毎日終電まで仕事でもう疲れた…と悩んでいる人がすべき3つの解決策

マツロー
毎日のように遅くまで残業して、いつも終電で帰ってるよ…

このように毎日遅くまで仕事をして、心も体もボロボロになっている人もいるかもしれません。

そんなに残業が続いていれば、当然、疲労困憊になります。仕事はプライベートを犠牲にしてまでおこなうものではないのです。

この記事では、残業時間が異常に多く疲れてしまっている人へ、3つの解決策をご紹介します。

今すぐに試せることばかりです。ぜひ参考にしてください。

※この記事を読むことで分かること

  • 毎日遅くまで残業しているのは明らかに異常
  • 過労死ラインは残業80時間
  • 毎日残業でヘトヘトの人が取るべき3つの対策法
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

毎日のように終電まで仕事しているのは異常?

残業で疲弊している人
会社が忙しいのには、いくつか理由があります。

  • 単に繁忙期なだけ
  • 常に人員不足
  • 緊急事態で急いで業務を進めなければならない

上記のような理由が考えられますが、毎日終電まで働くという状態は、常に人員不足の会社で働いている場合が多いです。

そして、この状態は異常だと思ってください。

何故なら、このまま働き続けることで心身ともにボロボロになる可能性が高いため、早急に対策を取ることをおすすめします。

人手不足の会社で働いている人は、「自分が辞めたらみんなが困る」と考えてしまい、退職できずにズルズルと働き続けてしまう傾向にあります。

しかしここで考えて欲しいのは、みんなのことではなく「自分のこと」です。自分を大切にするために、今すぐ対策を施しましょう。

毎日終電まで仕事をしている場合の残業時間は?

遅くまで残業
まずは、自分の残業時間がどれくらいになっているのかを把握しましょう。

毎日終電まで仕事をしている場合の残業時間を計算してみます。

【9:00〜18:00が勤務時間だが、
残業のせいで23:30に退勤する生活だと仮定する】

  • 18:00〜23:30の5.5時間が残業(1日の残業時間)
  • 5.5時間×週5の勤務日数=27.5時間(週の残業時間)
  • 27.5時間×4週=110時間(1ヶ月の残業時間)

毎日終電まで残業している人は、単純計算だけでも「月110時間」の残業をしていることになります。

転職サイトdodaによると、日本の平均残業時間は「月24.9時間」です。(参考:https://doda.jp/guide/zangyo/

つまり、約5倍の差があるということになります。

もっとも残業時間が多い「設備施工管理職」でさえ「月41.6時間」です。

このことからも、月110時間の残業をしている状態は異常だといえますよね。

このままでは危険!過労死ラインは「月80時間」

みなさんは「過労死ライン」という言葉をご存知でしょうか。

労働行政が定めている過労死ラインは80時間です。

これを超えていると危険だという目安ですが、先ほど計算した毎日残業している場合は大幅にオーバーしています。

ただしこれは目安だということを忘れてはいけません。

例えば、月60時間の残業が数ヶ月続けば心身ともにヘトヘトになってしまうこともあるでしょう。また体力やストレス耐性は人それぞれです。Aさんは耐えられても、Bさんは体調を崩してしまうこともあります。

残業が多い場合には、時間はあくまでも目安として、必ず自分の体と相談するようにしてください。

「残業が多くて辞めたい」毎日仕事で忙しい人がまず試すべき3つのことと、転職のコツ

2020年5月17日

毎日のように終電まで仕事をしている人が今すぐすべき3つの解決策

解決法
ここで、毎日の残業でヘトヘトになっている人に今すぐおこなってほしい3つの解決策をご紹介します。

任されている仕事量が多い場合には上司に相談して減らしてもらう

任せてもらえるからと言って、何でもかんでも引き受ける「イエスマン」になってはいけません。

自分の身を守るためにも断る勇気を持ちましょう。

「毎日残業してしまうほど、私には量が多いため他の人に振り分けてもらえませんか?」と素直に聞いてみてください。もしかしたら、上司はあなたが残業していることに気づいていないのかもしれません。

効率が悪くて残業になってしまう場合には仕事の方法を変える

勤務時間内に終わらないほど、自分の仕事の進め方が良くない場合は、仕事の効率を上げる方法を身につけましょう。

例えば、「タスク管理」や「スケジュール管理」を徹底することで仕事の優先順位が考えられるようになります。

また、適度に休憩を挟んで仕事に集中できるような環境を整えるのもおすすめです。

仕事の効率が上がれば、少しは残業時間を減らせるかもしれません。残業時間を減らしていければ、体力も回復してプライベートを少しずつ楽しむ余裕が出てくるはずです。

常に人手不足なら今すぐに転職しよう

慢性的な人手不足に陥っている会社は、経営不振の可能性があるので、今すぐに転職しましょう。

経営が上手くいっていなければ、当然この先も人が増えることはありません。そのため、ますます残業を強いられて体を壊してしまう危険性もあるのです。

自分の心身を壊してしまうと、本末転倒ですから、恒久的に長時間残業が続くような職場であれば転職して環境を改善させましょう。

マツロー
残業が忙しくて転職活動なんてできないよ…

こういう方もいらっしゃると思いますが、安心してください。

忙しい人の転職は、転職エージェントや転職サイトを活用しましょう。

例えば転職エージェントでは、面談する時間が無い人はサイト内に登録するだけで、電話やメールのみでサポートを受けることが出来ます。

転職を成功させるにはまずは転職エージェントに相談してみる

交渉
転職を成功させるには、転職エージェントや転職サイトを上手く活用することが重要です。

転職エージェントに相談すると以下のサービスが無料で受けられます。

  • 職務経歴書の書き方や面接の指導
  • 気になる求人の年収レンジや職場環境に関する情報
  • 気になる求人に、これまでどんな経歴の人が内定を得たかの情報
  • 選考経過のフォロー
  • 面接で聞きにくかった質問を代理で聞いてもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、活用しないのは非常にもったいないですね。

私も4度の転職で転職エージェントを利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

転職で失敗しないためにも、転職エージェントを活用して自分の理想の職場に転職しましょう

まとめ

キャリアアップ
この記事では、毎日のように終電まで仕事で疲れ切っている人へ向けて3つの解決策をご紹介しました。

毎日会社のために遅くまで残業するのは、心身を壊してしまうリスクがありお勧めできません。

残業時間を減らすよう、上司に相談したり、自分で努力してみても一向に改善される様子が見られない場合は、早めに転職活動をして環境を改善させましょう

会社は決してあなたを守ってはくれないので、自分の身は自分で守ることが重要です。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

仕事をしない上司にイライラ!仕事をしない人の特徴や対処法

2020年5月20日

サービス残業はしたくない!1分1秒でも残業時間を減らす方法とは?

2020年5月11日

忙しすぎて仕事で休憩が取れないと悩む人へ|休憩に関する基本ルールを解説

2020年5月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です