毎日怒られてばかりで会社辞めたい…と悩んでいる人の特徴と3つの解決法

マツロー
仕事に行くと怒られてばかりで辛い…会社を辞めたいな…

と考えてしまう人もいるかもしれません。

大人になると注意を受けることはあっても、怒られることは少なくなります。自分に原因がある場合には改善する必要がありますが、自分に原因がない場合でも怒られてしまう人がいるのも事実です。

この記事では、いつも怒られてしまう人の特徴や解決法をご紹介します。辞めたいと考えている人は参考にしてくださいね。

※この記事を読むことで得られるメリット

  • いつも仕事で怒られている人の特徴とは?
  • 怒られる原因があなただとは限らない
  • 怒られてばかりで辞めたいと悩んでいる人への3つの解決方法
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

仕事で怒られてばかりいる人の特徴

怒り
はじめに、いつも仕事で怒られてばかりだという人の特徴を考えてみましょう。

いつも同じミスを繰り返してしまう

1度や2度のミスでは「次は気をつけてください」などと注意を受けるだけで済むことが多いでしょう。しかし、それ以上に何度も繰り返して間違えていると「本当に直す気はあるのか?」と相手も不信感を抱きます。

このように、何度も同じミスやケアレスミスなどを繰り返している人は、周囲よりも怒られてしまう回数が多いかもしれません。

ここで勘違いしてはいけないことは、ミスをすることが悪いのではないということです。仕事で間違えてしまった場合に「次に同じミスをしないようにするためには、どう行動するべきか」と考えることが重要といえます。

この考えが足りていないと、何度も同じことを繰り返してしまう可能性があるため、まずはミスをしないように工夫をすることが先決です。

コミュニケーションが苦手

職場の人と上手くコミュニケーションが取れない人も、仕事の報連相ができておらずに怒られてしまうことが多いです。相手に必要な情報を、必要な時に伝えることができなければ仕事に支障が出てしまいます。

伝達事項の漏れがあったり、周囲との連携が取れないとスムーズに仕事を進めることができないばかりか会社に損失を与えたり、最悪災害を起こしてしまうこともありえます。

こうした、人との連携が上手く取れないことで怒られてばかりだと悩んでいる人もいるでしょう。

上司から期待されている

大したミスではないのにいつも同じ上司から怒られる場合、その上司から期待されていることが考えられます。その上司はあなたに対して「少しのミスでも注意して覚えてもらいたい」「仕事ができるようになってもらいたい」などの思いがあり怒ってしまうのです。

「もっと優しく教えてくれてもいいのに…」と思ってしまうところですが、そもそも期待していない相手には怒らないという人も多いため、「自分のために言ってくれている」と考えを変えることでストレスを軽減できるでしょう。

怒られている理由があなただとは限らない

自分は悪くない
前述では、怒られてばかりいる人の特徴をご紹介しましたが、あなたが原因で怒られているとは限らないことがあります。具体的には次のような状況です。

  • どう考えても仕事量が多すぎて、自分ではこなせない状況になっている
  • 上司がストレス発散をする相手に選ばれてしまっている など

こうした理由で怒られている場合には、パワハラを受けているとも考えられます。自分がパワハラだとは思っていなくても、精神的に追い詰められている状態はパワハラと言って良いでしょう。

こうした場合は、相手の怒りを正面から受け止めず誰かに相談することをおすすめします。パワハラは理不尽な仕打ちのため戦わなくて良いのです。

まずは、パワハラなのかを見極めるために怒られている原因が何かを明確にしましょう。なお、怒られている原因が自分にあったとしても、必要以上に叱責したり暴行を受けたりしている場合もパワハラに当たります。無理をせず誰かに相談してください。

「上司が嫌いすぎてもう限界…」そんなあなたが今すべき3つの解決策

2020年5月5日

「怒られてばかりで辞めたい」と悩んでいる人へ3つの解決法

悩みの解決方法
最後に、「毎日怒られてばかりで辛い…辞めたい」と悩んでいる人の解決法をご紹介します。

仕事のプロセスを見直す

まずは、仕事のプロセスで見直しができる部分がないかを検討しましょう。冒頭でもお話ししましたが、同じミスを何度も繰り返してしまうと、それだけ怒られる回数が増えてしまいます。何度も失敗しないために、改善できる場所はないのかを徹底的に考えてみてください。

例えば、仕事の納期にいつも間に合わなくて怒られてしまう人は、卓上カレンダーなどに納期を書き出してみましょう。常に視界に入る卓上カレンダーで管理すれば、納期への意識を強めることができます。

また、納期から逆算して「いつから作業を始めれば間に合うのか」を明確に考えることも可能です。このような仕事のプロセスを見直すことで、同じミスを減らすことができますよ。

コミュニケーションを図るために挨拶を徹底する

コミュニケーションが苦手という人は、挨拶を徹底することをおすすめします。簡単にできる相手とのコミュニケーションといえば「挨拶」ですよね。仕事でおこなう挨拶は「おはようございます」「お疲れ様でした」などですが、これらを「明るく」「はっきり」と言うだけで自然とコミュニケーションが取れるようになります。

いつも怒られてばかりいると萎縮してしまう人が多いです。挨拶もだんだんと小さな声になり、余計にコミュニケーションが図れずに仕事でミスをします。そうならないためにも、簡単にチャレンジできる挨拶から始めてみましょう。

自分のせいではないのに怒られてばかりいる人は転職しよう

明らかに自分のせいではないのに毎日怒られている人は、早急に転職しましょう。このまま働き続けても良い事はありません。最悪の場合、うつ病などの精神疾患になってしまうリスクもあります。

もしも、転職に不安を感じていて行動できないのなら転職エージェントに相談するのも1つの手段です。転職エージェントはまさしく転職のプロですから、転職に関する悩みはすべて相談できます。転職する際の心強い味方ですので、ぜひ活用してください。

私はこれまで転職を4回していますが、自分を正しく評価してくれる会社は世の中に必ずあるので、ぜひ転職を検討してみましょう。

⇒【体験談】年収を最大500万円アップさせた筆者の転職戦略

⇒【内定10社以上獲得】オススメ転職エージェント、転職サイト徹底レビュー

「仕事で怒られてばかりで辞めたい」と悩む人へ

怒られないよう工夫しよう!
この記事では、毎日仕事で怒られてばかりで辞めたいと悩んでいる人の特徴と解決法をご紹介しました。

自分が原因で怒られている場合には、自分の非を認め改善する必要があります。仕事のプロセスを見直したり、周囲と上手くコミュニケーションを図ったりと、改善すれば怒られなくなるはずです。

しかし、怒られている原因が自分ではない場合、転職を視野に入れて行動しましょう。

毎日のように怒られることは精神的に大きなダメージですので、解決法を試してみてください。

※他にこんな記事もあります。

【日曜日の憂鬱な気分で悩んでいる人へ】気持ちを楽にする5つの方法

2020年4月29日
不安

仕事が評価されないときは転職すべき?ストレスなく働くために大切なこと

2020年1月30日

【体験談】派遣、中小企業から大企業に転職したら人生変わった話【ポイント解説】

2019年2月10日

【転職4回経験者】仕事が辛い時の解決方法について解説

2019年2月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です