【今すぐ試そう】うるさい職場で仕事に集中できない人におすすめの対処法6つ

マツロー
あ〜、毎日職場がうるさくて全然仕事に集中できない!

こんな悩みを解決します。

普段仕事をしていると、おしゃべりばかりしている同僚や、キーボードを強く叩いている隣の席の人など、うるさく感じることもありますよね。

そこで今回は職場がうるさくて悩んでいる人へ、今すぐ試せるおすすめの対処法を6つご紹介します。

簡単な対処法もあるため、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • 職場がうるさいと仕事の効率が落ちるだけでなく、精神的にも悪影響が出る
  • 職場がうるさい時間帯は「集中しなくていい仕事」を行う
  • 職場がうるさくて我慢できない人への6つの対処法
  • 過去や他人は変えられないが、未来と自分は変える事が可能である

 

マツローの経歴

  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブラック企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

職場がうるさくて仕事に集中できない人へ

騒音

職場の「うるさい」にはさまざまな理由があります。

  • 同僚のムダ話による話し声
  • 営業の電話の声が大きすぎる
  • 上司の怒鳴り声がうるさい
  • 隣の人のキーボードを叩く音がうるさい

このように、人によって不快に感じる音は異なります。

しかし理由は違っても、多くの人が雑音により仕事に集中できないことで悩んでいるのです。

このうるさい状況が長く続けば、仕事の効率が落ちるだけでなく、うつ病になってしまう可能性もあります。

自分なりのストレス発散方法で精神状態を上手く保ちましょう。

上司が公私混同で大迷惑!公私混同する人の特徴と対処法

2020年5月28日

職場がうるさくなる時間帯には集中しなくていい仕事をしよう

職場がうるさくなる時間帯には集中しなくていい仕事をしよう
一般的に、朝から夕方までずーっとうるさい職場はありません

うるさくしている人が自分の仕事をしているときや、どこかに行ったタイミングなど「静かになる時間帯」があるはずです。

まずは、その静かになる時間を見極めてみてください。

静かになる時間帯に「集中したい仕事」を詰め込み、うるさいときには雑用などの「集中しなくてもいい仕事」をしましょう。

ただしこれは、集中しなくていい仕事がある人が行える対策です。

仕事内容が特殊で、長い時間集中力を求められるような職業の場合には難しいかもしれません。

集中しなくていい仕事がなくて困っている場合には、このあとご紹介する6つの対処法を試してみてくださいね。

あなたが上司の場合、うるさい職場は「集中できる環境」に変えよう

もしも、職場がうるさくて集中できないことに悩んでいるあなたが上司の立場なら、必ず同じように「うるさい」と思っている部下もいることでしょう。

そこで、仕事の効率をアップさせるためにも職場を「集中できる環境」に変えていくことが大切です。

たとえば、次のような対策はいかがでしょうか?

  • オフィスの一角に「集中ブース」なるものを作る
  • コロナ禍を理由に、各デスクの周りにパーテーションを立てて、1人1人を孤立させる など

うるさい職場を放置していることで、部下たちの集中力が切れて仕事のスケジュールが遅れれば、上司であるあなたの責任になりかねません。

それを避けるためにも、職場環境の改善を徹底していきましょう。

「職場がうるさい!」仕事に集中できない人に試してほしい6つの対処法

騒音対策

それでは早速、職場がうるさくて仕事に集中できない人におすすめの対処法を6つご紹介します。

  1. 耳栓・イヤホンで物理的に耳を塞ぐ
  2. 席を外してリフレッシュする
  3. 従業員用の連絡ノートがあれば記入する
  4. 静かにしてもらうよう直接お願いする
  5. 上司に相談する
  6. 転職する

では詳しく解説していきます。

耳栓・イヤホンで物理的に耳を塞ぐ

まずは耳栓やイヤホンを使って物理的に耳を塞ぎましょう

雑音は当然、耳から入ってきて集中力を奪います。

そこで耳栓やイヤホンを使って耳を塞いでしまえば、外界の音をシャットアウトできるというわけです。

無音の方が仕事が捗るという人は「耳栓」、無音だと集中できないという人は「イヤホン」を使って小さな音で音楽を聴くことをおすすめします。

耳栓の場合には、多少外界の音が聞こえてきてしまうかもしれませんが、だいぶ軽減されるはずです。

ただし耳を塞ぐ際には、周囲の人にあらかじめ耳を塞いでしまうことを伝えておきましょう。

周囲の人が耳を塞いでいることを知らずに話しかけてきて、それに反応できず気分を害されてしまえばトラブルになる可能性があるためです。

また電話がよく鳴る部署や職場では、耳栓をすることが禁止されてしまうこともあるため注意してください。

一旦席を外してリフレッシュする

周囲のうるさい会話に耐えられなかったら、そっとその場を離れましょう。

「それだけでいいの?」と思うかもしれませんが、案外「あれ?うるさかったかな?」と気づく人も多いです。

相手に伝えることが苦手な人はぜひ試してみてください。

また席を外すことで、ついでに自分もリフレッシュできるためおすすめです。

従業員用の連絡ノートがあれば記入する

従業員用の「連絡ノート」や「引継ぎノート」などがある会社では、それに記入するのも良いでしょう。

みんなが見るノートのため、やんわりと伝えられます。

ただし、個人を名指しするのはNGです。

あくまでも「私語が目立っているようです、仕事のコスパを上げるためにもみんなで集中して仕事をおこないましょう」のように「みんな宛」を意識して記入しましょう。

静かにしてもらえるように直接お願いする

本人に言わないと気が済まないという人は、直接お願いしても良いですね。

ただしストレートに「うるさいです」と言ってしまうと、やはり人間関係のトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そのためまずは相手との信頼関係を築いて、仲良くなってからの方が言いやすいはずです。

それでもなるべくオブラートに包みながら伝えましょう。

上司に相談する

1人で悩んでしまう人は、上司に相談することも1つの手段です。

上司から注意してもらうことで、その状況が丸く収まることもあります。

そもそも上司がうるさい場合には、信頼できる他部署の上司や、上司の上司に相談してみましょう。

何をやってもダメなら転職しよう

これまでにご紹介した対処法がダメなら、最終手段としてその職場から離れることをおすすめします。

このまま働き続けても自分の精神が病んでしまうだけです。

マツロー
こんな理由で転職してもいいの?

と不安に思う人もいるでしょう。

しかし転職してはいけない理由はひとつもありません。

多くの人が働きやすい環境を求めたり、キャリアアップを目指したりして転職しています

そして職場がうるさくて仕事に集中できないのも立派な転職理由です。

あまりにも職場がうるさくて我慢できない場合は、もっといい環境の職場に転職しましょう。

転職を成功させるには転職エージェントに相談しよう

交渉

今よりよい職場環境へ転職するには転職エージェントの活用が必須です。

なぜなら、自分一人で転職活動するのは求人も多く見つけることが出来ずに限界があります

一方、転職エージェントを利用すれば以下のようなサービスが無料で受けられます。

  • 自分のスキルや経歴、希望条件にマッチした優良求人を紹介してもらえる
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 自分ではしにくい年収交渉が代理でやってもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、使用しないのは非常にもったいないですね。

実際に私も4度の転職で利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

⇒【内定10社以上獲得】オススメ転職サイト、転職エージェント徹底レビュー

転職エージェントに相談して一刻も早く転職してしまいましょう。

職場がうるさくて集中できない人は「私語がない職場」を選ぼう

職場がうるさくて集中できない人は「私語がない職場」を選ぼう
職場によっては業務中にほとんど喋らず、黙々と仕事をする会社もあります。

私語が多い職場でうるさく感じているあなたには「私語がない職場」が向いているでしょう。

私語が多い職場では、一見コミュニケーションがよく図れて仕事がスムーズに進むと思われることもありますが、それは仕事に関係のある話をしている場合です。

仕事とは無関係の話ばかりしていると、その分仕事は進まずに個々の仕事のスピードが遅くなります

一方、仕事中に私語をしない会社の場合、それぞれが最速のスピードで仕事をこなします。

これは定時内に仕事を終わらせて、残業せずに帰宅できるメリットにもつながりますよね。

おしゃべりばかりしていて仕事が終わらなければ、当然残業になることもあるでしょう。

無駄な残業をしたくない人は「私語がない職場」を選ぶことが大切です

悩める人
どうやって私語のない職場と判断するの?

と疑問を抱える人もいるかもしれません。

このような疑問を解決するのが、先にご紹介した「転職エージェント」です。

転職エージェントに相談して「社内の様子」を確認してもらいましょう。

他人を変えることよりも自分を変える方が遥かに早いし確実

行動

アドラー心理学では

「過去と他人を変えることはできないが、未来と自分は変えられる」

という言葉があります。

その言葉のとおり、他人を注意して静かにしてもらおうということはなかなか非現実的な話なのです。

それよりも自分が物理的に耳を塞いだり、席を外したりして行動する方がよっぽど楽で現実的だといえます。

そしてその職場が合わなければ転職を視野に入れて行動しましょう。

こうした、他人を変えるよりも楽な「自分を変える」ことで自分の未来が変わります。

ぜひ自分自身を信じて積極的に行動してみてくださいね。

職場がうるさくて集中できない:まとめ

挑戦

この記事では、職場がうるさくて仕事に集中できない人へ向けて6つの対処法をご紹介しました。

再度6つの対処法をおさらいします。

職場がうるさくて集中できない人への6つの対処法

  1. 耳栓・イヤホンで物理的に耳を塞ぐ
  2. 席を外してリフレッシュする
  3. 従業員用の連絡ノートがあれば記入する
  4. 静かにしてもらうよう直接お願いする
  5. 上司に相談する
  6. 転職する

小さなことから大きな対処法までさまざまですが、自分が行動することで状況を大きく変えられます。

ぜひ試しやすいものからチャレンジしてみてください。そして、最終的にその職場が合わないと感じれば、転職エージェントに相談してみましょう。

⇒年収を最大で500万円以上UPさせた驚異の転職戦略

※他にこんな記事もあります。

毎日がつまらないと感じる社会人へ!つまらない毎日の原因と人生が変わる3つの方法

2020年5月27日

仕事が嫌いになったら退職すべき?対処法と選択肢を紹介

2020年5月25日

「仕事を辞めたいけど生活できない…」人へオススメの3つの対処法

2020年5月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です