【職場でうまく話せない人必見】うまく話せるようになる5つのコツ

マツロー
・職場でうまく話せない…

・自分が黙っているせいで空気が重たい…

こんな悩みを解消します。

職場でうまく話せない原因は主に以下です。

  • 自分をより大きく見せようとしている
  • 自分に自信がない

しかし自分が話さないせいで職場の空気が悪いと、自分自身もストレスを感じてしまいますよね。

そこで今回は、職場でうまく話せないときの心理状態や、うまく話せるようになるコツをご紹介していきます。

簡単に試せる方法ばかりですので、ぜひチャレンジしてください。

この記事でわかること

  • 職場の人とうまくしゃべれない時の心理状態とは?
  • 職場の人とうまく話せるようになる5つのコツ
  • うまく話せない原因が「自分」なのか「職場にあるのか」を見極めることが大切

 

マツローの経歴

  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブラック企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

職場の人とうまく話せないときの心の状態は?

神経質

まず、あなたが職場の人とうまく話せないと感じているときの心理状態を探ってみましょう。

  • 自分を大きく見せようとしている
  • 自分に自信がない
  • 緊張している

自分を大きく見せようとしている

1つ目に考えられるのは冒頭でも述べたとおり、あなた自身が他人に対して「自分をより大きく見せよう」としていることがあります。

これは意識的にやってしまう人と、そうでない人がいます。

例えば、入社したての会社で、あなたがあまり詳しくない「あるシステム」について質問されたと仮定しましょう。

そのときに、

マツロー
このシステムは使ったことがないのでわかりません

と素直に答えられれば良いのですが、人によっては

マツロー
これは前に1度使ったことがあったような気がします…えーっと…

などと、いかにも自分は仕事ができる人だとアピールしてしまうのです。

こうした本来の自分以上のことを答えようとすれば、当然しどろもどろになってしまいますよね。

自分に自信がない

自分に自信がない人も、周囲とうまく話せないことで悩んでいる人が多いでしょう。

自分に自信がないというのは、次のようなことを考えてしまっている人のことをいいます。

  • この人は私と話していて楽しいのかな?
  • 会話のキャッチボールができているかな?
  • 馬鹿にされないかな?
  • 私の話を聞いてくれないかもしれない… など

しかし多くの場合、相手は何も考えずにあなたに話しかけています。

そうとは知らずに、あなたのなかの不安がどんどん大きくなり、自信喪失につながってしまうのです。

緊張している

単に、他人と話すことに緊張してしまう人もいます。

これは職場の人に限らず、店員さんやお客さんと話すことでも緊張してしまうのが特徴です。

緊張すればするほど、自分の考えを伝えることは難しいですよね。

使うべき言葉を間違えたり、声が小さくなったりすると相手に自分の意思がなかなか伝わりません。

職場でうまく話せなくても、あなたはあなたらしくいればいい!

OK
プライベートでは、同性・異性関係なく友人や家族などと気さくに話せているのに、職場に出勤した途端にうまく話せないという人は、意外にも多いです。

このような人は、先に紹介した心の状態とは別の状態になっていることが考えられます。

それは、頭と心が「仕事モード」になっている状態です。

職場に出勤すればやらなければならない仕事がたくさんあり、同僚や上司から面白い話を振られたとしても面白く返せないのでしょう。

余計なことを考えている余裕もなく、仕事に集中してしまいます。

しかし、こうした理由から職場でうまく話せないことに悩んでいる場合には、悩むことをやめましょう

うまく話せないことで虐められているわけではないのなら、周囲の人もあなたの仕事ぶりを認めてくれているはずです。

「◯◯さんは物静かであまり話さないけど、仕事はきちんとこなしてくれるんだよな」と信頼されています。

そもそも職場とは、仕事をするための場所であって、ほかの人と仲良くする場所ではありません

あなたはあなたらしく、仕事に集中していて大丈夫です。

マツロー
周囲の声を無視する必要はありませんが、しっかりと仕事をしていれば何の文句も言われません!

それでも「うまく話せるようになりたい」という人は、次に紹介する5つのコツを実践してみてください。

職場の人とうまく話せるようになる5つのコツ

ポイント

次に、職場の人とうまく話せるようになるコツを5つご紹介します。

①「自分を大きく見せなくて良いんだ」と自分自身に言い聞かせる

うまく話せないときの心理として、自分を大きく見せようとしてしまうことをご説明しました。

ここで知っていただきたいのは、まったくもって相手に自分をより大きく見せる必要はないということです。

たしかに「この人は仕事がデキる人なんだな」と思ってもらえれば嬉しいですよね。

しかし虚勢を張って本当の自分を偽っても、あとあと自分が大変な思いをするだけです。

まずは自分自身がありのままの自分を受け入れて、そのありのままの自分を職場の人にも見てもらいましょう。

自分が心を開けば、きっと相手も心を開いてくれるはずです。

②とりあえず笑顔を意識しておく

「職場の人とうまく話せない…」と内向的な思考になっている人は、とりあえず「笑顔」を意識しておきましょう

話しかけられて「はい、そうです」などと短い返事しかできなくても、それを笑顔で答えるだけで印象が180度変わります。

このように自分が笑顔を意識しておくことで、周囲からは「◯◯さんはいつも笑顔で明るいね」と評価されるでしょう。

③うまく話せなくても挨拶だけは徹底的におこなう

うまく話せないと塞ぎ込んでしまっている人は、うまく話そうとするのではなく「挨拶」を徹底的におこないましょう

「おはようございます」「お疲れ様です」「お先に失礼します」など、職場での挨拶をきちんとおこなえば、気分を悪くする人はまずいません。

はっきりと大きな声でいうことを意識し、できれば自分から挨拶をしましょう。

④ボディランゲージを上手く使いこなす

人とのコミュニケーションの1つとして、ボディランゲージがあります。

ボディランゲージとは、その言葉のとおり「体を使った言葉」という意味です。

例えば先にご紹介した「笑顔」。これもボディランゲージの1つです。ほかには、相手の話す速度に合わせた「相槌」などがあります。

もしも、相槌をするときに声のトーンについても相手に合わせられれば、より相手との距離を縮められるでしょう。

具体的には、声が高い人と話すときには自分も高い声の相槌を意識します。

また、速いペースで話す相手には、こちらも速いペースの相槌をおこなってみてください。

こうした会話や言葉以外の部分であるボディランゲージを駆使して、コミュニケーションを図っていきましょう

⑤相手について興味を持ってみる

職場の人と話すときに緊張してしまう人は、相手のことをよく知って「他人」から「知人」になってみましょう

それにはまず、相手に興味を持つことから始めてみてください。

  • 何故この仕事をしているのか
  • 家族構成は?
  • 好きな食べ物や趣味は?

など、答えやすい質問をぶつけてみましょう。

自分との共通点が見つかれば、興味を持ちやすくなります。

そして相手のことを知れれば、いずれ緊張も薄れていきますよ。

職場でうまく話せるようになるために重要なのは「逃げないこと」

前進
「今話しかけても大丈夫かな?」などと相手の都合を気にし過ぎて、うまく話しかけられずに質問を後回しにしていることはありませんか?

気を遣いすぎて仕事を後回しにしてしまえば、仕事が進まずに周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

極端ですが、「職場の人と話すのが苦手なこと」と「業務上の会話」を一緒にしていてはいけません

ある程度、相手に話しかけるタイミングは見計らうべきですが、やはり思い切って質問することが重要です。

また話しかけられて逃げるようにその場を立ち去ってしまえば、相手に不快な思いをさせてしまいます。

話しかけられたときでも、先に紹介したような「笑顔を意識しておく」や「ボディランゲージを使いこなす」を駆使して、その場から逃げないように努力しましょう。

マツロー
業務上の会話は仕事と割り切って、表面上の付き合いでもよいので最低限必要な会話は必ず行うようにしましょう!

「コミュニケーションが苦手」と答えた人は約58%と多い

JTBでは、大学生・会社員・主婦・リタイア層の2060人を対象にコミュニケーションの調査をおこなっています。

その中で、コミュニケーションが苦手だと答えた人は約58%もいました。

これは半数以上の人がコミュニケーションに苦手意識を持っていて、何かしらの苦労をしているということです。

つまり、職場でうまく話せないことを悩んでいるのは、あなただけではないということでもあります。

もしかしたら、あなたに一生懸命話しかけてきている同僚や上司も、人に話しかけることを苦手としているかもしれません。

そんな中で、仲良くしようと一生懸命話しかける方法を模索しているとも考えられますよね。

コミュニケーションが苦手で悩んでいるのは自分だけではないことを心に留めておきましょう。

職場の人が原因でうまく話せないなら、転職を検討しよう

キャリアチェンジ

自分が原因で職場の人とうまく話せないのなら、先にご紹介した5つのコツを意識すれば、いずれ改善されるでしょう。

しかし、うまく話せない原因が自分ではなく、職場にある場合、話は別です。

例えば次のようなことが挙げられます。

  • 上司からのパワハラが凄すぎて、職場で萎縮してしまっている
  • 職場の人間関係が泥沼化していて、話せる空気ではない
  • 社内にイジメを主導するボスがいて、常に誰かがいじめられている
  • 仕事量が多すぎて、話しているどころではない など

こうした職場が原因の場合は、あなたがいくら努力をしても話せるようにはなりません

そのため、今すぐ転職を検討しましょう。新しい職場でリスタートをすればいいのです

転職をする際には、転職エージェントに相談して、自分にあった求人を見つけてもらうことをおすすめします。

理想の職場に転職するには転職エージェントを有効活用しよう

調査

あなたの理想の職場に転職するためには、転職エージェントの活用が必須です

なぜなら自分一人で転職しようとしても、「希望にマッチした求人」を見つけ出すのに限界があります

一方、転職エージェントを利用すれば以下のようなサービスが無料で受けられます。

  • 自分のスキルや経歴、希望条件にマッチした求人を紹介してもらえる
  • 気になる企業の「職場環境」や「年収レンジ」などの情報を教えてもらえる
  • 自分ではしにくい「企業との年収交渉」を代理でやってもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習をしてもらえる
  • 転職で不安な点は何でも相談に乗ってもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、利用しないのは非常にもったいないですね。

私も4度の転職で転職エージェントを利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私がこれまで4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

転職エージェントを活用して、働きやすいホワイトな職場へ転職しましょう!

まとめ

明るい未来

今回は、職場でうまく話せない人に試して欲しい5つのコツをご紹介しました。

誰とでも仲良くアクティブに絡める人もいれば、あなたのようにさまざまなことを考え込んでしまい内向的になってしまう人もいます。

しかし1日の大半を過ごす職場でうまく話せないと、ストレスが溜まりますよね。

まずはうまく話せるようになるコツを試してみてくださいね。

そして、あなた自身ではなく職場に原因がある場合には、キャリアアップのつもりで転職を検討してみましょう。

※他にこんな記事もあります。

仕事なんてもうどうでもいいと思っている人へ【頑張るだけが仕事じゃない】

2020年6月28日

会社で気疲れする原因は?すぐにできる対処法と根本的な解決方法

2020年6月22日

今の職場は息が詰まる…。今すぐに試せる5つの解決策をご紹介

2020年6月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です