職場に同期がいなくても不安がる必要なし!同期や同世代がいないメリットや不安なときの対処法3つ

マツロー
・職場に同期がいなくて不安…

・同期だけでなく同世代の人もいなくて孤独を感じる…

こんな悩みを解消します。

職場に同期や同世代がいれば、仕事の愚痴や相談、それにプライベートのことも話しやすいですよね。

なかには内定や採用通知が来ている会社を、同期や同世代がいないという理由から入社するか迷う人もいます。

しかし職場に年が近いような人がいなくても不安に感じる必要はありません。

今回は、職場に同期がいないメリットや、不安に感じた時の3つの対処法を紹介します。

※本記事の内容

  • 職場に同期や同世代がいない2つのメリット
  • 同期や同世代がいなくて不安なときの3つの対処法
  • 愚痴を言う相手がいない場合は会社外のコミュニティに参加するもよし
  • どうしても職場に耐えられないようであれば、転職して環境をリセットしよう
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

職場に同期や同世代がいないメリット2つ

メリット

職場に同期や同世代がいないことによって、得られるメリットは大きく二つです。

  1. 同期と比較されないため気楽
  2. 上司や先輩に可愛がってもらえやすい

内定や採用通知が来ているが、職場に年の近い人がいないと悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

比較されないため気楽

職場に年が近い、同じ時期に入社した人がいると必ず仕事について比較されますが、いなければ比較されません。

そのため気持ちを楽にして仕事ができるでしょう。

特に新卒入社の場合、全員が同じスタートで仕事をするため、必ず成果や姿勢を比較されます。

上司や先輩は悪気があって比較しているわけではなく、多くは部下に頑張って欲しいという気持ちからでしょう。

しかし比較される側はプレッシャーを感じます

特に、仕事の成果に大きな差があれば比較されますし、自分自身でも意識してしまいます。

周りからのプレッシャーや、自分を仕事のできる人と比較して落ち込むことは、同期や同世代がいなければなくなります。

上司や先輩に可愛がってもらえる可能性が高まる

また同期や同世代がいないと、特に上司や先輩に可愛がってもらえる可能性が高くなります。

上司や先輩に気に入られることは、仕事のサポートやアドバイスをもらえたり、会社の居心地が良くなったりなど様々な面でプラスです。

反対に自分と年齢の近い人が多いと、上司や先輩が他の、人付き合いの上手い人を可愛がるかもしれません。

また若くて同じ年次の人が多いと、上の人は全員をサポートせねばならず、一人に時間をさけません。

同期や同世代がいなくて不安なときの対処法3つ

気づき

現在、会社に同期や同世代がいない。

そして上司や先輩との関係が特に良いこともなく、仕事やプライベートのことを相談する相手がいない

このような状況にいる人は、次に紹介する3つの方法で対処してください。

  1. 上司や先輩と良好な人間関係を築く
  2. 社会人サークルなどのコミュニティに参加する
  3. 転職して新たな人間関係を築く

それぞれ詳しく見ていきます。

①上司や先輩と良好な人間関係を築く

まずは会社内で良好な人間関係を築くようにしましょう。

共に仕事をする人と良好な関係を築ければ、困っていることの相談、ときには仕事の愚痴に付き合ってもらえます

友人にも愚痴はできますが、仕事が全く同じでもない限り、どれだけ自分が大変なのか、本当にわかってもらうことは難しいです。

しかし同じ会社で、同じ仕事をしていれば、立場は違えど、嫌だと感じる点は似通ってきます。

そういったことで盛り上がれると、会社の居心地が良くなり、人間関係を不安に感じることはなくなります

②社会人サークルなどのコミュニティに参加する

上司や先輩との関係が悪く社内の人間関係に期待できないのであれば、社会人サークルなどのコミュニティに参加しましょう

恋人がいない人なら街コンなども良いでしょう。

社会人サークルは世代や職種を問わず、様々な人がいます。

同じ仕事をしている同世代の人や、社内に近い年代の人がおらず悩んでいる人もいるかもしれません。

そういった自分と似た状況にいる人がいれば、悩みや不満を共有できます

また普段関わらないような仕事の人や年齢の人と関わることは刺激になります。

学生時代からの友人と話すことも楽しいですが、新しい人間関係も大切です。

会社で同期や同世代がおらず、会社の居心地が悪い人は社会人サークルなどに参加してみましょう。

③転職をして新しく人間関係を築く

会社に同期や同世代がおらず、上司や先輩との関係も良くない、会社に居場所がないと感じている人は転職を選択肢に入れましょう

居心地の悪い会社にいるのはストレスが大きいです。

さらに居心地が悪いと、仕事のパフォーマンスも悪くなります。

転職は、新卒の就活と違い、面接のときに会社のことをしっかりと聞けます。

そのため、どのような世代が多いのかなど単刀直入に聞いても問題ありません。

現在は、新卒入社3年以内に会社をやめる「第二新卒」が多く、また若者を求める企業も多いため、求人広告にも在籍している社員の年代を記載しているケースがよく見られます。

「職場に同期や同世代がいないとどうしても不安だ」という人は同世代の多い職場への転職を視野に入れましょう。

ただし先に挙げた、同期や同世代がいないメリットも把握しておきましょう

転職を成功させるには転職エージェントに相談することが大切

相談

自分の理想の職場へ転職するには転職エージェントの活用が必須です。

なぜなら、自分一人での転職活動は「見つかる求人」と「探せる企業の情報」に限界があるからです

一方、転職エージェントを利用すれば以下のようなサービスが無料で受けられます。

  • 自分のスキルや経歴、希望条件にマッチした優良求人を紹介してもらえる
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 自分ではしにくい年収交渉が代理でやってもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、使用しないのは非常にもったいないですね。

実際に私も4度の転職で利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

転職エージェントに相談して一刻も早く転職してしまいましょう。

まとめ

挑戦

会社に同期や同世代がいないと、仕事や会社での人間関係を相談しづらい、愚痴りづらいです。

しかしその反面、周囲から同期や同世代の社員と比較されて、プレッシャーをかけられることもなくなります

また仕事のサポートやアドバイスを手厚くしてもらえたりなどするでしょう。

しかし、それでも会社に居場所を感じられないなら、会社外のコミュニティに参加するとよいでしょう。

もしくは転職も選択肢になります。

求人広告や会社の口コミサイトを見ると、会社にいる人の年代だけでなく、どんな人が多いのか、そういった情報もしっかりと見られます。

転職はよく“逃げ”と表現されますが、自分に合った会社を探すことは“逃げ”ではないことを知っておいてください。

※他にこんな記事もあります。

職場での仲間外れにされた時のスムーズな解決方法

2020年6月1日

毎日がつまらないと感じる社会人へ!つまらない毎日の原因と人生が変わる3つの方法

2020年5月27日

なぜ職場で放置される?新人を放置する職場の共通点や対処法

2020年5月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です