「仕事が暇すぎてつらい…」そんな人におすすめの暇つぶしBest3と注意点

スポンサーリンク

仕事が暇すぎてつらい

暇な人

「暇な仕事」で悩むのは贅沢?

マツロー
仕事が暇すぎてつらい…!

そんな悩みを抱える人は実は少なくありません。

しかし、仕事が暇だと周囲に相談しても、羨ましい悩みとみなされて、まともに取り合ってもらえないことが多く、悲しい思いをした人もいるのではないでしょうか。

たしかに、毎日忙しいと感じている人にとっては、仕事中に暇があるというのは羨ましいものです。しかし、何もやることがない勤務時間というのは、とても退屈で苦痛の時間ともいえます。

今回は、そんなつらい思いをしている方におすすめの、仕事中にできる暇つぶし方法と注意点をご紹介します。

※この記事を読むことで分かること

  • “仕事が暇で辛い人”の体験談
  • 派遣/パート/正社員にオススメの暇つぶしベスト3
  • 仕事中に暇つぶしを行う際に気を付けること
  • ずっと暇な状態が続く場合は注意が必要!
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

「仕事が暇でつらい…」と感じている人の体験談

マツロー
周囲はみんな忙しそうなのに、本当に「仕事が暇でつらい」という悩みに共感してくれる人がいるの?

と思った方もいるかもしれません。

しかし実は、仕事が暇すぎてつらいと悩んでいる人は少なくないのです。

実際に、暇なことに悩んでいる人たちの声をピックアップしてみました。

最近仕事が暇です。上司や周囲に何かないですかと聞いても、「ごめん、ない」と言われます。(中略)社員も派遣もみんな忙しい中、自分だけ暇だと目立ちます。
引用元:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2404463.html

周囲の人がみんな忙しいのに、自分だけ暇そうにしているわけにもいきません。やることがないのに暇そうにできないというのは、とてもつらい時間ですよね。

暇すぎて暇に耐えるのがつらい。
ただ、お金をもらえないほうがつらいので暇でも我慢して働いています。
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12170818237

生活のためには、仕事を辞めるわけにはいきません。毎日仕事に行くのが憂鬱でつらい、という人も多いのではないでしょうか。

仕事が暇です。鬱になりそうです。毎日仕事行く前は今日は何かすることあるかなぁなんて考えながら仕事にいきます(;一_一)
引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1372368073

うつ病になってしまいそう、と悩んでいる人も少なくありません。仕事が暇でやることがないというのは、それほどまでに辛い状況だというのがよくわかります。

環境を変えたい方必見!仕事が退屈に感じる原因と3つの対処法を徹底解説

2020年5月13日

【派遣/パート社員向け】仕事が暇でつらい時にみんなやってる暇つぶしランキング

パート
それではここからは、「仕事中に暇になってしまったときの暇つぶし」ベスト3をご紹介していきます。

第3位:オフィスの掃除

やることがなくて暇…という時にまずおすすめしたいのが、オフィスの掃除です。

オフィスの掃除であれば、仕事の一環となるので「サボっている」とみられる心配はありません。また、備品の残数チェックや発注確認など、関連した仕事がいくつも見つかるかもしれません。

自分のデスクだけでなく、お客様の目に付くエントランスや、みんなが使う給湯室も掃除しておけば、喜ばれること間違いなしです。

第2位:マニュアル作成

自分のやっている仕事をマニュアル化しておくという作業も、暇な時間を潰せる上、同僚や上司に喜ばれて一石二鳥の作業です。

マニュアルを作っておけば、すぐに別の人に引き継ぐことができるので、新しい仕事を任された時に安心です。また、もし今の職場を転職することになても、スムーズに引き継ぎができます。

テキストで書き出すだけでなく、写真やスクリーンショットなどを活用して、誰がみてもわかりやすいマニュアルを作成してみましょう。すでにマニュアルが作成されている人は、古くなっている手順がないか再度確認して、新しい状態に更新しておきましょう。

第1位:資格の勉強

掃除やマニュアル作成をやってもなお時間があまってしまう場合、スキルアップのための資格の勉強も暇つぶしになります。

資格があれば任せてもらえる仕事の幅も広がりますし、人事評価でプラスとなることもあります。

また、もし万が一今の職場を辞めなければならなくなった場合でも、再就職で有利になることが多いです。

派遣/パート社員の仕事中の暇つぶしで注意すべきこと

派遣やパートで勤務している人におすすめの暇つぶしを3つご紹介しました。しかし、どんな暇つぶしをやるにせよ、気をつけなければいけないことが一つあります。

それは、仕事と関係のない暇つぶしをしないこと。例えば、SNSを見たり、プライベートなネットサーフィンです。

派遣やパートという勤務形態は、正社員よりクビになるリスクが高く、例えば派遣の勤務先でなにかネガティブな評価がつけば次回の契約更新はなしで終了、となる可能性も高いのです。

今の勤務先で長く働きたいのであれば、暇であっても仕事と関連した作業を行うようにしましょう。

【正社員向け】仕事が暇でつらい時にみんなやってる暇つぶしランキング

暇つぶし

第3位:パソコンのファイル整理

デスクワークの人におすすめなのが、パソコン内にあるデータファイルの整理です。

仕事でパソコンを使っていると、いつの間にか余計なファイルが破棄されずそのままになっていたり、古いファイルが整理されず乱雑に並んでいる、という人も多いのではないでしょうか?

それらのファイルを整理整頓するのは結構時間がかかるものなので、暇な時の時間つぶしには最適です。また、パソコン内を綺麗に保っておくことで、スムーズな仕事にもつながります。

第2位:資格の勉強

正社員にもおすすめなのが、資格の勉強です。

勉強していてわからないことがあっても、職場ですでにその資格を保有している人にすぐ聞いて解決することができますし、勉強している姿をみて「熱心な人だな」と同僚や上司から好印象を持たれることもあります。

第1位:転職活動

仕事が暇でつらい場合、活躍できる職場へ転職するという手段もあります。転職活動は、求人を探したり、書類を作成したり、なにかとやることがたくさんあります。

おおっぴらに転職サイトを開いたりなどはできませんが、履歴書や職務経歴書を作成するために情報をまとめておいたり、転職候補となる会社のホームページをチェックしたり等、職場でおこなっても怪しまれない作業はたくさんあります。

正社員の仕事中の暇つぶしで注意すべきこと

正社員の方が仕事中に暇つぶしをすることは、仕事に関連した作業でない限り、好ましいものではありません。

普段の業務と関係ない作業をしていることが周囲にばれたら、評価に響き、減給や降格などの処分を受けることもあります。

もし転職をしたいと考えていたり、すでに転職先が決まっているのではなく、今の職場に居続けたいと思うのであれば、仕事に関係のあること以外はやらない方がベターです。

仕事が暇すぎて辛い場合、転職すべき?

履歴書
先ほど触れた通り、暇つぶしは積極的にやるべきことではありません。

なにもせずお金をもらえるというのは魅力的に聞こえますが、実際、周りが忙しくしているのに、自分だけ長時間やることがないというのは本当につらいことです。

もし仕事が暇すぎて辛いと感じるのであれば、転職を視野にいれて活動することも有効です。

スキルや経験はこなした仕事の量に伴って蓄積していくものなので、仕事をこなせないということは、これらのスキルや経験も十分につかない可能性があります。

もし十分なスキルや経験がない場合、今の会社が何らかの原因で倒産してしまった際に、再就職が厳しくなります

今すぐにキャリアアップをしたいという人でなくても、先々の懸念要素を考えると、転職を検討してみることは十分有意義なことです。

こっそり転職するには転職サイトがオススメ

暇な時間にこっそり転職活動をするには、転職サイトの活用がオススメです。

転職サイトに登録すると、無料で求人の検索やスカウトのサービスを受けることが出来ます。

私も4度の転職で毎回利用していますが、自分のペースでゆっくりと求人情報を探したり、気になる求人があれば気軽にエントリーできるのがメリットですね。

実際に私も転職サイトを通じて、売り上げ1兆円以上の有名大手企業の内定をGETした経験があります。

私がこれまで4度の転職で感じた、オススメの転職サイトや転職エージェントはこちらの記事で詳しくまとめています。
⇒【内定10社以上獲得】オススメ転職サイト、転職エージェント徹底レビュー

まとめ

挑戦する人
いかがでしたか?今回は、仕事が暇でやることがないという辛さを解消できる暇つぶしをご紹介しました。

暇つぶし方法はたくさんありますが、あくまでも業務時間だということを忘れないように注意してください。

もし現状の仕事環境に少しでも不満があるのであれば、転職も視野にいれて情報収集を始めてみるのも良いでしょう。今の辛さが少しでも解消されるよう、新しい環境をチェックしてみましょう。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

【ホワイト企業の見分け方】働きやすい環境でより長く楽しく働こう

2020年5月14日

生活のためと割り切って働く人が読むべき「仕事の3つのポイント」とは?

2020年5月10日

働きたくないのは当たり前!ほとんどの人が抱える感情の対処法を4つご紹介

2020年5月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です