会社で気疲れする原因は?すぐにできる対処法と根本的な解決方法

マツロー
仕事をしていてなぜか「最近疲れやすい…」「辛いと感じる…」

こんな悩みを解消します。

仕事をしていて感じる疲労の原因は、会社や仕事、同僚への気疲れの可能性があります。

まずは「会社で気疲れする原因」に当てはまる項目がないか自分でチェックしてみましょう。

そして会社で気疲れする原因に該当する場合は、すぐに行える対処法も紹介しているので最後までチェックしてください。

※この記事を読むことで分かること

  • 会社で気疲れする3つの原因
  • 会社で気疲れするときの対処法
  • 気疲れする原因は自分のせいだけとは限らない
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

会社で気疲れする原因3つ

疲労感

会社で気疲れする原因はいくつかありますが、特に多い例を紹介します。

自分に当てはまる内容がないか、いくつ当てはまるのかを確認しましょう。

  1. 常に気を使っている
  2. 責任感が強すぎる
  3. リフレッシュ出来ていない

常に気を遣っている

会社で気疲れをする最も大きな原因は、周囲の人間にいつも気を使っている人です。

周囲の人と円満な関係を築きたいと考えている人に多いですが、周囲からの自分の評価を気にする人にも多い傾向にあります。

例えば、周囲から嫌われているかもしれないと感じた場合などに、相手には悪気がなかったとしても自分が一方的に思い込むことによって関係が悪化することがあります。

無意識のうちに相手の顔色や周囲の人間の視線を気にすることで、「会社に来ると気疲れする」と会社そのものが疲れる場所に変化します。

また、人間関係が悪化しているとストレスを感じたり、仕事がスムーズに進まなくなったりすることも少なくありません。

特に、大学を卒業したばかりの新入社員は、社会に出て様々な年代の人と接するなかで人間関係に悩むケースは非常に多いです。

責任感が強すぎる

責任感が強い人は、業務を行う際に過剰に精神的な負担を抱えます

どの仕事でも不安を感じ、必要以上に準備をしてしまうというケースが多いです。

過剰に準備をするため業務は滞りなく行えるうえに評価も高いでしょう。

しかし、これは比例して気疲れすることも多くなります。

「これだけ準備して成功しなかったら」「この方法が間違っていたら」など、責任感が強いがゆえにマイナスな考え方をするため、気疲れしやすいといえます。

リフレッシュできていない

基本的に人はリフレッシュしなければ正常な思考回路を保てません

例えばアルコールを摂取したときや、十分な睡眠を取れていないときに「頭が働かない」状況になることがあります。

休日や仕事の後にリフレッシュしなければ、アルコールを飲んだ時や睡眠不足の時と同じような状況になるのです。

なおリフレッシュできない理由には以下があります。

  • 業務量が多いため休日返上で働いている
  • 上司や会社の意向で有給休暇を取得できない
  • 休日出勤を強いられる など

さらに、仕事に対して真面目に取り組む人は休日や仕事の後も会社のことを考えており、余計に気疲れしやすいといえます。

今の職場は息が詰まる…。今すぐに試せる5つの解決策をご紹介

2020年6月19日

会社で気疲れをしているときの対処法

ぐったりした人

会社での気疲れを解消し、業務に集中するための方法を紹介します。

すぐに実践できるものばかりであるため、自分が行えそうな方法から試しましょう。

自分を偽らない

会社で気疲れする人は、自分の意に反することがあっても「良い人」と思われたいという考えが先にたちます。

しかし、誰に対しても「良い人」でいることは難しく気疲れは解消できません

そのため、相手ごとに対応方法を変えることが大切です。

「この人とは仕事以外でも付き合いたい」「この人とは仕事で信頼関係を築きたい」など、最終的に相手とどのような関係を築きたいのかを考えて、誰にでも「良い顔」をするのはやめてみましょう。

しかし、紹介した方法はあくまでも他人に対して気を使い、気疲れしている人の対処法です。

どのような状況でも自分の意向を通せば良いという訳ではない点に注意しましょう。

相手の話を聞き、相手との関係性、自分に対する感情などを汲み取ったうえで、周囲の人間との関係を築くことが大切です。

休息をとる

休日は、他人と顔を合わせないようにする、意識的にリフレッシュするなど、ストレスを発散することが大切です

仕事以外のことを考えたり趣味を楽しんだりと、脳に刺激を与えればリフレッシュできます。

例えば、会社ではデスクワークで社外に出ることはないという人は、自然を感じられる場所に行くだけでもストレスを発散できるでしょう。

自宅ですぐに行えるリフレッシュ方法としては以下がオススメです。

  • お風呂のお湯につかる、
  • お気に入りの入浴剤を入れて半身浴をする、
  • マッサージに行く など

会社での気疲れで全身の筋肉に力が入っている人は、筋肉をほぐしたり血行を良くしたりするだけでもリラックスできる可能性が高いです。

会社で気疲れするのは自分のせいではない場合もある

会社に対するストレス

会社での自分の状況を簡単に変えられなかったとしても、リフレッシュする方法は沢山あります。

会社で気疲れして辛いと感じるようになったという場合には、ますはリラックスできることを見つけましょう

しかし何をしても会社で気疲れするという場合、働いている会社が自分に合わない可能性があります。

会社で気疲れする原因が「自分ではなく会社や上司、職場環境ではないか」状況を見直してみましょう。

どうしても会社が合わない場合は転職エージェントに相談しよう!

相談

どうしても会社が合わずに気疲れする場合は、転職エージェントに相談しましょう

転職エージェントに相談すれば、あなたの適正に合った理想の求人を無料で紹介してもらうことが出来ます。

具体的には、転職エージェントを利用すれば以下のようなサービスが無料で受けられます。

  • 担当者に希望伝えるだけで、あなたの希望や経歴にマッチした優良求人を紹介してもらえる
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 自分ではしにくい年収交渉が代理でやってもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる
  • 自分では気づけない、あなたの長所や強みについてアドバイスがもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、活用しないのは非常にもったいないですね。

私も4度の転職で毎回転職エージェントを利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

いつも会社で気を遣って疲れるという人は、転職エージェントを活用して理想の職場に環境を変えましょう

まとめ

軽やかな足取り
今回は会社で気疲れする人の特徴と、気疲れする場合の対処法について紹介しました。

自分では意識していなくても、日々のストレスで心身が疲弊していることはよくあることです。

まずは自分なりのリフレッシュ方法を探して、気持ちよく会社に行けるようにしましょう。

そして対処してもどうしても気疲れが解消されない場合は、転職して環境を変える事も有効な選択肢です。

※他にこんな記事もあります。

転職すると逃げ癖がつくと勘違いしていませんか?転職前に試す3つのこと

2020年6月13日

社蓄はプライベートにも特徴がある!社蓄の特徴と脱却方法

2020年6月8日

仕事が嫌いになったら退職すべき?対処法と選択肢を紹介

2020年5月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です