【円満退職の3ステップ】常に人が足りない会社を辞める方法

マツロー
人が足りていなくて毎日山のように仕事がある…辞めたい

こんなことを考えながら毎日忙しく働いている人も多いのではないでしょうか。

しかし、責任感が強い人に限って「自分が辞めてしまうと、周囲に迷惑がかかる」と思い込んで辞められずにいます。

結論から言うと、

人が足りていない状況はあなたのせいではなく、すべて会社の責任です。

だから、あなたが気にして人生の時間を無駄にする必要はありません。

この問題を解決するためのたった1つの解決策は速やかに退職することです。

この記事では、人が足りていない会社をスムーズに退職する方法をご紹介します。

※この記事を読むことで分かること

  • 常に人手不足の会社は経営破綻の恐れがある
  • 忙しい会社をスムーズにやめるための3ステップ
  • 引き止めに合わないためには、「退職する」という強い意志表示が大切
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

常に人が足りない会社は辞めるべき

残業ばかりできつい
常に人手不足の会社を辞めたいが、「自分が辞めたら周りが困る…」と責任を感じて辞められない人もたくさんいるはずです。

しかし、人手不足なのは決してあなたの責任ではありません

人手が足りていないのは完全に会社が悪いのです。

業務改善がされていないことや従業員を大切にしてこなかった結果、どんどん人が辞めてしまう事態になっています。

そして「自分が辞めたら周囲が困る」というのはあなたの勘違いです。

もしもあなたが退職したら、またあなたの代わりになる人を探して、何事もなかったように仕事は進んでいきます。自分がいなくても困らないと考えを改めて、気にしないのが一番です。

会社はあなたを決して守ってくれないので、自分の身は自分でしか守れません

人手不足が原因で激務になり体力が保たないという人は、今すぐに辞めましょう。

常に人が足りない会社をスムーズに辞める方法

ポイント
人手不足な会社は辞めづらいと感じるかもしれませんが、スムーズに退職する方法があります。

次からステップに分けて説明しますね。

ステップ1:できるだけ早く退職意志を伝える

最初にすべき行動は、できるだけ早く退職の意思を会社に伝えることです。

そうすれば会社側も後継の人を探す時間に余裕が出来ます。

マツロー
今の忙しい時期に、自分が辞めたら周りに迷惑がかかるのでは?

こう思う方もいるかもしれませんが、つらいのに我慢して働いていると、あるとき急に限界が訪れて突然会社を辞めることになります。

実際のところ急に辞められる方が会社にとっては迷惑です。

早めに退職意思を伝えていれば、会社も準備ができるため、両者にとって最善の方法といえます。

なお「退職意思の伝え方」は以下の注意があります。

注意!
会社に退職を伝えるときは「相談」ではなく「確固たる意志を伝える」ことを意識しましょう。

「退職を考えているのですが…」と相談形式にしてしまうと必ず引き止められてしまいます。

完全に退職する決意を伝え、「引き止められても無駄だ」という強い意志表示をしましょう。

なお、退職を引き止めるのは違法のため、応じなくて大丈夫です。

ステップ2:本当の退職理由は伝えなくても良い

退職したい本当の理由は「人手不足が続いていてもう限界」という場合、それを伝えると「人員を増やすから辞めないでくれ」と引き止めらる可能性があります。

しかし、人員不足が長く続いている場合、人員を導入しても長くは続かずにまた人手不足の状態に戻ってしまう会社が多いです。

この場合、本音と建前は分けて考えましょう。実際に辞めたい理由を正直に伝える必要はありません。

【本音の退職理由】

・毎日人手不足でもう限界…

・人を増やすって言って、全然増えないじゃん…

【建前の退職理由】

・家庭の事情で引越しが決まったので退職したい

・ほかにやりたい仕事ができたので退職したい
など

もっともらしい「個人的な理由」を退職理由として用意しておきましょう。

ただし、「結婚して引っ越す」などの嘘は避けてください。なぜなら、会社側からお祝いが送られてきてしまう可能性があるからです。

ステップ3:会社が納得したらしっかりと引き継ぎをしておく

退職することが決まったら、しっかりと後任者に引継ぎしておくことをおすすめします。

ただでさえ人手不足で多くの従業員が苦しんでいるため、自分が退職した後でも後任者がしっかりと仕事をしてくれるように、教育をして円満退職できる環境を整えておきましょう。

もしも、自分が退職するまでに後任者が見つからず自分の仕事を引き継げない場合には、誰が読んでも分かるようなマニュアルを作成しておくのも1つの手段です。

【たった1つの解決法】人員不足が深刻化しているなら転職しよう

前向きな行動
前述の通り、人員不足が深刻化している会社は、この先も問題が解決されることはほとんどありません

そもそも会社とは経営が悪化すると、多くの場合は人件費から削ります。そのため常に深刻な人員不足の場合には、会社の経営が破綻寸前というケースも考えられるのです。

そんな会社は一刻も早く転職して自分の身を守りましょう。

転職するときには転職エージェントに相談して、自分にあった求人を急いで探してもらうことをおすすめします。

転職エージェントに理想の求人を紹介してもらう

転職エージェントに相談すれば、自分の希望や経歴、性格にあった優良企業を多数紹介してもらうことが出来ます。

マツロー
転職先もブッラク企業だったらどうしよう…

ブラック企業で働いているとこんな不安が残りますよね…

転職エージェントでは「離職率が高くないか」や「社員の平均勤続年数はどのくらいか」などの情報も教えてもらえるので、ブラックな労働環境を避けたい人は、事前に確認しておきましょう。

私もこれまで4度の転職毎回利用していますが、一流大手企業や優良企業の求人を多数紹介してもらい、合計10社以上から内定を獲得して年収も最大で500万円以上あげることに成功しました!

実際に利用した上で、オススメの転職エージェントや転職サイトは以下の記事に詳しくまとめています。
⇒【内定10社以上獲得】オススメ転職エージェント、転職サイト徹底レビュー

まとめ

働き方改革
今回は、人員不足によって毎日の仕事が激務になっているという人へたった一つの解決法をお伝えしました。

人手不足が深刻化している企業は、いわばブラック企業です。

人生の大半の時間を過ごすのが会社ですから、より良い環境で働きたいと思うのは至極当然のことだといえます。

こうした人員不足のブラック企業に未来はありません。自分の身は、自分が行動するか否かによって守られるため今すぐに転職活動を始めましょう。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

【ホワイト企業の見分け方】働きやすい環境でより長く楽しく働こう

2020年5月14日

会社を上司よりも先に帰りにくいと感じている人へ【考えを変える3つの解決策】

2020年5月5日
学歴フィルター

【大手企業転職体験談】転職に学歴フィルターは存在するか解説【元派遣社員】

2020年1月22日
信念

【大手に転職成功】きつい転職活動を乗り切る最大のコツは“成功させる信念”

2019年11月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です