転職

【体験談】転職しないほうがいいケースとは?失敗しない方法を解説!

 

 

マツロー
・転職したいけど転職しないほうがいいケースとは?

・逆に転職したほうがいいケースってあるの?

・転職に失敗しない方法が知りたい

 

こんな悩みを解決します。

 

転職しないほうがいい状態で無理に転職すると、転職に失敗するリスクが高くなります

 

この記事では

 

  • 転職しないほうがいいケースとは
  • 逆に転職したほうがいいケースとは
  • どうしても転職したい場合の解決策

 

について解説します。

 

転職しないほうがいいのか迷っているひとは最後までご覧ください!

 


マツローの経歴

  • 転職4回で内定10社以上獲得、 転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験
  • 警察退職後は一切スキルなしだったにも関わらず、30代半ばで年収850万円以上を達成

 

転職しないほうがいいケースを解説

 

転職しないほうがいいケースを解説

 

まずは転職しないほうがいいケースを紹介ます。

 

自分にあてはまる項目がないかしっかりチェックしましょう!

 

なんとなく転職しようとしている

 

悩める人
・今の会社は不満ばかりだからやめようかな…

・なんかこの仕事続けても成長できなさそうだから転職しよう

 

このようになんとなく転職を考えている場合は注意が必要です

 

なぜなら目的がなく中途半端に転職活動すると

 

注意ポイント

  • 志望動機があいまいなので面接に受からない
  • 妥協して転職したら新しい職場に不満をもちまた転職してしまう

 

などのデメリットがあるからです。

 

明確な目的がないのになんとなく転職を考えている場合は転職しないほうがよいでしょう。

 

スキルや経験が少ない

 

今の会社でスキルや経験が少ない場合も転職をしないほうがよいです

 

なぜなら転職で成功する人は「自分のスキルや経歴を活かして、より必要とされる会社に転職しているから」です。

 

マツロー
現在の会社でスキルや経験がないのに転職しても、いい条件で転職することはできませんよね…

 

今の会社でまだスキルや経験を身につける余地がある人は実績を身につけてから転職を検討するようにしましょう。

 

一時的な感情で転職しようとしている

 

悩める人
・上司から怒られた!ムカつくから辞めたい…

 

無能な上司から叱責されたらムカつく気持ちはすごく分かります…

 

しかし一時的な感情で転職するのもやめておいたほうがいいです

 

なぜなら転職を成功させるには計画的に取り組む必要があるからです。

 

準備が出来ていないのにいきなり転職しようとしてもうまくいくことはありません。

 

一時的な感情で転職しようと考えている人は、仕事のことを忘れて一旦頭を冷やしましょう。

 

同僚に影響されている

 

職場で同僚が転職に成功したので自分も転職しようと考える人がいますが、この場合も簡単に転職できると思わないほうがよいです。

 

なぜなら転職に成功できるかどうかはあなた自身の覚悟に左右されるからです。

 

マツロー
明確な転職理由があり覚悟をもって転職すればつらい転職活動も乗り切れますが、同僚が転職できたから自分もできるだろうと軽い気持ちで転職しても失敗する可能性のほうが高くなりますよね。

 

転職に成功した同僚がいると羨ましく感じますが、あくまで転職に成功するかどうかはあなた自身の能力が一番大切なので、安易に転職はしないほうがいいでしょう。

 

無理に転職した結果待ち受ける未来とは

 

無理に転職した結果待ち受ける未来とは

 

転職すべきでないのに無理に転職した結果待ち受ける未来とは?

 

次からは無理に転職した結果起こりえることについて解説します。

 

再就職できずに生活できなくなる

 

無理に転職して退職までしてしまうと再就職できずに生活できなくなるリスクが高くなります

 

特に最近は景気も悪くなってきているので、転職活動を始めてもすぐに再就職が見つかる保証もありませんよね

 

スキルがあり引く手あまたの人であれば心配不要ですが、転職しないほうがいい人の場合は再就職に苦労する危険性があるので注意しておきましょう。

 

年収が下がる

 

転職しないほうがいいのに無理に転職するとほぼ年収は下がると考えておきましょう

 

ふつう転職で年収を上げるにはスキルや経歴を他社から評価されて転職する必要があります

 

マツロー
まだ転職すべきでない人は評価されるスキルが乏しいので年収が下がるのは当然といえますね。

 

無理に転職すれば年収が下がる可能性が高いことに注意しておきましょう。

 

ブラック企業に入社してしまう

 

無理に転職すればブラック企業に入社してしまう可能性もあります

 

なぜならホワイトな求人は競争率が高く、市場価値の高い転職希望者が優先的に内定をもらうからです。

 

転職しないほうがいい人が転職しても、条件の悪い求人しか転職できない可能性が高く、ブラック企業に転職してしまう危険性が高くなるので注意しましょう

 

職歴に傷が入り次の転職難易度が上がる

 

転職しないほうがいいのに無理に転職した場合、職歴に傷が入り次の転職難易度が上がります

 

理想の職場に転職できればよいですが、市場価値が低い状態で無理に転職しても満足できる職場で働ける可能性は低いです。

 

満足できない職場に転職すればやがて会社に不満ができて、また転職を考えるかもしれません。

 

マツロー
私は4回転職していますが、転職回数が多くなるにつれて企業からはネガティブに見られます。

 

企業側が納得する説明ができない限りはマイナス評価を覆すことは難しいですよね…

 

ですので転職しないほうがいいのに安易に転職するのはオススメできません。

 

逆に転職してもいいケース

 

逆に転職してもいいケース

 

これまで転職しない方がいいケースについて紹介しましたが、逆に転職した方がいいケースについて紹介します。

 

現職で成果をだし市場価値が上がっている

 

まずは現職で成果を出して市場価値が上がっている場合です。

 

さきほども述べましたが転職でキャリアアップに成功する秘訣は、自分のスキルや経歴を評価してくれる企業に転職することです。

 

あなたが現職で十分成果をあげて更なる高みを目指せる状態ならキャリアアップできるチャンスなので積極的に転職を検討しましょう。

 

パワハラやセクハラに苦しんでいる

 

あなたがパワハラやセクハラなどのハラスメントに苦しんでいる場合も転職したほうがよいでしょう

 

もしパワハラなどを我慢して働き続けると最悪うつ病になるリスクがあります。

 

マツロー
実際に私が以前働いていた会社の同僚もパワハラを我慢し続けた結果うつ病になり社会復帰できずに退職してしまいました…

 

自分を守れるのは自分だけですので、強いストレスを感じている場合は転職を検討しましょう。

 

ブラック企業で働いている

 

ブラック企業で酷使されている場合も転職を検討したほうがよいでしょう

 

ブラック企業は長時間のサービス残業や休日出勤が当たり前で、あなたの貴重な時間を経営者に搾取されているのと同じです

 

ただしブラック企業から転職する場合でも、最低限学べるスキルは吸収して転職したほうがよいです

 

ブラック企業は確かに激務ですが、激務ゆえにスキルや経験値は身に付きやすいこともあります。どうせ辞めるならスキルや経験をしっかりと身につけ市場価値を高めた状態で辞めるようにしたほうが賢い転職といえるでしょう。

 

マツロー
私もかつてブラック企業で疲弊していましたが、いろいろな仕事をやったおかげでスキルや経験が身に付き次の転職ではキャリアアップすることができましたよ。

 

転職しないほうがいいけど、どうしても転職したいときの対処法

 

転職しないほうがいいけど、どうしても転職したいときの対処法

 

これまで転職しないほうがいいケースについて解説しましたが、どうしても転職したいときの対処法について紹介します。

 

キャリアの軸を明確にする

 

まずは今後のキャリアの軸を明確にしておきましょう

 

なぜなら転職するのであれば今後どのような仕事でキャリアアップを目指すのかしっかり固めておく必要があります。

 

もしキャリアの軸が固まっていない状態で転職したら、

 

注意ポイント

  • 次の転職先でもすぐに辞めてしまう可能性が高くなる
  • キャリアに一貫性がないため企業側から「この人は信頼できない」と判断される

 

などのデメリットがあるからです。

 

マツロー
何度も転職に失敗するのはキャリアアップを目指す上ではマイナスでしかありません。

 

転職するまえにしっかりと将来のキャリアの軸を決めておきましょう。

 

転職に有利な資格をとる

 

転職に失敗しないためには転職に有利な資格をとっておくことも大切です

 

スキルや経歴が乏しい場合でも有利な資格をもっていれば

 

  • 自分から積極的に学ぶ姿勢がある
  • 資格に合格するだけの学力や知識を有している
  • 合格するまで地道に努力できる人物である

 

というプラスの評価を受けることだできるからです。

 

悩める人
でもどんな資格が転職に有利なの?

 

具体的には以下のような資格をオススメします。

 

オススメ資格 説明
TOEIC

・ほぼ全ての業界で評価される最強の資格

・まずはスコア600以上を目指し、700以上だと転職にかなり有利になる(体験談)

中小企業診断士

・難関資格だがその分かなり評価される

・営業や経営コンサルタントを目指すならぜひ取りたい資格

日商簿記

・経理業界を目指すならぜひ取りたい資格

・持っているだけで転職が優遇されるケース多い

二種電気工事士

・未経験からでも誰でも受験可能で需要高い

・持っているだけで転職が優遇されるケース多い(電気工事の仕事)

・一種電気工事士があるとなお良い

基本情報技術者

・ITエンジニアを目指すなら必須の資格

・未経験からでも誰でも受験可能で需要高い

 

個人的に特にオススメな資格はTOEICです。

 

なぜかというとTOEICは幅広い業界や職種で需要があり、日本人は英語が苦手なので相対的に高い評価を受け転職活動を優位にすすめることができます

 

マツロー
私もTOEICは750以上のスコアをもっていますが、スコアが上がるにつれて年収をアップすることができました。

 

転職で有利になるTOEICスコアについてはこちらの記事でまとめているのでぜひ参考にしてください。

>>【体験談】転職に有利になるTOEICスコアについて解説

 

転職エージェントに相談する

 

転職に失敗しないためには転職エージェントに相談しましょう

 

なぜなら転職エージェントに相談することで

 

ココがポイント

  • あなたに希望や経歴にマッチする求人を紹介してもらえる
  • 職務経歴書の添削や面接練習
  • 企業との年収交渉

 

などのサービスが無料で利用出来ます。

 

悩める人
でも転職エージェントはどこを利用したらいいの?

 

そんな人にはリクルートエージェントをオススメします

 

なぜならリクルートエージェントは業界No.1の転職エージェントで、担当アドバイザーや求人の質が圧倒的に優れているからです。

 

下のグラフは私の転職回数と年収の推移です。

 

転職回数と年収の推移

 

ご覧のとおり、リクルートエージェントをメインで利用することで

 

ココがポイント

  • 2回目の転職からは年収が右肩上がり
  • 最大で年収550万円以上アップ
  • 理想の職場へキャリアアップ成功

 

を達成することができました。

 

本当に転職するかは別にして気軽に相談できるので、まずはリクルートエージェントに相談してみましょう!

 

>>リクルートエージェント公式サイトへ

 

転職しないほうがいいケースとは?:まとめ

 

転職しないほうがいいケースとは?:まとめ

 

今回は転職をしないほうがいいケースと、どうしても転職したい場合の解決法について解説しました。

 

最後にポイントをおさらいします。

 

ココがポイント

  • 転職しないほうがいいケース1:なんとなく転職を考えている
  • 転職しないほうがいいケース2:スキルや経歴が少ない
  • 転職しないほうがいいケース3:一時的な感情で転職しようとしている
  • 転職しないほうがいいケース4:同僚に影響されている
  • 転職してもいいケース1:現職で成果を出せている
  • 転職してもいいケース2:パワハラなどを受けている
  • 転職してもいいケース3:ブラック企業で働いている
  • 転職したいときの対処法1:キャリアの軸を明確にする
  • 転職したいときの対処法2:転職に有利な資格をとる
  • 転職したいときの対処法3:リクルートエージェントに相談する

 

転職に失敗すると将来的なキャリアプランに悪影響が出てしまいます

 

将来後悔しないためにも、まだ転職しないほうがいい人の場合はしっかりと準備することから意識してください。

 

そうすれば自ずとあなとの市場価値は上がり、適切なタイミングで転職することでキャリアアップすることができるでしょう。

 

※私が転職で年収を500万円以上アップすることに成功したのはリクルートエージェントを利用したからです。

求人の質・量とも他社よりかなり充実しているのでまずはリクルートエージェントに相談してみましょう。

\ 5分で登録完了 /

※リクルートエージェント公式サイトへ

※業界No.1転職エージェント

 

仕事で悩んでいる人にとっておきのアドバイス

 

  • 今の会社に不満がある…
  • このまま今の会社で働いていいの?

 

職場の人間関係や環境に不満を持っている人は多いですよね。

 

私もかつてブラック企業で働いていたときは、過酷な環境で心身を病んでいました…

 

現状に不満がある人はまずはリクルートエージェントに相談してみましょう

 

実際に転職するかは別にして、担当者と面談することで

 

  • 今本当に転職すべきなのか
  • あなたにオススメの求人はどんな求人があるのか

 

などキャリアプランを明確にすることができます。

 

実際に私はリクルートエージェントにキャリア相談した結果、転職に成功し年収を500万円以上アップすることができましたよ!

 

少しでも会社に違和感を感じている人はまずは気軽に相談してみましょう。

 

>>リクルートエージェントに無料相談してみる

 

 

-転職

© 2021 転職ドライブ Powered by AFFINGER5