【日曜日の憂鬱な気分で悩んでいる人へ】気持ちを楽にする5つの方法

マツロー
「もう日曜日の夕方か…」「一生日曜日が続けばいいのにな…」

などせっかくの週末を憂鬱な気分で過ごしていませんか?

こうした憂鬱さは働いている多くの人が感じているのです。

週末の憂鬱を何とかしたいと考えている人へ向けて、この記事ではおすすめの解消法を5つご紹介します。

毎週のように憂鬱な波が押し寄せてくるという人は、ぜひ参考にしてください。

※この記事を読むことで分かること

  • 多くの人が日曜日の夕方から憂鬱を感じている
  • 日曜日の憂鬱を消す5つの方法
  • 日曜日の憂鬱が尋常ない場合は病院を受診する
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

多くの人が日曜日の夕方から憂鬱さを感じている

会社に行きたくない
サラリーマンやOLなど、働いている多くの人が日曜日の夕方あたりから気分が憂鬱になってしまうと感じています。

この現象は、日曜日の夕方から放送される国民的アニメ「サザエさん」にちなんで「サザエさん症候群」と呼ばれていることをご存知でしょうか。

また、日本だけではなく海外でも、月曜日のことを考えると気持ちが沈むという人が多く「ブルーマンデー症候群」とも呼ばれています。

場合によっては、日曜日の朝から憂鬱さを感じている人も多いです。憂鬱になってしまう理由は「明日からまた仕事が始まる…」「人間関係が辛い」「土日が楽しすぎて平日とのギャップが激しい」など人によって異なります。

しかし、サザエさん症候群やブルーマンデー症候群のような言葉が登場するくらいですから、自分以外にも憂鬱な気分と闘っている仲間が大勢いるということがわかるでしょう。むしろ、憂鬱になるのは自然なことだと認識しておくことで心が少し軽くなりますよね。

日曜日の憂鬱を解消させる5つの方法

心のリラックス
ここからは、日曜日の憂鬱を解消させる方法を5つご紹介します。

月曜日は容赦なくやってくるが、土日も必ずやってくると考える

「平日は長く感じるのに土日は一瞬で終わってしまう…」と悲観的になってしまう人も多いでしょう。実際に、働かなければならない平日は5日間あるのに対して、休日である土日は2日間しかありません。

しかし、会社に雇用されている以上、勤務日数を自分で減らすことはできないため「仕方のないことだ」と諦めることが大切です。そして、月曜日が毎週必ず訪れることと同じで、土日も必ずやってくるのだと考えを切り替えましょう。

「出勤してしまえば憂鬱な気分は忘れられる」という経験を思い出す

どんなに仕事に行きたくなくても出勤さえしてしまえば、目の前の仕事に集中して、勤務時間があっという間に終わるという経験をしている人も多いはずです。何事も一歩踏み出してしまえば前に進めます。

例えば、朝起きるのが辛くても体さえ起こしてしまえば自然に朝の準備を始めますよね。こうした「出勤さえしてしまえば憂鬱な気分は忘れられる」という経験を、日曜日の夕方に思い出して「仕事に行くのは何も怖いことではない」と考えましょう。

日曜日も平日と同じ時間に起床・就寝する

休日になると「平日ではできない夜更かしをする」「お昼過ぎまで寝ている」という人も多いかもしれません。しかし、たった2日間しかない休日で体のリズムを崩してしまえば、当然月曜日の朝はすっきりと起きられないですよね。

そこで、ダラダラとした時間を過ごすのは土曜日だけにして、日曜日は月曜日と同じ時間に起床し、同じ時間に就寝してみましょう。そうすることで、日曜日から体のリズムが整えられて月曜日の朝に感じる「寝不足で体が重い…」というダルさを軽減できます。

楽しみを月曜日に持ってくる

簡単にできる解消法として、楽しみを月曜日に持ってくることもおすすめです。ここでいう楽しみとは具体的に、次のようなものが考えられます。

  • 新しく購入したアクセサリーや洋服、バッグなどを月曜日の出勤時に身に着ける
  • 月曜日は好きなおかずをお弁当に詰める
  • 好きなテレビ番組が月曜日にある など

このように「テンションが上がるもの」「ワクワクするもの」などを考えましょう。そして精神的ではなく、物理的に月曜日に楽しみを作ることで気持ちを明るくするのです。

仕事が自分に合っていない可能性もあるため転職も考えよう

そもそも自分が楽しんで働ける職場や仕事内容ならば、日曜日からそんなに憂鬱にはならないはずです。つまり、職場で何らかの悩みを抱えているか、仕事が自分に合っていない可能性があります。

こうした場合、転職を視野に入れて行動しましょう。転職活動することに不安を感じる人は「転職エージェント」を活用してみてください。自分に合った求人を紹介してくれるだけではなく、書類や面接の対策も一緒におこなってくれます。
⇒10社以上内定獲得した私がオススメ転職エージェントをレビュー

日曜日の憂鬱が尋常じゃない場合には病院を受診してみよう

ドクター
あまりにも憂鬱感が強く、不安な気持ちに押し潰されそうな人は「うつ病」である可能性も高いです。症状の度合いによっては、会社を休職した方が良いこともあります。

憂鬱感が強く耐えられないという人は必ず病院を受診しましょう。医師に相談したうえで、今後自分がどう行動すべきかを決めてくださいね。ただし、休職する場合には、医師の診断書が必要になるため必ず医師からもらっておきましょう。

まとめ

解放感
この記事では、毎週日曜日になると仕事のことを考えて憂鬱になる人へ向けて、その悩みを少しでも解消させる方法をご紹介しました。

冒頭でも述べた通り、この悩みはあなただけではなく、会社で働くサラリーマンやOLなど多くの人が感じています。「転職しても結局は月曜日がやってくるから憂鬱なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、働く環境が変われば心もリスタートできるはずです。今の職場に悩みがあって憂鬱になる人も、ぜひ転職して環境を変えてみてください。

ただし、症状がひどい場合には病院の受診も必要です。自分自身がどこまで耐えられるのかは、自分でしかわからないことですので我慢せずに相談しましょう。

⇒最大で年収500万円以上UPさせた驚異の転職戦略

※他にこんな記事もあります。

不安

仕事が評価されないときは転職すべき?ストレスなく働くために大切なこと

2020年1月30日
脱ブラック企業!

【脱ブラック企業】1つの意識を変えるだけで大手企業に転職成功【即実践可】

2019年12月3日

【転職4回経験者】仕事が辛い時の解決方法について解説

2019年2月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です