【体験談】福利厚生の厚い会社は?大手と中小企業の違いを解説!

マツロー
福利厚生の厚い会社ってどんな会社?

大手と中小企業ではどのくらい違うの?

今回は公務員、派遣会社、商社、大手企業で働いた経験のある筆者が以下について説明します。

  • 福利厚生が厚い会社の福利厚生について
  • 大手と中小の福利厚生の違い

というのも、現在私は大手企業に転職していますが転職前は中小企業に勤めており、大手に転職してみて大手企業の福利厚生の厚さに驚いた経験があります。

そこで今回は大手企業の福利厚生の厚さについて解説していきます!

この記事を読んでで得られること
・大手企業と中小企業の福利厚生はどれくらい違うのか

・大手企業の福利厚生はとにかく厚い!

・大手企業では年収だけでなく、福利厚生も手厚い待遇が多い

スポンサーリンク

大手企業の福利厚生はとにかく厚い!

手厚い福利厚生

大手企業の福利厚生は内容が厚く充実しているので、さっそく内容について紹介していきます。

カフェテリアプラン

カフェテリア

まずはカフェテリアプランという制度があります。

カフェテリアプランとは会社側があらかじめ多数の福利厚生のメニューを用意しておいて、従業員がそのメニューの中から好きなメニューを自由に選んで利用できる制度のことを指します。

私の会社では従業員の年齢や家族構成(独身 or 家族有り)などの条件によって毎年一年間に付与されるカフェテリアポイントが決まっていて、付与されたポイントの範囲内であれば自分の好きな福利厚生を受けることが出来ます。

カフェテリアプランの中には実に様々なメニューが用意されていて例えば以下があります。

  • 賃貸住宅の家賃
  • 病院の治療費
  • 自動車の保険代
  • 人間ドックの費用
  • 新幹線の運賃
  • 子供の保育園料

上記は一例で、その他にも多数のメニューが存在するのが大きな特徴ですね。

なお毎年付与されるカフェテリアのポイントは金額に換算すると年間で10万円以上の価値があり、カフェテリアプランがあることで実質ポイント分だけ年収がアップするようなイメージです。

しかもカフェテリアプランのメニューによっては“非課税扱い”に出来るメニューもあるため、税金分が引かれないため非常にお得な福利厚生となっています。

健康保険証を使った福利厚生

保険証

次は会社の健康保険証を提示することで受けられるサービスがあります。

大手企業の場合は健康保険組合という組織があり、その組織が複数の福利厚生を提供しており健康保険証を提示することで従業員やその家族が福利厚生のサービスを受けることが出来ます。

具体的なサービスは以下です。

  • 映画館で映画を千円で見られる
  • 一般価格よりも安い金額でスポーツジムを利用できる

サラリーマンの方であればみなさん健康保険証をお持ちだと思いますが、保険証を使用して映画を安く見れる特典が付いていれば非常に嬉しいですよね!

ライフイベントごとにお祝い金がもらえる

お祝い金

私が転職した企業では結婚したときや子供を出産したときにお祝い金がいただけるようになっていました。

結婚した場合に数万円、子供が生まれたときには一万円など、結構高額なお祝い金をいただくことができました。

また会社とは別に、労働組合がある会社では、組合の方からもお祝い金をいただきましたね。

労働組合がある会社は一定以上の規模の会社が多く、以前勤めていた中小企業ではそのような福利厚生が無かったため、お祝い金をいただいたときは非常に感動したことを覚えています

社宅に安く住むことができる

社宅が安い

次は社宅に安い料金で住めることです。

私の会社は、会社があらかじめ一般の賃貸物件を借り上げておいて、入居希望者はその賃貸住宅を社宅として利用することが出来るのですが、通常なら7~8万くらいする物件に2万円ほどで住むことができました。

通常価格の半額以下の値段で済むことが出来る訳ですから、家族持ちの人にとっては非常に大きなメリットですね。

一般的に手取りにおける家賃の割合は3割以内にした方がよいと言われますが、福利厚生があることで住居費を手取りの1割以下に抑えることが出来るので非常にありがたい制度となっています。

一般よりも安い保険に入ることができる

自動車保険

私が転職した会社では自動車保険や生命保険も一般よりも安い価格で入ることができました。

大手企業によっては、事業の一部に保険事業を行っている会社もあり、従業員特典として従業員(グループ企業の従業員も含む)は特別に団体割引保険の適用を受けることが出来ます。

私が転職した大手企業も保険事業を行っていたため、通常よりも20%以上安い価格で自動車保険に加入することができました。

大手企業に転職する前までは、自動車ディーラーにお願いして保険に入っていたため、その頃の保険代に比べるとだいぶ保険代を安く済ませることができましたね。

手厚い福利厚生のまとめ

幸せな景色

今回は私が大手企業に転職したことで経験した手厚い福利厚生の数々について説明しました。

大手企業で働くメリットとして純粋に年収が高い傾向にあるということがクローズアップされがちですが、単純な年収額以外にも福利厚生の充実といった大きなメリットが存在します。

上記で書いた福利厚生はあくまで一例ですが、福利厚生の充実度は中小企業に比べて大手企業の方が充実しているという点は明確です。

資産形成を効率よく進めていくには、年収額だけでなく福利厚生の充実度も大きな鍵となっていて、特に住宅手当やカフェテリアプランといった福利厚生は何年も継続することでジワジワと効いてくるように思います。

資産形成を効率よく進めたいとお考えの方は、大手企業に就職/転職するという選択肢も検討されてみてはいかがでしょうか。

※筆者が派遣社員から大手企業に転職した経験をもとにオススメ転職サイト・エージェントについてまとめました

大手企業から内定をGETするためのオススメ転職サイトまとめ
この転職サイトのおかげで元警察官・元派遣社員だった私でも、売り上げ1兆円以上の大企業の正社員に転職成功することが出来ました。

【派遣から大手へ転職成功】「オススメ転職サイト・転職エージェント」を徹底レビュー!

2019年11月16日

※他にこんな記事もあります。

【体験談】派遣、中小企業から大企業に転職したら人生変わった話【ポイント解説】

2019年2月10日

【体験談】派遣から大手の正社員に転職するために実践したこと

2019年2月2日

【完全保存版】元派遣社員が大手企業に転職成功した転職活動のノウハウ教えます

2019年1月20日

【体験談】元派遣社員が大手企業のメリット/デメリットについて徹底解説

2018年10月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です