面接で聞きにくかった質問を代理で聞いてもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、活用しないのは非常にもったいないですね。

私も4度の転職で転職エージェントを利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

急を要する場合に個人で転職活動をすると、「とりあえずどこでもいいや」と中途半端に活動してしまい、ブラック企業に転職してしまうリスクが高まります。

プロの専門家に相談して、あなたの理想に合った求人を紹介してもらいましょう。

まとめ

周到な準備

この記事では、潰れるかもしれない会社で働いている社員へ向けて、潰れる前兆と対策をご紹介しました。

この場合の対策はたった1つ、転職するしかありません

ただ売上が下がってしまっただけならば、社員一丸となって働けば回復することもありますが、前兆が見え始めている場合には社員が何をしても無駄です。

早めの転職活動をして、自分の身を守る行動をとってください。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

【4つの対処法】仕事のストレスが原因で思考停止に陥っている人へ

2020年5月21日

【会社で仕事を任せてもらえない…】仕事を振りたくない人の特徴と「任される人」になる方法

2020年5月21日

仕事が難しい、ついていけない原因とは?解決方法も紹介

2020年5月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です