【4つの対処法】仕事のストレスが原因で思考停止に陥っている人へ

マツロー
会社では指示されたことだけをただやっていて、仕事に対して自分の意思やアイデアがまったくない…

このように普段の仕事において、「何も考えられない状態になっている」という人も珍しくありません。

実はこうした人は、考えたくても考えられない状態になっているのです。

しかし周りからは一切その様子がわからず、「ただ何も考えていない人」と捉えられてしまいます。

この記事では、職場で思考停止に陥ってしまった人がおこなうべき4つの対処法をご紹介します。

毎日何も考えられずに、言われたことだけをロボットのようにおこなっていて虚しい気持ちになっている人は、ぜひ試してみてください。

※この記事を読むことで分かること

  • 思考停止のまま仕事を続けるのは危険!
  • ストレスで思考停止した場合の4つの対処法
  • 思考を奪われる職場でなく、自分で考えて行動できる職場へ転職することが大事
  • 管理人の経歴
  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブッラク企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

「思考停止」とは考えることを辞めてしまう状態のこと

思考停止
はじめに「思考停止」とはどんな状態のことをいうのかについて理解しておきましょう。

思考停止とは、物事について考えることを辞めてしまう状態のことを指します。

つまり、何にも考えられない状態のことを表し、過剰なストレスが原因で起こることが多いです。

思考停止の状態をほかの言葉で表すならば、「フリーズ状態」や「頭のなかが真っ白になる」などが適当でしょう。

マツロー
仕事をしているときに思考停止になるものなの?

と驚く人も多いかもしれませんが、強い精神的ストレスを受け続けると、人間は何も考えられなくなります。

自分で考えて行動することができないため、上司や先輩からの指示がなければ何をしたらいいのか分からなくなってしまうのです。

仕事で強いストレスを受けて思考停止したままでいるとどうなるの?

ストレスを抱える人
何も考えないで働いていると、まるでロボットになったかのように、会社での自分の存在意義が見出せなくなります。

その結果、人生を無駄に過ごしているという感覚に襲われ虚しい気持ちでいっぱいになってしまうのです。

虚しい気持ちが続けばうつ病になってしまう可能性もあります。つまり、自分で考えて行動するということは元気に働いていくために必要なことだといえるでしょう。

“もう会社に行きたくない”と考えてしまう理由とは?4つの対処法も紹介!

2020年5月9日

仕事でストレスを抱え思考停止してしまった場合の対処法は4つ

悩める人へのアドバイス
仕事の過度なストレスが原因で思考停止してしまった人は、次の対処法を試してみましょう。

小さな目標を立て達成することで脳に刺激を与える

毎日同じことの繰り返しでは、脳が考えることを辞めてしまいます。

そこで脳に刺激を与えるために、毎日小さな目標を立ててそれを達成しましょう。達成することで成功体験が積み重なり、脳に良い刺激を与えることができます。

また、日常をあえてルーティン化している人もいますが、小さな目標を立てることでルーティンの見直しにもつなげることが可能です。

そうすれば、「これは本当に正しいルーティンなのか」「この目標を達成するために何が必要なのか」といった、“考えるトレーニング”になります。

小さな目標は何でも構いません。例えば、

  • 営業先に自分から1日3件の電話をする
  • 資料やフォルダの中を整理する
  • 締め切りに余裕をもって仕事を片づける
  • 普段の業務のマニュアルを作成する

など、達成できそうな目標設定をしてみましょう。

自分の考えを言葉にして相手に伝える

自分で考えたことは、言葉に出して相手に伝えましょう。

ただ考えるのではなく、言葉にすることで脳を回転させることができます。

「相手にどのように伝えれば分かりやすいか」「どんな言葉を選べばいいのか」などをよく考えて伝えてみてください。

このとき、何も考えずに話していては意味がありません。しっかりと相手のことを考えながら適切な言葉を選ぶことで思考能力が徐々に磨かれていきます

まとまった休暇を取得してゆっくりと休む

ストレスがかかりすぎて思考停止に陥っている場合、数日間のまとまった休暇を取得してゆっくりと心も体も休ませることをおすすめします。

仕事から離れることで、極度の緊張状態から解放されて思考力が回復することがあるからです。

有給休暇を取得するとき、基本的に理由を述べる義務はありません。もしも休暇を申請して理由を聞かれたら、適当にごまかしておきましょう。

自分の考えで行動できるような職場に転職しよう

毎日上司から「あれをやれ」「それが終わったらこれを宜しく」などと命令を受けるばかりで、自分で考えて行動できない人は転職して環境を変えましょう。

そのまま働き続けても、自分の意思で行動させてもらえません。その結果、うつ状態になってしまってからでは遅いのです。

自分の意思で行動できる職場はたくさんあるので、自分に合った新しい職場を見つけましょう!

転職する場合は転職エージェントの活用が必須

交渉
転職に成功したい人は、転職エージェントに相談することが成功への近道です。

なぜなら、転職エージェントに相談すると、担当者から以下のサービスを無料で受けることが出来ます。

  • 自分の希望に合う非公開求人を多数紹介してもらえる
  • 職務経歴書の書き方や面接の指導
  • 気になる求人の年収レンジや職場環境に関する情報
  • 気になる求人に、これまでどんな経歴の人が内定を得たかの情報
  • 選考経過のフォロー
  • 面接で聞きにくかった質問を代理で聞いてもらえる

これらのサービスが無料で利用できるわけですから、活用しないのは非常にもったいないですね。

私も4度の転職で転職エージェントを利用していますが、自分の希望に合った優良求人を多数紹介してもらい、これまで「有名大手企業」や「外資系企業」など10社以上の内定をGETすることができました。

オススメ転職エージェント比較

私が4度の転職で利用したオススメの転職エージェントを紹介します。

求人数 高年収求人 業界未経験OK 担当者のサポート
リクルートエージェント
doda
パソナキャリア

上記3つは特に私がオススメする転職エージェントで、どのエージェントも独自の強みを持っているため、複数のエージェントに登録して、それぞれの長所を上手く活用すれば転職の成功率もグッと上がりますよ

 

転職エージェントを活用して自分の理想の職場へ転職しましょう!

まとめ

自分で行動する
今回は、仕事で強いストレスを受けていて思考停止状態にある人へ向けて、その状態から脱出する対処法を4つご紹介しました。

思考停止状態が続けば、「ただ生きているだけ」「ただ働いているだけ」という人生になり、生活の質が低下する恐れがあります。

もっと楽しく生きるために、思考を奪われる職場とはおさらばして、自分で考えて行動させてもらえるような新しい環境へ転職しましょう。

⇒転職4回で年収を500万円以上UPさせた転職戦略

※他にこんな記事もあります。

“出世しない人生”を選ぶ人が増加中?3つのメリットと2つのデメリットを紹介!

2020年5月17日

「仕事が暇すぎてつらい…」そんな人におすすめの暇つぶしBest3と注意点

2020年5月16日

【ホワイト企業の見分け方】働きやすい環境でより長く楽しく働こう

2020年5月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です