「上司が嫌いすぎてもう限界…」そんなあなたが今すべき3つの解決策

マツロー
「仕事を部下に押し付けてきてイライラする」
「本当に上司のことが嫌いでもう限界かも…」

こんなストレスを感じながら無理して働いていませんか?

普段の仕事で上司へのストレスが限界にきている社会人は多いでしょう。

上司とは、ただそこにいるだけで威圧感があり緊張する存在ですよね。給料に見合った働き方をしてくれていれば良いですが、多くの部下は「これしか仕事しないで、自分たちよりも高い給料をもらっている」と思っていることでしょう。

この記事では、上司のことが嫌いすぎて限界を迎えている人へ3つの解決策をご紹介します。

※この記事を読むことで分かること

  • 退職理由の1位は「上司、経営者の仕事の仕方に不満があった」で、多くの人が上司に不満を持っている
  • 「上司が嫌い過ぎて限界の人」がとるべき3つの解決策
  • 部署移動などが簡単にできそうにない場合は、自ら転職も検討するのもアリ
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

上司が嫌いすぎて限界を感じている人は多い

ストレスで悩む人
ストレスを周囲に与えるダメ上司にもさまざまな種類がいます。

  • 指示がコロコロと変わる
  • 雑談や冗談が言えないほどに堅い性格
  • 仕事を部下に押し付けてくる
  • 仕事で失敗をしたら責任を取るどころか、部下のせいにする
  • パワハラ、セクハラなどのハラスメントをしてくる
  • 飲み会の誘いが多い など

転職サイト「リクナビNEXT」の「転職理由と退職理由の本音ランキングBest10」によると、退職した本当の理由は「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」が一番多いことがわかりました。

上司に退職したい意思を伝える際に「あなたのことが嫌いだった」とは伝えられないため、多くの人が建前の理由を作って退職しています。それほどまでに、上司のことが嫌いだと感じている人は多いのです。

上司は上司でも、直属の上司の場合には基本的に毎日顔を合わせるため、ストレス値が限界を突破している人も珍しくはないでしょう。そのまま我慢して働き続けると後悔することになるため、次にご紹介する3つの解決策を試してみてください。

「上司が嫌いすぎて限界…」そんなあなたが今すべき3つの解決策

アドバイス
それでは、上司が嫌いすぎて限界を迎えている人がすべき3つの解決策をご紹介します。

仕事上の関係だと割り切って必要最低限しか接しない

「上司はこういう人だから仕方ない」「仕事をしに来ているわけで、別に上司と仲良くする必要はない」などと割り切ってみましょう。上司との関係を割り切れれば、必要最低限接することで事足りるはずです。

例えば、上司との間に雑談がなく気まずい沈黙があるとします。そこで無理に会話をせずとも「仲良くしに来ているわけではない」と思い込み割り切りましょう。きっと上司の方は「気まずい」などと感じていないかもしれません。

会社の人と関わりたくない時の対処法!社内編/社外編を紹介

2020年5月17日

ただし、本当に精神崩壊するほどの限界を迎えている人はこの方法では弱いでしょう。「そんなのとっくに試したよ」という人は残りの2つを試してくださいね。

人事権のある部署に相談して異動させてもらう

嫌いな上司の下で働くことにストレスを感じているのなら、人事権のある部署(多くの場合は人事部など)に相談して異動させてもらいましょう。仕事をする部署が違えば、会社内で出くわすことはあっても一緒に仕事をする機会は激減するはずです。

たまに他部署との連携で嫌いな上司と会話することになっても、毎日のストレスからは開放されます。人事部などに相談する際には、もうこのままでは限界だということをはっきりと伝えましょう。

マツロー
でもうちの会社は中小だから移動できる部署がない…

職種的に他の部署に行くのは難しい…

社会人の中にはそういう環境で働いている人もいますよね…

そういう事情がある方は次の解決法をオススメします。

転職して二度と会わないようにする

上司の顔も見たくないほどに重症な場合には、もう転職するしかありません

例え部署移動したところで同じ会社の社員なので、まったく顔を合わせないということは難しいでしょうし、会社環境によっては簡単に部署移動できない可能性もあります。

そこで、転職してしまえば今後会う必要は一切ありませんよね。嫌いな上司を転職させることはできませんので、自分が行動するしかないのです。

転職する際の基本的な流れとして、はじめに直属の上司に伝えることがマナーです。しかしその上司のことが嫌いすぎて話もしたくないという場合には、上司の上司・社長などに伝えても良いでしょう。

それでも退職するストレスに耐えられないという人は、自分にストレスが一切かからずに退職できる「退職代行」を使うのも一つの手段です。退職代行は、「退職します」という宣言から手続きのすべてを代行してくれます。自分で面と向かって退職の意思を伝えずに済むというわけです。

⇒¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

 

また、転職する際には「転職エージェント」に相談して、次の会社の社風などを調べてもらったうえで転職することをおすすめします。社風以外にも残業時間や給与条件など、個人では把握できない多くの企業情報を確認することができます。

⇒【内定10社以上獲得】オススメ転職エージェント、転職サイト徹底レビュー

ストレスを抱えたまま働くことは最悪の結果を生むことになる

メンタル崩壊
多大なストレスを抱えたまま働き続ければ、最悪の場合「うつ病」になる可能性があります。

幸い、日本には数えきれないほどの会社があり、転職もスムーズにできる時代です。毎日のように嫌いな上司に会ってストレスを感じていると、休日などのプライベートな時間まで上司の顔がチラつくようになり心も体も休めません。

仕事とは、プライベートを満喫するためのお金を稼ぐ手段の一つです。我慢の限界を迎えている人は転職して心機一転しましょう。

「上司が嫌い過ぎて限界の人への解決法」まとめ

チャレンジ!
今回は、「嫌いな上司と毎日のように接して限界…」という人へ向けて、今すべき3つの解決策をご紹介しました。

ただ上司のことが嫌いで悩んでいる人への解決策はたくさんありますが、限界を迎えている人はこの3つが最適です。最終的には、どんなに上司のことを嫌いだと思っていてもその上司のことは変えられません。他人は変えられないのだと理解して、自分の行動で環境を改善していきましょう。

また、人間関係が理由で転職することに抵抗を感じる人も多いですが、決して恥ずかしい理由ではありません。転職活動の際にどう対策すればいいのか、転職エージェントと相談しながら決めていきましょう。

⇒転職で10社以上内定GETした筆者がオススメの転職エージェント、転職サイトを紹介します!

※他にこんな記事もあります。

毎日怒られてばかりで会社辞めたい…と悩んでいる人の特徴と3つの解決法

2020年5月1日
35歳からの転職

【35歳の転職は厳しい?】30後半で年収を上げることに成功した転職体験談

2019年11月6日

【体験談】派遣、中小企業から大企業に転職したら人生変わった話【ポイント解説】

2019年2月10日

【転職4回経験者】仕事が辛い時の解決方法について解説

2019年2月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です