【体験談】「大手のメリット7選」を大手企業に転職した元派遣が解説!

大手のメリット
マツロー
・大手企業に入ったら一生安泰っていうけど、どんなメリットがあるの?

・給料とか福利厚生のこととか気になる…

こんな疑問に、元派遣社員で大手企業に転職した私が実体験をもとに解説していきます。

なお派遣社員として働いていて感じた「派遣社員のデメリット」についてはコチラの記事をご覧ください
「派遣社員の実態とデメリット6選」

※この記事を読むことで分かること

  • 大手企業の正社員として働いてみて分かったメリット7選を紹介!
  • 大手企業のメリットは「年収UP」「社会的信用UP」など数多くある
  • 勤務環境がしっかり管理されている点も大きなメリット
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

【体験談】大手企業で働いてみて分かったメリット7選!

喜び

では早速大手企業で働いてみて分かったメリットを紹介します。

大手企業で働いて感じたメリット7選!
  1. 年収が大きく上がった
  2. 福利厚生がありえないほど充実している
  3. 勤務環境が超絶ホワイト
  4. 取引先からお客様扱いされるようになった
  5. 社会的な信用度が上がった
  6. 身内からの受けがよく、異性からモテやすい
  7. 仕事への自由度が上がる

次から詳しく説明していきます。

年収が大きく上がった

給料アップ

一番大きなメリットですが、純粋に年収が大きく上がりました

年収の幅で言うと、派遣社員時代の一番少ない時は年収300万円を切っていましたが、大手企業に転職後の年収は850万円なので、一番低年収の時から比べると500万円以上UPしたことになります。

特に大きいのがボーナスで、派遣社員時代はボーナスなど夢物語でしたが、大手企業では業績が悪くてもしっかりと「年に4か月以上」のボーナスが支給されますし、好景気の時は「年に7か月以上」のボーナスが支給されました。

業績や景気に左右されずに毎年一定以上のボーナスがもらえるという点はまさに大企業のメリットと言っていいでしょう。

ありえないほど福利厚生が充実している

充実した人

次は福利厚生が充実している点です。

大手企業では中小企業にはない様々な福利厚生が存在します。

  1. 住宅手当が手厚く社宅に2万~3万円ほどで住める
  2. 保険証を使って様々なサービスを受けれる
  3. 自動車保険などに格安で入れる
  4. カフェテリアプランがある

社宅や借上げアパートに1/4程度のお金で住めますが、意外と知られていないのが保険証を利用して様々なサービスを受けれる点です。

私が転職した大手企業では、保険証を提示することで映画館の映画がいつでも1000円で観れたり、街のスポーツジムが1回500円で利用出来たりしました。

その他福利厚生の大きなメリットとして“カフェテリアプラン”があります。

カフェテリアプランとは毎年会社から従業員にポイントが付与されて、そのポイントを自分の好きなメニューに使用できるシステムです。

メニューは多岐にわたり、例えば「家賃補助」「食堂の昼食代」「病院代」「交通費」「子供の保育園代」「保険代」などがあります。

毎年会社からもらえるポイントは家族構成で変動しますが、3人家族(妻・子)だと年間10万円以上のポイントがもらえます。

これらの福利厚生を利用することで、実質年収が上がるのと同じことになりますので、福利厚生も見逃せないメリットとなっています。

大手企業の福利厚生についてはこちらに詳しく書いてあります
大手企業に福利厚生について徹底解説!

勤務環境が超絶ホワイト

定時ダッシュ

次は勤務環境が超絶ホワイトな点です。

大手企業は勤怠管理を入門のカードリーダーやパソコンのON/OFF時間で管理しているため、サービス残業が出来ない環境となっています。

私が転職した大手企業もパソコンのログオン/ログオフ時間で入退社時間を記録しているため、勤務時間申請は偽りようがなく、残業代はきっちりもらえるようになっています。

以前働いていたブラック企業ではサービス残業が非常に多かったので、サービス残業が無くなったというだけでかなりのメリットとなっています。

取引先からお客様扱いされるようになった

乾杯!

次は取引先からお客様扱いされるようになったです。

大手企業で働いていると、外注メーカーや下請け業者の人と仕事をすることが多くなります。

取引先に出張に行ったときなどは、“お客様”としてお昼ご飯をご馳走になったり、場合によっては夜接待をしてもらうこともあります。

接待で行く店は結構いいお店に行くことが多いため、取引先の人にヨイショして持ち上げられつつ飲む“美味しいお酒”で嫌な気持ちになる人はそういないことでしょう。

社会的信用度が上がった

信頼されている証

次は社会的信用度が上がったです。

具体例で言うと、家や車のローンを組むときに一番効果が分かります。

私は大手企業に転職してから車をローンで購入することがありましたが、申請書に勤務先を記入した際に相手の店員さんから

店員さん
いや~いい会社に勤めてますね!ローンは問題なく通ると思いますよ!

と言われ、ローンも無事通過することができました。

その他、会社の同僚も家のローンを難なく組んでいる人が多く、社会的信用度が上がるという面も大手企業に勤めるメリットとなります。

身内や周りからの受けがよく、異性からはモテやすい

モテる

こちらも顕著に違いが分かりますが、大手企業に勤めると“身内や異性からの受けが良くなります”

年末年始に実家に帰ったときに、親せきなどに「〇〇に勤めている」というと、ちょっとした尊敬の眼差しで見られます(笑)

また異性の受けも抜群で、合コンなんかに行くと、相手のリアクションがかなり良くなりますね

大手企業に勤めている人が、若くして結婚している人が多いように、大企業で働いているステータスは恋愛市場でも強力な武器になることでしょう。

仕事への自由度が上がる

自由に仕事ができる

大手企業で勤めると「仕事の自由度」も上がります

特に私の場合かつて派遣社員として働いて時期があり、派遣時代は「言われたことを行う仕事」や「雑用」「正社員のサポート業務」が多かったです。

大手企業の正社員になると、数十億規模のPJTでもある程度自分で裁量権を持って仕事をすることが出来るようになります。

「自分で自由にやる=責任も自分で負う必要がある」訳ですが、バリバリ働いて自分の好きなように仕事をすすめたいという人にとっては非常にやりがいを感じることができると思います。

まとめ

幸福な景色

今回は私が実際に大手企業に転職成功してみて感じた大手企業のメリットについて紹介してきました。

7つのメリットおさらい

  1. 年収が大きく上がった
  2. 福利厚生がありえないほど充実している
  3. 勤務環境が超絶ホワイト
  4. 取引先からお客様扱いされるようになった
  5. 社会的な信用度が上がった
  6. 身内からの受けがよく、異性からモテやすい
  7. 仕事への自由度が上がる

私の場合、「派遣社員での勤務経験」と「大手企業での勤務経験」の両方を知っているからこそ、それぞれの環境におけるメリット・デメリットが痛いほど分かります。

大手企業に勤めることだけが全てではありませんが、やはりまだ日本でサラリーマンをする上では派遣や中小企業で働くよりも大手企業で働いた方が職場環境が圧倒的に恵まれています

どうせ一生懸命働くのであれば、少しでも勤務環境や給与条件がいいところで働いた方が、ストレスも少ない上にプライベートの時間も確保できるので幸福度は確実に上がりますよね。

「大手企業に勤めて年収を上げたい」や「ホワイトな職場でストレス少なく働きたい」とお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、大手企業への就職・転職を検討されることをオススメします!

※筆者が派遣社員から大手企業に転職した経験をもとにオススメ転職サイト・エージェントについてまとめました

大手企業から内定をGETするためのオススメ転職サイトまとめ
この転職サイトのおかげで元警察官・元派遣社員だった私でも、売り上げ1兆円以上の大企業の正社員に転職成功することが出来ました。

【派遣から大手へ転職成功】「オススメ転職サイト・転職エージェント」を徹底レビュー!

2019年11月16日

※他にこんな記事もあります。

【年収550万円UP】大手企業に転職できた面接での自己PRポイント

2019年2月4日

【体験談】元派遣社員が大手企業への転職を成功させた職務経歴書のポイントを教えます

2018年10月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です