【警察官にオススメの転職エージェント】元警察で大手企業へ転職成功した筆者が紹介!

マツロー
・警察の仕事がつらくて転職したい

・警察から転職したいけど転職エージェントは使えるの?

元警察官の私がこんな悩みを解決します。

警察官の仕事は民間企業では考えられないくらい激務で、身体的・精神的に負担が大きいです。

人間関係もかなり厳しいため、警察を辞めようかなと検討している人も多いでしょう。

そこで今回は警察官が転職するうえでオススメの転職エージェントについて紹介します。

この記事でわかること

  • 警察官からの転職は決して簡単ではない
  • 警察官からの転職は計画的に実行することが重要!
  • 大手企業に転職成功したマツローが「警察官にオススメの転職エージェント」を紹介!

 

マツローの経歴

  • 転職4回で「警察官」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブラック企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

管理人が勧める警察官にオススメの転職エージェント

転職エージェント
私は新卒で警察官になりましたがブラックな職場環境に耐えられず退職し、現在は大手企業でエンジニアとして働いています。

計画的に転職したことで、警察を続けているよりも年収もUPし、残業時間も少ないという理想的なワークライフバランスを実現しました。

そんな私が4度の転職で使ったオススメの転職エージェントは以下です。

オススメの転職エージェント!

リクルートエージェント求人数が非常に多く、優良企業など希望の求人を見つけやすい
doda:求人数が多く、未経験者OKの独自求人も多数あり
パソナキャリア:求人数は上記2社に劣るが、専門のアドバイザーのサポートが手厚く、転職初心者にかなりオススメ

マツロー
次からは具体的にどのように計画的に転職活動をしていったのか説明します!

私の実体験が盛りだくさんなので、ぜひ参考にしてみてください!

警察官からの転職は決して簡単ではない

相談している警察官
まず最初に注意点として、「警察官からの転職」は簡単ではありません

一番の理由は、

警察官として培った経験やスキルが専門的過ぎて、他の職種に活かすことができないからです。
マツロー
私も警察官退職後は、転職が簡単ではないことを痛感しました。

しかし、計画的に転職活動すればその後の人生をやり直せるので、そのことについて紹介していきます。

警察官から転職する場合は、キャリア形成をしっかり計画する

計画
私の話で恐縮ですが、以下は私のこれまでの転職と年収の推移です。

年収推移

警察官を辞めた後に派遣社員に転職し、そこでは一時的に年収が下がりましたが、計画的にキャリア形成を行ったことでその後は年収が上がっています

順調に転職でキャリアアップしたことで現在の年収は850万円ほどで、同世代の警察官よりも多くの年収をもらっていますし、残業も警察時代よりはるかに少ないです。

このように計画的に転職・キャリアアップしていけば、警察官を辞めたからと言って後悔する必要はありません

私の場合はむしろ、警察官を辞めてよかったと思っているくらいです。

具体的なキャリア形成方法

キャリアアップ

では具体的なキャリア形成方法を紹介します。

警察官から転職してキャリアアップを成功させるには以下をイメージして計画的に実行しましょう。

  1. まずは今後の軸となる専門スキルを何にするのか決める
  2. 専門スキルが身に付く職場へ転職し、自身の市場価値を上げる
  3. より条件のいい会社へ転職しキャリアアップする

これらを意識して取り組めばあなたの市場価値は自然と上がっていきます。

①今後の軸となる専門スキルを決める

まずは警察官を辞めた後に、今後の軸となる専門スキルを何にするのか決めます。

専門スキルは例えば以下が該当します。

  • 警備関係
  • 営業職
  • 介護士
  • エンジニア
  • プログラマー

専門スキルを何にするのかはあなたの興味のある分野から選ぶ方がいいです。

マツロー
専門スキルなんて何も持ってないよ…

こう思っている方も多いと思いますが、最初は素人で全然かまいません。実際に私も警察を辞めた直後は何のスキルも持っていませんでした。

専門スキルを決めるときのポイント!

今後伸ばす専門スキルを何にするか迷っている人は以下のポイントも参考にしてください。

  • 今後も需要のある業界の専門スキルにする
    業界例:IT業(IoT等)、製造業(自動運転等)、化学業、医療業、介護業など
  • 資格など手に職が就く専門スキルにする
    有益な資格例:TOEIC(全業界に対して強い)

自分の市場価値を上げていくには、今後も需要が見込めて、かつ資格など手に職がつくような専門スキルにすることが大切です。

今後はAIによる自動化が進んでいくと予想されるので、AIでも出来るような仕事やスキルは淘汰される可能性が高いです。

今後もより一層需要が高まるような専門スキルを身に着ければ、年収UPやキャリアアップできる可能性も高くなっていくでしょう。

②専門スキルが身に付く職場へ転職し、自身の市場価値を上げる

今後伸ばしたい専門スキルを決めたら、今度はそのスキルが身に付く職場に転職します

未経験だと最初からいい条件の会社に転職することは出来ません

最初は専門スキルを身に着けるためなので、そこまで選り好みせずにスキルが身に付きそうな会社を選んだ方がいいです。

私の場合は派遣社員として大手メーカーに派遣され、そこでエンジニアとして最先端の技術に触れながら、大手ならではの専門スキルを身に着けました。

マツロー
この段階では“給料”ではなく“いかにスキルが身につけれる環境か”をメインで会社選びした方が、後々あなたを助けてくれることになります!
ポイント1(体験談)
最初は専門スキルがないため、いい条件の会社に就職するのは難しいですが、問題ありません。

未経験者でも採用してくれる会社に就職し、そこで専門スキルを身に着けていきましょう。

特に大手企業で働いていたというブランドは転職時にかなり強力なので、スキルや経験不足の方は派遣社員として大手企業で働くこともオススメです!

③より条件のいい会社へ転職しキャリアアップする

転職先で専門スキルを身に着けたら、今度は給料や職場環境を重視してキャリアアップの転職をします。

元警察官と言えども、すでに新しい職場で専門スキルを身に着けていれば、転職活動はかなりスムーズにいくはずです。

より確実にキャリアアップしたいのであれば、

  • 有益な資格の取得(国家資格、TOEICなど)
  • 職務経歴書にアピールできるような実績を作っておく
マツロー
ここまで準備出来ていれば鬼に金棒!

素晴らしい転職活動が待っています!

ポイント2(体験談)
実際に私も最初は派遣社員でしたが、そこでスキルや資格を取得したことで、その後年収を最大500万円以上UPすることができました。
 

警察官にオススメの転職エージェントを紹介!

協力

次からはこれまで私が4回の転職で使用したオススメの転職エージェントを紹介します。

警察官からの転職者でも安心して利用できる優良なエージェントばかりです。

転職エージェントとは?

転職エージェントの流れ
まず簡単に転職エージェントについて説明します。

転職エージェントとは転職希望者に対して求人情報を無料で紹介してくれる会社のことです。

専門の担当アドバイザーが付いて、あなたの転職活動を色々とサポートしてもらえます。

具体的に転職エージェントを使うことで以下のようなサービスを無料で受けることが出来ます。

  • 自分の希望条件にマッチした優良求人を紹介してもらえる
  • 未経験者OKの求人でも紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる
  • 転職で不安な点は何でも相談に乗ってもらえる
  • 自分ではし難い企業との年収交渉も代理でしてくれる
マツロー
こんな豊富なサービスが全て無料!

すぐに利用しないともったいない!

オススメの転職エージェント紹介

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っています。

特に優れている点は

  • リクルートエージェント:求人数が非常に多く、希望の求人を見つけやすい
  • doda:求人数が多く、未経験者OKの独自求人も多数あり
  • パソナキャリア:求人数は上記2社に劣るが、専門のアドバイザーのサポートが手厚く、転職初心者にかなりオススメ

どのエージェントも独自の強みが異なるので、複数のエージェントに登録して互いの利点をうまく活用しましょう。

 

警察官の仕事はかなり激務なので無理をしないことが重要

激務

私は新卒で警察官になったので民間企業に転職するまで気づきませんでしたが警察官の仕事はかなりの激務です。

特に私が激務と思う部分は、

  • 上司の言う事は何があっても絶対
  • 指導と称してパワハラするのは当たり前
  • サービス残業も当たり前
  • 仕事する相手が犯罪者や暴力団関係者

これらがすべて揃う職場なんて民間企業ではまずありません

警察官のストレスが社会問題になっていますが、警察官になると寿命が縮むと言われるくらいですから、精神的な疲労は想像を絶します。

一度メンタルを病んでしまうと社会復帰するのがかなり難しくなります

マツロー
民間企業に転職したら、ここまで心身に負担がかかることはありません。

今の職場のストレスがどのくらいなのか振り返ってみましょう。

転職は若いうちにした方が圧倒的に有利!

面接

もしあなたが警察官からの転職を考えているのであれば、なるべく早いうちに転職した方がよいです。

なぜなら若いうちに転職した方が将来のキャリアアップの選択肢が広がるからです。

仮に年齢を重ねてからの転職となると以下のようなハンデを背負うことになります。

  • 他の公務員試験などは、年齢制限で引っかかる場合がある
  • 民間企業でも人員構成が決まっているので、年を取るとより“即戦力”が求められる
  • 記憶力も落ちてくるので、資格や勉強するにも難易度が上がる

このように年齢を重ねると、若い時にくらべてデメリットが大きくなるので注意が必要です。

マツロー
年齢を重ねれば、その後のキャリア形成の自由度が下がってきます。

仕事に悩んでいるのであれば、“決して無理をせず早めに転職すること”をオススメします!

まとめ

自由

今回は警察官にオススメの転職エージェントについて紹介しました。

警察官からの転職は難しい部分もありますが、計画的に転職することで人生をやり直すことは可能です。

警察官の仕事は激務なので、疲弊している人は、決して無理をせずに自分にとって最適な行動を選択していただきたいと思います。

※警察官にオススメの関連記事

警察官の転職は難しい?警察を辞めて年収アップに成功した体験談

2020年7月27日
オススメ転職先について

【警察官の転職】元警察にオススメの転職先の最適解は?(大手への転職体験談あり)

2019年12月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です