【体験談】正社員と派遣社員のメリット/デメリットは

どうもマツローです。

今回は正社員と派遣社員のそれぞれのメリット、デメリットについて書いていこうと思います。私は公務員退職後に「派遣社員」として働いていた経験がありますし、その後「大手企業の正社員」としても働いていた経験があるためそのときの互いに感じたメリット/デメリットについて紹介していきます。

この記事を読んで得られること
・派遣社員として働くことで得られるメリットとは?

・正社員として働くことで得られるメリットとは?

・プライベートの時間を充実させたい人は派遣社員、給料面を充実させたい人は正社員が向いている?

派遣社員のメリット/デメリットについて

私はかつてアウトソーシング会社の社員として某メーカーに派遣されて働いていた経験があります。アウトソーシングとはいわゆる技術派遣のことで、大手メーカーのオフィスに派遣されて、派遣社員としてメーカーの正社員の人たちと一緒に仕事をする人たちのことを指します。

私の場合は某自動車メーカーのオフィスに派遣されてそこで自動車部品の設計関係の業務を行っていました。派遣社員とは言いますが、オフィス内では席も正社員の人たちと同じように用意されていますし、もちろん普段の業務も正社員の人と一緒になって行います。

また歓迎会もしてもらえますし、飲み会などのイベントも正社員の人たちと一緒に行ったりします。正社員の人とは社員証こそ異なりますが、スーツ姿であればぱっと見、正社員の人か派遣社員の人か見分けがつかないくらいの感じですね。

私が派遣社員として働いていた中で感じたメリットは主に以下の通りです。

派遣社員で働くメリット

  • 大手企業のスキルを身に着けることができる
  • 勤務管理も大手企業に準じるため、サービス残業などなく勤務環境が良い
  • 仕事に対する責任が正社員の人ほど重たくはない
  • 比較的簡単に自分の希望する部署に派遣先を移動することができる
  • 有休等が比較的取りやすかったり、残業がそこまで多くないため、プライベートの予定を立てやすい

まずは大手企業の中に入って高度なスキルを身に着けることができるという点が大きなメリットであると思います。通常は大手企業の内部で働いてスキルを吸収するという事はなかなか簡単には出来ませんが、派遣社員であれば大手企業の中で仕事をすることが出来るため高度な知識やスキルを吸収することが可能となります。

他では、仕事に対する責任が正社員の人に比べると軽い傾向にあるため、重い責任を背負うのが苦手でほどよい責任感の中で働きたいと考えている人にはオススメです。また社員の人と比べて休みが取りやすかったり、残業がそこまで多くなかったりするため、自分のプライベートの時間を大切にしたい人には向いているのではないかと思います。

また派遣先を自分の希望で変更することも可能なため、いろいろな派遣先でたくさんの知識やスキルを吸収できるチャンスも多いのではないかと感じました。

次に派遣社員として働いていて感じたデメリットですが、

派遣社員で働くデメリット

  • 給料が低い傾向にある
  • 不況になると仕事が無くなるリスクがある
  • 雑用やお手伝い的な仕事をやることもある

デメリットとしてはまずは給料が低い傾向にある点が挙げられます。大手企業側から見ると「派遣社員」+「派遣元会社(アウトソーシング会社)」に給料を支払っていることになるため、どうしても派遣社員の人自体の取り分は減る形となり給料が一般的に低くなってしまう傾向があります。

また考えておかないといけないリスクとして、不況時に仕事がなくなってしまうという恐れがあります。以前日本でリーマンショックが起こった際も社会問題となりましたが、派遣社員として大手メーカーで働いていた人の多くが不況により仕事が無くなってしまうということがありました。現在の日本は好景気のためあまり表沙汰になっていませんが、万が一大不況が訪れたら仕事が無くなってしまうかもしれないというリスクは考慮しておく必要があると思います。

また仕事内容がどちらかというと正社員の人のお手伝い的な側面もあるため、時には雑用的な仕事をやることもあって仕事に対して面白味を感じにくいと思うこともありしました。

正社員のメリット/デメリットについて

次は正社員のメリット/デメリットについて紹介していきます。

正社員で働くメリット

  • 責任はあるが大きな仕事をできるチャンスが多い
  • (派遣社員と比べて)給料が高い傾向にある
  • 退職金などもしっかりでる場合が多い
  • 業績が安定している会社なら、仕事を失うリスクが(派遣社員と比べて)低い
  • 福利厚生が充実している
  • ローン等の審査が通りやすい傾向にある

正社員といってもかなり範囲があるため、実際に私が働いていた大手航空機メーカー時代の経験を基に書いています。まずは大きな仕事を行えるチャンスがあるという点がメリットであると思います。正社員であれば自分で主導的に仕事を進めていく必要があり、ある程度は自分の好きな方法ややり方で仕事を行える点と、大きなプロジェクトを任されることもあり仕事に対してやりがいを感じやすいのではないかと思います。

また金銭面では(派遣社員と比べて)給料が高かったり退職金がしっかりもらえたりする点も正社員のメリットであると思います。その他福利厚生も充実しており、車の保険に通常よりお得に加入出来たり、会社が所有する施設を安い値段で利用出来たりというメリットもあります。

また派遣社員の人とは逆に不況時でも簡単に仕事が無くなるリスクが低いという点もメリットのように感じます。

次に正社員として感じるデメリットですが

正社員で働くデメリット

  • 責任の重い仕事を行わなくてはならない
  • 場合によっては長時間残業もしなくてはならない
  • トラブルがあると休みの日も出勤したりすることもある

やはり大きな仕事を任せられるという事はそれだけかかる責任も多くなるため、仕事のプレッシャーも自然と強くなります。またどうしても行う仕事量が多くなる傾向があるため、残業時間が増えがちであったり、トラブルが起きた場合に解決するまで帰れなかったり、休日も急きょ出勤してトラブル対応しなくてはならない場合もありました。

 

まとめ

これまで「派遣社員」、「正社員」として働いた場合のそれぞれのメリットとデメリットについて書いてみました。これは私が実際に働いてみて感じたことを書いているだけですので、必ずしも絶対にこうだという事はありませんが、傾向としては上記で紹介したことに近いのではないかと思います。

給料は安くてもプライベートの時間を大切にしたいと思う人は「派遣社員」いい給料がもらえて仕事にやりがいを感じたいと思う人は「正社員」で働いた方が合うのではないかと思います。どちらで働く場合でもメリットとデメリットはあると思いますので自分の価値観に合うと思う方を参考にしていただければ幸いです。

転職方法の始め方でお悩みの方は以下の記事に分かりやすくまとめてありますのでぜひ参考にされてみてください。

※筆者が派遣社員から大手企業に転職した経験をもとにオススメ転職サイト・エージェントについてまとめました

大手企業から内定をGETするためのオススメ転職サイトまとめ
この転職サイトのおかげで元警察官・元派遣社員だった私でも、売り上げ1兆円以上の大企業の正社員に転職成功することが出来ました。

【派遣から大手へ転職成功】「オススメ転職サイト・転職エージェント」を徹底レビュー!

2019年11月16日

※こんな記事も書いています。

【体験談】派遣から大手の正社員に転職するために実践したこと

2019年2月2日

【体験談/面接対策】派遣社員から正社員への転職を成功させる転職理由とは

2019年1月4日

【体験談】元派遣社員が大手企業のメリット/デメリットについて徹底解説

2018年10月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です