【警察官の転職】元警察にオススメの転職先の最適解は?(大手への転職体験談あり)

オススメ転職先について
マツロー
・警察官を辞めたいけど、その後転職先はどこがいいの?

・簡単に就職先は見つかるの?

今回はそんな悩みについて、元警察官でその後大手企業に転職した私の経験談を解説します。

警察官は特殊な職業ゆえに、警察官を退職したあと転職の壁にぶつかる可能性が高いです。

それなのに「何故なんのスキルもない私が大手企業に転職することができたのか?」についても詳しく解説していますので、ぜひ最後まで読んでもらえると幸いです。

この記事でわかること

  • 警察官としてのキャリアを転職先で活かすのは難しい…
  • 元警察官の転職先になりそうは職業の候補は?
  • 警察退職後にキャリアアップ(大手に転職成功)したマツローの成功例
  • 元警察官の転職先における最適解を紹介!

 

マツローの経歴

  • 転職4回で「警察官」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブラック企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験
  • 警察退職後は一切スキルなしだったにも関わらず、30代半ばで年収850万円以上を達成

スポンサーリンク

目次

元警察官マツローの経歴【転職体験談】

警察官
まず最初に私“マツロー”の経歴を簡単に紹介します。

私は新卒で警察官になりましたが警察特有のブラックな環境に馴染めず退職し、その後計画的に転職活動することで現在は大手企業に勤めています。

警察官をやめた後に大手に転職して分かったことは以下です。

  • 大手に転職したことで、警察時代より年収は上がり、逆に残業時間は大幅に減少した
  • 身体的・精神的ストレスは警察時代に比べると圧倒的に少なくなり、とても気持ちが楽になった
  • スキルなしの元警察官でも計画的に転職すれば人生やり直せることを証明した

また警察退職後の年収推移は以下のとおりです。

年収推移

警察を辞めた直後は家族や知人の目も厳しかったですが、ご覧のとおり今となっては警察を辞めた選択肢は正解でした

転職希望者
警察官を辞めた後でも、ここまで年収を上げることができるの?

こんな疑問をお持ちの方もいると思いますが、

私が公務員を辞めた後でも転職に成功したのは、計画的に転職活動を行ったからです。

これから

  • 警察官にオススメの転職先の最適解
  • 計画的な転職活動

について具体的に説明します!

マツロー
警察官(元警察官)の方は、モデルケースに出来ると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!
なお転職するにあたり以下の転職エージェントを活用したので、転職に失敗したくない方はぜひ参考にしてください。
オススメの転職エージェント!

リクルートエージェント求人数が非常に多く、優良企業など希望の求人を見つけやすい
doda:求人数が多く、未経験者OKの独自求人も多数あり
パソナキャリア:求人数は上記2社に劣るが、専門のアドバイザーのサポートが手厚く、転職初心者にかなりオススメ

警察官退職後、転職・再就職の難しさを知り絶望した過去

困難
まず最初に、警察官を退職してからの再就職は簡単ではありません

なぜなら警察官の職務内容が専門的すぎるため、そのキャリアを民間企業でほとんど活かせないからです。

実際に私も警察退職後に民間企業への転職活動を行うも、“書類選考に全然通らない”という現実に直面しました。

その点を踏まえて、これから警察官にオススメの転職先を解説していきます。

警察官の転職先はどのような職種があるのか?

就職先
「警察官の転職先候補」として現実的な選択肢は以下です。

警察官の主な再就職先候補

  • 他の公務員(消防や市役所等)
  • 警備員
  • 介護士
  • スポーツインストラクター
  • 派遣社員

次からは「どの仕事が警察官退職後の仕事として最適なのか」を考察していきます。

転職先候補1:他の公務員(消防士、市役所)

公務員

まず転職先候補として真っ先に挙がるのが他の公務員になるという選択肢でしょう。

実際に私も警察を辞めて数年は社会人として働きつつ、市役所の採用試験をこっそり受けたことがあります。

その経験も踏まえて“他の公務員”のメリットとデメリットを挙げます。

転職先が「他の公務員」のメリット

公務員を目指すメリット
・同じ公務員なのでそれなりの年収が保障される

・公務員というステータスを持つことが出来る

他の公務員を転職先にすることのメリットとしてはやはり“安定していて給料も結構いい”ということでしょう。

市役所は警察と比べると少し給料下がる可能性ありますが、それでも公務員という肩書は魅力的です。

特に地方になるほど、公務員というステータスは強力になるので、地方での生活を考えている人にとっては理想的な転職先と言えるのではないでしょうか。

転職先が「他の公務員」のデメリット

公務員を目指す上でのデメリット
・採用されるには試験に合格する必要がある

・面接では警察官を辞めた理由を上手く説明出来ないといけない

デメリットは別途公務員試験に合格する必要があることです。

合格するには勉強が必要ですし、人気の市役所では倍率も高いため合格するには狭き門になることが予想されます。

また筆記試験を通過しても、次の面接で必ず“なぜ警察を辞めて、他の公務員を志望しているのか?”を聞かれます。

マツロー
「なぜわざわざ警察官を辞めてまで他の公務員を志望するのか?」について深く突っ込まれた場合、私は上手く説明できる自信がありません。

この難題をクリアできる自信がある人にとっては、市役所や消防士などの他の公務員がオススメの転職先になると思います。

転職先候補2:警備員

警備員

次の転職先候補は警備員です。

警備員はビルや施設、イベント会場などの警備を行うのが主な仕事ですので警察官のキャリアが最も活かせそうな転職先ですね。

では警備員を転職先とした場合のメリット、デメリットを見ていきましょう。

転職先が「警備員」のメリット

警備員のメリット
・警察時代のキャリアを活かすことが出来る

警備員に転職するメリットとしては、警察官時代の経験が活かせるという点ですね。

警察官時代からよく「警察を辞めた後は警備員」という言葉を耳にしていて、実際に警察官を辞めた後に警備員になった人もいます。

転職先が「警備員」のデメリット

警備員のデメリット
・警察時代に比べると給料がだいぶ下がる

・過酷な現場で仕事をする可能性もある

ただ警備員という仕事は一般的に安い賃金できつい仕事をすることもあります。

警備員の平均年収に関しては約301万円となっており、警察官の平均年収813万円からくらべると半分以下に下がってしまいます。

マツロー
きつい仕事な上に給料も薄給となるとオススメの転職先と言うには少し難しいかもしれませんね。

転職先候補3:介護士

介護士

近年少子高齢化社会が進んでおり介護士の需要もますます増えてきています。

警察官退職後の転職先として介護士を挙げましたが、介護士のメリットとデメリットを見ていきましょう。

転職先が「介護士」のメリット

介護士のメリット
・未経験からでも働くことが可能

・今後より需要が高まることが予想されるため、他の仕事よりは就職しやすい

・資格を取得すればよりキャリアアップが目指せる

介護士は今後ますます需要が高まってくる仕事です。

未経験からでも入りやすい業界でもあるので、他でキャリアが活かせない元警察官にとっても理想の転職先候補になってくるでしょう。

転職先が「介護士」のデメリット

介護士のデメリット
・警察時代に比べると給料がだいぶ下がる

・体力を必要とする仕事である

デメリットとしては警備員と同じで給料が警察官時代に比べると下がる点ですね。

介護士の平均年収は378万円といわれており、年収が半分以下に下がる可能性がある上に、体力面でも過酷な職業です。

マツロー
介護士という仕事にやりがいを見出せるかがポイントになりそうですね。

転職先候補4:スポーツインストラクター

インストラクター

次の転職先候補はスポーツインストラクターです。

スポーツインストラクターは体を動かすのが好きな人にとってはオススメな職業と言えます。

ではスポーツインストラクターを転職先とした場合のメリット、デメリットを見ていきましょう。

転職先が「スポーツインストラクター」のメリット

スポーツインストラクターのメリット
・体を動かす仕事なので、警察時代体を鍛えていた人にとってはオススメ

・未経験からでも働くことが可能

スポーツインストラクターのメリットは運動が好きな人にとってはやりがいのある仕事です。

警察官には体を鍛えていた人や元々運動が得意な人が多いので、体を動かすことを仕事に出来るという点では魅力的な職業と言えるでしょう。

転職先が「スポーツインストラクター」のデメリット

スポーツインストラクターのデメリット
・警察時代に比べると給料がだいぶ下がる

・正社員の比率が低い業種である

・定年まで続けるには体力面で不安が残る

デメリットとしてはこちらも給料が下がるという点ですね。

スポーツインストラクターの平均年収は420万円と言われており、年収が下がることが許容できるのであればオススメの仕事と言えるかもしれません。

マツロー
またスポーツインストラクターは正社員の比率が20%程度と言われており、雇用条件が不安定というのもデメリットの一つです。

転職先候補5:派遣社員

派遣社員

次の転職先候補は派遣社員です。

派遣社員とは客先である会社(主に大企業など)に派遣され、客先で仕事をする職業を指します。

私も警察退職後はこのパターンを選びましたが、派遣社員を転職先に選ぶことのメリットとデメリットを見ていきましょう。

転職先が「派遣社員」のメリット

派遣社員のメリット
・未経験からでも働くことが可能

・やる気次第では有効なスキルを身に着けられる

派遣社員のメリットはまず未経験からでも採用される可能性が高い点です。

また私が最もオススメするメリットは“やる気次第では派遣先でスキルを身に着けることも可能”という点を挙げたいですね。

派遣社員は大手企業に派遣されて働くことが多いため、大手企業の高い専門スキルを身に着けれる環境にあり、やる気次第で自分のスキルとして吸収することができます。

⇒【リクナビ派遣】スキルをつける、スキルを磨く、派遣なら両方できる!

マツロー
後程詳しく説明しますが、このメリットが警察官退職後の私の人生の一つのターニングポイントになりました!
派遣社員オススメ

【キャリアアップ成功】「職歴・スキルなしの人に派遣社員がオススメ」な理由

2019年11月4日

転職先が「派遣社員」のデメリット

派遣社員のデメリット
・警察時代に比べると給料がだいぶ下がる

・雇用が安定していない

派遣社員のデメリットとしては、給料がだいぶ下がる点です。

派遣社員の平均年収は328万円となっており、こちらも警察と比較するとだいぶ下がりますね。

また派遣社員はボーナスが無かったり、いきなりリストラされる可能性があったりと雇用が安定していないという点も大きなデメリットと言えるでしょう。

元警察官にとって最適な転職先はその後のキャリアアップが望めるかどうか

キャリアアップ成功!
元警察官にとって最適な転職先は“その後のキャリアアップが望めるか”で判断するべきです。

なぜなら、上記の通り警察官の一般的な転職先はどの職業も給料が下がります

マツロー
それなら将来的に“給料UPが見込める職業”を目指すのが賢い転職探しだと思いませんか?

最初の経歴で説明したとおり、わたしは警察退職後は派遣社員でしたが、そこでスキルを身に着けることで大手企業に転職し、現在の年収は850万程で同世代の警察官よりも多い給料を得ています

キャリアアップを考えずに転職していた場合は、ここまで年収を上げることは出来なかったでしょう。

マツロー
新たにスキルを身につけれる環境でキャリアアップを目指せば人生を180度変える事ができます!

⇒最大で年収を500万円アップさせた驚きの転職戦略

元警察官が転職を成功させるには転職エージェント、転職サイトを活用する

交渉
元警察官で経歴やスキルに自身が無い人転職エージェントや転職サイトを活用しましょう。

何故かというと、転職エージェントに相談することで以下のようなサービスを無料で受けることが出来ます。

  • 自分の経歴や希望に合った優良求人を紹介してもらえる
  • 業界未経験OKの求人も多数紹介してもらえる
  • 職務経歴書の書き方や面接の指導
  • これから伸びる業界や将来性のある会社について情報収集ができる
  • 選考経過のフォロー
  • 面接で聞きにくかった質問を代理で聞いてもらえる

実際に私もこれまで4回の転職で毎回利用しましたが、自身のスキルと希望に合致した優良求人を多数紹介してもらい、これまで10社以上の優良企業から内定をGETすることが出来ました。

マツロー
これだけ豊富なサービスが全て無料!

転職に失敗したくないなら必ず活用しましょう!

次からは実際にこれまで私が4度の転職で使用したオススメの転職エージェントを紹介します。

オススメの転職エージェント

業界No.1エージェント リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

求人数 ・約20万件
メリット ・業界最大手の豊富な求人数

・大手や外資系含め、独自の非公開求人が多数あり

・年収アップが狙える企業が多い

デメリット ・担当者がコロコロ変わることがある

・担当者により対応に差がある

実際に紹介してもらった求人 ・大手機械メーカー
・外資系部品メーカー
・一部上場企業(商社、メーカー)
オススメ度 ★★★★★

リクルートエージェントの特徴

  • 圧倒的な求人数を誇り優良企業の求人が多い
  • 独自の非公開求人も多数ある
  • 年収UPを狙うには外せない転職エージェント

リクルートエージェントは業界No.1の転職エージェントで、求人数も20万件以上を誇ります。

リクルートエージェント独自の非公開求人も多数あり、転職するときはまず押さえておきたいエージェントです。

ちなみに私も「某T自動車のグループ企業(総合職)」や「有名一部上場企業」、「外資系企業」等の求人を紹介してもらい、複数の内定をGETした経験があります。

【体験談】リクルートエージェントで優良企業から内定GET!

大手転職エージェント doda

doda(デユーダ)
求人数 ・約10万件
メリット ・大手、外資系含め優良企業の求人が多数あり

・dodaだけの非公開求人も多数あり

・未経験者OKの求人も対応

・転職サイトとしてのサービスもあり

デメリット ・サポートが他社にくらべるとややドライな印象
実際に紹介してもらった求人 ・大手製薬メーカー
・外資系素材メーカー
・ベンチャー企業等
オススメ度 ★★★★☆

doda(デューダ)の特徴

  • 10万件以上の求人数を誇り、dodaだけの非公開求人が多い
  • 転職サイトのサービスも併用しており、自分の希望合った詳細な求人検索が可能
  • サイト内には転職Q&Aもあり、転職初心者にもやさしく解説してくれる

dodaもリクルートエージェントと双璧する業界大手の転職エージェントです。

doda限定の非公開求人も多数あり、有名大手企業やホワイト企業の求人も多数あります

私も毎回利用していますが、「大手企業から、外資系企業、ベンチャー企業」など豊富な求人を紹介してもらった経験があります。

オススメ転職エージェント パソナキャリア

パソナキャリア
求人数 ・約4万件
メリット ・未経験者OKの求人が豊富

・担当者のサポートが手厚く転職初心者でも安心して利用できる

・元警察官でも気兼ねなく利用できる

デメリット ・他社と比べると求人数が少ない
実際に紹介してもらった求人 ・大手自動車部品メーカー(T自動車のグループ企業)
・一部上場企業(メーカー)
オススメ度 ★★★★★

パソナキャリアの特徴

  • キャリアアドバイザーの対応が丁寧できめ細かい
  • キャリアアドバイザーのサポートが手厚く初心者でも心強い
  • 業界未経験者OKの求人も多数あり

パソナキャリアは求人数ではリクルートエージェントやdodaに劣るものの、担当するキャリアアドバイザーのサポートが手厚いです。

実際に私も利用した際は、担当のキャリアアドバイザーの方が以下の対応をしてくれました。

  • 平日遅い時間でも気軽に電話相談に乗ってくれる
  • 面接前は事前の質問予想と回答案を添削してくれる
  • 選考中のフォローをタイムリーに細かく連絡してくれる
マツロー
転職初心者の方は転職の進め方に不安を持つと思いますが、初心者でも安心して利用できる手厚いサポートが魅力です!

オススメの転職サイト

転職を成功させるには、転職エージェントと並行して転職サイトを活用することも大事です。

私も転職する際は必ず転職エージェントと転職サイトの両方を利用していますが、転職サイトの特徴は以下となります。

  • 自分のペースで好きな時に活動が可能
  • 今すぐ転職する気が無くても、簡単に利用できて“市場調査”することが可能
  • 自身のキャリアを登録しておくだけで、優良企業から直接オファーが来ることがある
  • サービス期間に限りがなく、いつでも無料で利用できる

転職サイトを利用すると、自分の好きなタイミングでマイペースに活動出来るうえに、すぐに転職する気が無くても、とりあえずどんな求人があるのか簡単に見ることができる点がメリットです。

マツロー
仕事が忙しくてすぐに転職活動できない人は、転職サイトだけでも登録してマイペースで活動することが大切です!

次は私が利用した転職サイトで、特にオススメの転職サイトを紹介します。

大手転職サイト リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 大手企業を含む優良企業の求人が豊富
  • 未経験者OKの求人も多数あり
  • 20代~40代男女の幅広い世代に対応している

リクナビNEXTは業界大手の転職サイトで特徴は圧倒的な求人数です。

とりあえず登録しておいて放置していても問題なく、場合によっては企業から直接スカウトメールが来ることがあります。

実際に私もリクナビNEXTを利用しているときに、売り上げ1兆円以上の有名大手企業から直接スカウトが来て、その後転職した経験があります。

マツロー
リクナビNEXTに登録していなかったら、大手企業に転職出来ていなかったかもしれないので、登録しておいて本当に良かった!

転職サイトもすべて無料で利用できるので安心して利用できます。

⇒【体験談】リクナビNEXTで大手企業から内定GET!

転職エージェント・サイトの「Q and A」

ここでは転職エージェントや転職サイトに関する「Q and A」を解説します。

Q1:転職エージェントや転職サイトに登録するのはどのくらい手間がかかるの?

⇒A1:5分もあれば登録可能で、すぐに利用できます。

Q2:利用していて料金は発生しないの

⇒A2:この記事で紹介している転職エージェント・サイトはすべて無料で利用できます。

Q3:転職エージェントは担当者と必ず面談しないといけないの

⇒A3:忙しい人は電話面談も可能です。
私も実際に電話面談したことがありますが、土日や平日遅い時間でも対応してもらえます。

Q4:転職するか決めてないけど登録しても問題ないの?

⇒A4:転職するか決定していなくても利用可能です。まずは登録して「どんな求人があるのか」を見てから転職する/しないを選んで大丈夫です。

Q5:担当者から営業の電話とかかかってきたりしないの?

⇒A5:基本的に営業の電話などはありません。電話があるのは面接の日程調整をするときくらいです。

Q6:複数の転職エージェントや転職サイトをかけもちしても問題ないの

⇒A6:複数の転職エージェント・サイトに登録しても問題ありません
むしろ各社独自の非公開求人があったりするので、転職を成功させるには複数のエージェント・サイトに登録したほうがよいです。

転職は若いうちにしないと圧倒的に不利

悩み
もしあなたが警察官からの転職を考えているのであれば、早いうちに転職した方がよいです。

なぜならある程度の年齢になってくると、転職の選択肢が限られてくるからです。

具体的には、年齢を重ねてからの転職には以下のようなデメリットがあります。

  • 他の公務員試験などは、年齢制限で引っかかる場合がある
  • 民間企業でも人員構成のバランスがあり、ある程度の年齢になると“即戦力”しか採用されなくなる
  • 記憶力も落ちてくるので、資格や勉強するにも難易度が上がる

最近は転職可能な年齢も上がってきてはいますが、やはり若い時にくらべたらデメリットが大きくなるため注意が必要です。

マツロー
年齢を重ねるとドンドン不利になるため、限られた時間を無駄にしないことが大切ですね。

転職エージェントは無料で登録できるので、まずはどんな求人があるのか調べることが可能です。

仕事に悩んでいるのであれば、“決して無理をせず早めに転職エージェントに登録すること”をオススメします!

計画的に転職すれば警察官を辞めた後でも人生やり直すことは可能!

希望

ここまで警察官からの転職先の最適解について紹介してきました。

警察官からの転職で悩んでいる人に伝えたいのは、

計画的にスキルを身に着ければ必ず人生をやり直すことは可能ということです。

特に警察官出身の人は厳しい職場環境でもまれているため、転職しても持ち前のガッツや精神力でめきめき頭角を現す人が多いです。

実際に私も今では、

  • 年収は警察時代よりもアップし、残業は大幅に減った
  • つらい人間関係でメンタルを摩耗することもなくなった
  • 好きな時に自由に海外旅行にも行けるようになった
マツロー
これらは警察官を続けていたらまず不可能だったので、本当に大きな自由を手にできました!

もしあなたが本気で警察からの転職を考えているのであれば、覚悟を決めて取り組めば必ず道は開けます!

警察からの転職の最適解「まとめ」

希望の光

今回は元警察官の転職先はどの職業が最適かについて考察してきましたが、ポイントをおさらいします。

  • 警察官からの転職は簡単ではなく、年収が下がるケースが多い
  • しかしスキルを身に着けながら計画的に転職すれば警察時代より年収を上げることは可能
  • 転職先は「スキルを身に着けられる環境」を選ぶことが、将来の自分を助けることになる
  • 転職選びを失敗しないためにも転職エージェントなどを積極的に活用する
  • 転職する気が無くても、まずは転職エージェントに登録して“どんな求人があるのか”を知ることから始める

私の場合は警察官退職後に「派遣社員」を選びましたが、派遣社員はあくまで1つのケースです。

「スキルを身に着け将来的にキャリアアップを目指せる転職先」こそが元警察官に最適の転職先と言えるでしょう。

どのようなスキルを身に着ければいいのか不安な方は、転職エージェントのアドバイザーと相談しながら決めるのも一つの手です。

当時の私と同じような境遇でお悩みの方がいれば、是非とも私のキャリアアップ例を参考にしていただきたいと思います。

オススメの転職エージェント!

リクルートエージェント求人数が非常に多く、優良企業など希望の求人を見つけやすい
doda:求人数が多く、未経験者OKの独自求人も多数あり
パソナキャリア:求人数は上記2社に劣るが、専門のアドバイザーのサポートが手厚く、転職初心者にかなりオススメ

※転職を検討している人にオススメの記事

リベンジ

【体験談】ブラック企業でスキルを磨き辞めることに成功【脱ブラック企業】

2019年11月24日

【警察のパワハラ体験談】パワハラ、長時間のサービス残業に苦しんだ警察官時代

2019年11月10日
派遣社員オススメ

【キャリアアップ成功】「職歴・スキルなしの人に派遣社員がオススメ」な理由

2019年11月4日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です