警察の人間関係はキツい?警察辞めて年収アップに成功した私が本音を語ります

マツロー
警察組織の人間関係ってきついの…?
上司は厳しくてパワハラもあるの?

今回はそんな警察内の人間関係について元警察官の私が解説していきます。

※この記事を読むことで得られるメリット

  • 警察組織内の人間関係とはどういうものか?
  • 警察学校内の人間関係について
  • 警察署で働き出してからの人間関係について
  • 警察官に疲れたら辞めるのも一つの選択肢
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

警察の人間関係は特殊で結構きつい

警察の人間関係は特殊
まず結論から言うと警察組織の人間関係はかなりきついです。

何故なら警察は閉鎖的で特殊な社会で、なおかつ警察官には体育会系で厳しい人が多いからです。

具体的には上司の罵声や暴力等のパワハラも当たり前のように起きますし、時に陰湿なイジメのようなこともあります。

さらに怖いのが警察は民間企業に比べたら閉ざされた社会なので、そういった内部の不祥事があまり明るみに出ない環境になっています。

これから私が経験した具体的な内容を説明していきます。

採用早々に入る警察学校での人間関係がきつい

まず一般の警察官に採用されたら警察学校に入校しますが、

警察学校の生活は地獄で人間関係もきついです…

なぜなら警察学校に入校すると鬼のような教官から厳しい指導を受けることになりますし、先に入校している先輩生徒からも罵声を受けながらしごかれる毎日が待っているからです。

例えば入校直後は先輩から直々に指導をしてもらいますが、トレーニングしているときなどは横から罵声や煽りを受けながら徹底的に追い込まれます。

教官はさらに厳しく、適性がないと判断された生徒はかなりきつい指導を受け、人によっては退職に追い込まれることも本当にあります。

補足
警察学校の場合は意図的に厳しく指導することで、警察官としての職務に耐えられるのかを見極めている部分もあるので、警察学校での人間関係は厳しいものだと割り切っていれば我慢できるかもしれません。

警察署で勤務してからの人間関係がきつい

警察学校を卒業したら現場に配属されることになりますが、

警察署で働き出してからの人間関係もかなりきついです。

現場で働き始めたら上司、先輩など多くの人と仕事をしていくことになりますが、厳しい上司や先輩が多くいます。

例えば以下のような悩みがありました。

  • 新人は朝一番に出勤し上司の部屋の掃除を行うが、少しでも掃除の仕方が悪いと朝一から怒鳴られる
  • 仕事の要領が悪くモタモタしていると、強面の先輩に裏口に呼び出されて厳しい説教を受ける
  • 一日に何度も怒鳴られる上に、上司によっては普通に暴力をふるう人もいる
  • 交番で一緒に働く上司は仕事そっちのけで競馬新聞を読み漁り、結果自分の仕事が増える

これは一例ですが、このような環境で毎日仕事をするため、人間関係の厳しさに徐々にメンタルを摩耗していくことになります。

警察での人間関係に疲れ切っているなら退職を検討するのも重要

疲弊した人
人間関係に悩んで疲弊しきっている場合は退職を検討することも大事です。

なぜなら特殊な環境で無理をし続けてメンタルを病んでしまったら元も子もないからです。

私の同僚でも人間関係の悩みから精神を病んでしまって社会復帰出来ずに退職した人がいました。

マツロー
そこまで行ってしまうと社会復帰するのも大変なのであまり強いストレスを受けた状態で働くことはオススメしません

実際に私も人間関係で毎日強いストレスを抱えていたので、自分の身を守るために警察を退職しました。

仕事を辞めることは”逃げ”じゃない!会社を辞めた方がいい4つのタイミングとは

2020年5月6日

警察を辞めた後に簡単に転職先は見つかるのか?

仕事
計画的に活動することで警察時代よりも給料も環境もいい会社に転職することは可能です。

何故なら実際に私は、警察官を辞めた後に派遣社員として働きましたが、そこで専門スキルを身に着けることで、その後ホワイト企業に転職成功しました。

私はホワイト企業に転職することで年収を850万円まで上げることが出来ましたし、残業時間も警察時代よりはるかに少なく、お金もプライベートの時間も手に入れることが出来ました。

※私が警察を辞めてから年収アップに成功した話はこちらに詳しく書いています。
⇒最大で年収500万円以上アップさせた驚きの転職戦略

では次に警察官にオススメの転職先について考えていきます。

警察官にオススメの転職先は?

転職活動

オススメの転職方法ですがズバリ

今後も需要増加が見込める業界で、未経験からでも専門スキルを伸ばせれる職種へ転職することです。

給料を上げる一番の近道は「需要のある業界で専門スキルを身に着ける事」です。

例えば私は派遣社員のエンジニアとして専門スキルを身に着ける選択肢を選びましたが、結果的にその専門スキルがきっかけで後にホワイト企業に転職成功しました。

私が製造業のエンジニアを目指した頃は、トヨタを始め国内メーカーの業績が右肩上がりで、エンジニアの需要も給料も非常に上がっていた時期でした。

また派遣社員であれば未経験からでも働けるというのも大きかったですね。

⇒【リクナビ派遣】スキルをつける、スキルを磨く、派遣なら両方できる!

次は製造業のエンジニア以外で今後需要が見込まれる業種を見ていきます。

今後ますます需要増加が見込まれる業種は?

上昇

今後さらに需要増加が見込まれる業種について考えていきます。

需要増加が見込まれる業界1:IT業界

まず今後一番需要が見込まれるのはIT業界です。

2020年からプログラミングが小学校の必修となったように、今後もIT業界の市場はより大きくなり、ITエンジニアの需要もますます多くなっていくことでしょう。

最近では未経験からでもプログラミングが学べて転職支援もしてもらえるサービスも一般的になってきていて、全く違う業界からIT業界に転職する人も増えています。

マツロー
プログラミングの知識は一度身に着けたら一生食いっぱぐれが無いと言われているので、この道を目指すのも一つの選択肢ですね。
⇒未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

需要増加が見込まれる業界2:介護業界

介護業界も今後ますます需要増加が見込まれる業界です。

日本は近年ますます高齢化社会が進んでいて、介護業界の人材不足が深刻になっています。


出典:厚生労働省「2025年に向けた介護人材にかかる需給推計について」

上の図をみてお分かりの通り、介護需要と介護供給は年々ギャップが広がっていて人材不足が深刻なっています。

需要過多の職種は一般的に給与も高くなる傾向にありますので、介護職を通じて資格等の専門スキルを身に着けることでキャリアアップを目指すことができますね。

⇒介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!

最後に

ストレスから解放

今回は警察の人間関係について説明してきましたが、警察内の人間関係は特殊で結構きつい環境です。

実際わたしはこれまでに4回の転職で5つの職場を経験していますが、息苦しさやメンタルの摩耗具合は警察時代がぶっちぎりで一番きつかったです(笑)

現在警察組織の人間関係で悩んでいたり、当時の私と同じような悩みを抱えている方は、警察以外の道というのを検討するのも大切なことだと思います。

※他にこんな記事もあります。

不安

仕事が評価されないときは転職すべき?ストレスなく働くために大切なこと

2020年1月30日
オススメ転職先について

【警察官の転職】元警察にオススメの転職先の最適解は?(大手への転職体験談あり)

2019年12月1日

【派遣から大手へ転職成功】「オススメ転職サイト・転職エージェント」を徹底レビュー!

2019年11月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です