転職エージェントがむかつく!!実際の口コミと3つの対処法を紹介

マツロー
転職エージェントを利用してるけど担当者がむかつく!

むかついたときはどう対処すればいいの?

こんな悩みを解決します。

求職者にとって転職の強い味方である転職エージェントですが、ビジネスモデルが原因で求職者にストレスを与えてしまっている場合があります。

本記事では、むかつく転職エージェントに出会ったときの3つの対処法を解説します。

むかつく転職エージェントに出会ってしまった人の口コミもご紹介しますので、転職エージェントに怒りを抱えている人は読んでみてください。

この記事でわかること

  • 「転職エージェントってむかつく!」実際の口コミを紹介
  • むかつく転職エージェントの特徴とは?
  • なぜむかつくのか?転職エージェントの仕組みを知ろう!
  • むかつく転職エージェントへの3つの対処法
  • 年収550万円アップを成功させた管理人オススメの転職エージェント紹介

 

マツローの経歴

  • 転職4回で「公務員」「派遣社員」「商社」「大手メーカー」に勤務
  • 元ブラック企業の社畜(サビ残100H以上、40時間連続勤務etc…)
  • 転職4回で内定10社以上獲得、
    転職面接の合格率は90%以上
  • 年収は最低300万円(派遣)⇒850万円(大手)で500万円以上UPを経験

スポンサーリンク

「転職エージェントってむかつく!」実際の口コミを紹介

「転職エージェントってむかつく!」実際の口コミを紹介
下記は、実際に転職エージェントにむかついた経験をした人の口コミです。

転職エージェントにむかついた口コミその1

なーんにも相手方にプッシュしてくれてないのに、今になってやたらと連絡してくるエージェント、うざい。もう自分でやるからよい。

転職エージェントにむかついた口コミその2

エージェントが成約に結びつきそうなほうへ誘導してるのがバレバレでうざい^^

転職エージェントにむかついた口コミその3

転職エージェントから「管理栄養士の資格が生かせます」って案件届いたけど、私持ってないんやけど…
さすがに雑すぎてむかつく。返信しよか…?

転職エージェントは、本来、企業と求職者の間に立って”企業と求職者をマッチング”させてくれるサービスです。

このサービスは求職者にとっては非常に便利なサービスで、転職の強い味方といえますが、実際には「むかつく」と感じている求職者も多くいます

ではなぜ「転職エージェントがむかつく」と感じるのでしょうか?

これから「むかつく転職エージェントの特徴」について紹介します。

むかつく転職エージェントの特徴

むかつく転職エージェントの特徴
ここでは、むかつく転職エージェントの特徴をご紹介します。
  1. 面談時に高圧的な態度をとってくる
  2. 話し方や仕草がむかつく
  3. やたらに興味のない求人を勧めてくる

①面談時に高圧的な態度をとってくる

転職エージェントの担当者によっては、面談中に高圧的な態度をとってくる担当者もいます。

実際、面談時に次のような言葉をかけられた経験をした人もいます。

むかつく担当者
  • そんなんだからダメなんだ
  • 君のような人材に紹介する求人はない
  • そんなんじゃどこの会社に行っても続かない

こんな言葉をかけられたら、むかついてしまいますよね。

私が以前働いていた会社の同僚も、転職エージェントの面談中に

  • 今の経歴だと、転職に失敗する可能性の方が高い
  • そんなに簡単に転職出来ると思うわない方がよい

ということを言われたそうです。

マツロー
その同僚はまだ若くて、実績もそんなに無かったため、若い人ほどマウントを取られやすいので気を付けましょう。

②話し方や仕草がむかつく

そもそも転職エージェントの話し方や仕草がむかつく場合もあります。

たとえば、転職エージェントが話す語尾が強かったり、目を見てくれなかったりなどです。

話し方や仕草はその人本来の性質のため、どうしようもないことです。

とはいえ、その人が担当者では毎回話し方や仕草を我慢しなければならないため、ストレスが溜まってしまいます

③やたらに興味のない求人を勧めてくる

求職者の話は右から左にスルーして、興味のない求人ばかりを勧めてくる転職エージェントには注意が必要です。
求職者
「自分に合った求人を紹介してくれる」のが転職エージェントなのに、何のための面談なんだよ!

興味のない求人ばかりを勧められると怒りが込み上げてきますよね。

もし転職エージェントが「興味のない求人ばかり紹介してくるのであれば」注意してください。

なぜなら、それは転職エージェントのビジネスモデルが関係している可能性があるからです。

なぜむかつくのか?転職エージェントの仕組みを知ろう!

なぜむかつくのか?転職エージェントの仕組みを知ろう!
上記のようなむかつく転職エージェントの特徴として、ビジネスモデル(仕組み)が関係しています

この仕組みを理解しておくだけで、だいぶ心が軽くなりますので覚えておきましょう。

多くの転職エージェントは、企業からの「成功報酬型」で報酬を受け取る

多くの転職エージェントのビジネスモデルは、企業からの「成功報酬型」で報酬を得ています。

成功報酬型とは、「求職者に求人を紹介して、その求職者が入社すれば企業から転職エージェントに報酬が入る仕組み」のことです。

下の図を見てください。

転職エージェントのビジネスモデル

図のとおり、転職エージェントはいくら企業に求職者を紹介しても、誰も入社しなければ一円の利益も出ません

つまり転職エージェントの本心としては、できる限り求職者に求人を紹介して、入社してもらいたいのです。

そのため、質の低い転職エージェントによっては、「無理やり求人を勧めたり、都合の良いことだけを言って応募させようとすること」もありえます。

転職エージェントは、求職者にとっては無料で使える嬉しいサービスですが、完全に求職者の味方ではありません

すべての指示を鵜呑みにしていると痛い目を見る可能性があることを覚えておきましょう。

転職エージェントも人間!さまざまな考え方を持っている

転職エージェントの担当者も人間です。そのため、さまざまな考え方を持っていることを念頭に置いておきましょう。

相手に嫌な態度を示す人もいれば、うまく感情を隠して相手を嫌な気分にさせない人もいます。

しかし、それは転職エージェントに限った話ではなく、どの会社でも同じことです。

担当者によっても、対応が異なることを忘れないようにして、転職エージェントを利用しましょう。

むかつく転職エージェントへの3つの対処法

むかつく転職エージェントへの3つの対処法
ここからは、むかつく転職エージェントに出会ったときの対処法を3つご紹介します。
  1. 複数の転職エージェントに登録する
  2. 担当者を変えてもらう
  3. 信頼できる転職エージェントに登録する

対処法1:複数の転職エージェントに登録する

まずは、複数の転職エージェントに登録しましょう。

複数の転職エージェントに登録すれば、各転職エージェントの担当者と面談ができて、自分に合う担当者を見極めることができます。

また、複数の転職エージェント登録すれば、必然的に出会える求人数も多くなります

求職者
複数のエージェントに登録するのはめんどくさいな…

このように1社しか登録していない人も多いでしょう。

しかし1社しか登録しなければ、当然、1人の担当者としか出会えず、転職に成功する確率を自分で下げていることになります。

自分に合った転職エージェントを見つけるためにも、転職エージェントは複数社に登録することをおすすめします。

なお、転職エージェントは適当に選ぶのではなく、しっかりと信頼できる転職エージェントを選ぶことも重要です。

信頼できる転職エージェントについては後述します。

対処法2:担当者を変えてもらう

どうしても担当者がむかつくなら、担当者を変えてもらうのも1つの手段です。

転職エージェントに在籍している担当者は1人ではなく必ず複数人いるため、担当者の変更を申し出れば変更してもらえます

担当者を変えてもらうには、下記のような方法があります。

  • 現在の担当者に直接伝える
  • 現在の担当者にメールで伝える
  • 受付やお問い合わせ窓口などに相談する

担当者の変更は珍しくないため、すぐに対応してもらえるでしょう。

対処法3:信頼できる転職エージェントに登録する

転職エージェントで失敗しないためにも、信頼できる転職エージェントに登録しましょう。
求職者
でも信頼できる転職エージェントってどこを利用すればいいの?

私はこれまで4度の転職でいくつもの転職エージェントを利用しましたが、優れた転職エージェントを利用することで以下を実現しました。

信頼できる転職エージェントを利用して実現したこと

  • 「スキルなし、実績なし」の元公務員でも、キャリアアップに成功し大手企業に転職できた
  • 年収は最大で550万円アップすることに成功した
  • ブラック企業を卒業し、100時間以上のサービス残業から解放された

このように、優れた転職エージェントを利用することが、転職を成功させるためには絶対条件です

私が実際に利用した信頼できる転職エージェントをランキング形式で解説しています。

転職に失敗したくない人は、ぜひチェックしてください。

番外編:自分の市場価値を高めてから再度転職エージェントを利用する

番外編になりますが、転職エージェントの担当者の対応にむかついている人は、資格などを取得し“自分の市場価値”を高めてから、あらためて転職エージェントを利用するのも有効です。

なぜなら、転職エージェントのビジネスモデルで説明した通り、転職エージェントは「求職者が転職で入社決定すれば利益になる」ため、すぐに転職できそうな市場価値の高い人ほど優遇される傾向にあるからです。

よって資格などを取得して自分の市場価値を高めれば、より転職エージェントを利用しやすくなりますね。

悩める人
市場価値を高める資格ってどんな資格があるの?

私の経験上ですが、どの業界の転職でも有利になる最強の資格は「TOEIC」です。

現在グローバル化が進み、多くの仕事で英語力が必要となっており、英語力を測る指標として国内企業はTOEICのスコアを重視しています。

実際に私もTOEICのスコアが上がるにつれて、転職で年収を上げることに成功しました。

詳しくは「転職で有利になるTOEICスコアについて徹底解説」でまとめているので、参考にしてください。

むかつく転職エージェント:まとめ

むかつく転職エージェント

この記事では、むかつく転職エージェントに出会ったときの対処法について紹介しました。

ポイントは以下です。

  • 転職エージェントがむかつくのは、ビジネスモデルが関係している場合がある
  • 対策1:複数の転職エージェントに登録しないと、自ら転職に成功する確率を下げている
  • 対策2:担当アドバイザーと合わない場合は、担当者を変えてもらう
  • 対策3:信頼できる転職エージェントに登録する
  • 資格を取得し“自分の市場価値を上げて”あらためて転職エージェントを利用するのもアリ

自社の利益を優先するあまり、いい加減な求人ばかり紹介する、質の悪い転職エージェントも残念ながらあります。

良い転職エージェントや担当者に巡り合うためには、必ず複数の転職エージェントに登録してください

そして、信頼できる転職エージェントを見極め転職を成功させましょう。

※転職を検討中に人にオススメの記事

【体験談】リクルートエージェントで大手企業他優良企業の内定をGET!

2020年10月2日

【大手へ転職成功】面接通過率90%超の筆者が紹介する面接対策

2020年9月25日

【大手へ転職成功】転職で有利になるTOEICスコアについて徹底解説

2020年8月16日

【体験談】リクナビNEXTで大手企業から内定GET!(メリット、デメリットの解説あり)

2018年10月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です